« コロナ禍の中での地元鉄-8 | トップページ | Go to 鉄チャン »

2020年9月20日 (日)

夏の「南紀」号

 長引くコロナの影響は、ついにというべきか特急「南紀」のグリーン車不連結・短編成化にまでも。11月からはモノクラス2両編成という非常に寂しい状態になると公式アナウンスがありましたね。まだお盆の8月15日にはそんな動きがあるとは露知らず、たまには行ってみるかと猛暑の中出掛けた時の写真も記録的価値を帯びてくるのでしょうか。
 「南紀」の特徴である鹿避け装置付きの85-8を先頭の基本4連です。

Dfc_458102

    3004D  85-8  Ms84-9  84-12  85-1108



 どこの線区でも利用客がぐっと減っていると思うのですが、お盆期間は増結で6連が走っているようでした。運よく?0番台増結車がやって来て、写真では分かりませんが前後非貫通編成となっていました。

Dfc_458702

    3003D  85-5  84-8  85-1114  84-3  Ms84-6  85-10

 「南紀」の場合はグリーン車不連結に変わるという性格上から公式発表があったのでしょうが、単純な短編成化は「ひだ」でも実施されるだろうと想像されます。撮影側とすればどこでもコンパクトに編成が収まるという利点が無いわけでもありませんが、やっぱりスケールのある長い編成が私は好きなんですが・・・・(資材担当)



|

« コロナ禍の中での地元鉄-8 | トップページ | Go to 鉄チャン »

コメント

公式発表で2両化を知りましたが、いや、驚きです。そのうち本数削減か定期の臨時化もあり得るのでしょうか、行く末が心配です。「ひだ」同様に多客時は増結されるようですが、6両編成がますます貴重になるかもしれないですね。HC置き換え前に記録しておきたいです。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2020年9月21日 (月) 10時27分

特急は最低でも6両というのは国鉄時代のはるか遠い昔の話ですね。今のJR東海の状況から察すると、寂しいですが2両の「南紀」というのはやむを得ない措置かもしれません。オレンジツートン引退以来、南紀方面は足が遠のいていますが、HC85置き替え前に足を運ばなければと思っています。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2020年9月24日 (木) 14時04分

 リリースで南紀の2両化を知りましたが、確かに乗ってないですからねぇ。コロナに加え、観光需要減、そして中電の尾鷲火力がなくなり、ビジネス需要も減ってしまったのが致命的なんでしょう。そのうち、HC85が導入されてキハ85も無くなるでしょうから、撮っておかねばいけないかな。いまなんぞ、8075レで関西線に行っているので、絶好のタイミングなんでしょうけどねぇ。(駅長)

投稿: 駅長 | 2020年9月24日 (木) 22時37分

四国や岡山あたりの特急列車を(片手間に)撮っても、2~3両では、なんとなく納得がいかないのですが、この地方もいよいよですね。自分自身も乗らないので、コロナ禍の前でもどの程度の乗車率だったかも知る由もないのですが・・・。外観的にもステンレスでは、最近ご指摘を受けるまで、途中で転向してもわからないくらいなので、資材担当様のように、この先もわざわざ出かけて行って撮るだろうか?(検査掛)

投稿: 検査掛 | 2020年9月25日 (金) 16時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コロナ禍の中での地元鉄-8 | トップページ | Go to 鉄チャン »