« 夏の「南紀」号 | トップページ | ことでん 旧型車さよなら運転に行って来ました(検査掛編) »

2020年9月23日 (水)

Go to 鉄チャン

GWも盆休みもジッと我慢していた反動で、シルバーウィークは何処も大混雑。感染対策に伴う規制が緩和され、気候もちょうど良くなって混雑に拍車をかけます。自分もこの連休を利用して堂々と越県してテツ活動を企てていましたが、三密どころではない様相に遠征する気も失せてしまったので、普段の週末と変わらないテツ活動をこなすことにしました。 
 

01_20200923200001

連休初日はEF510の中京地区運用にトップナンバー車が入っていました。この日は家の用事がありましたが夕方には時間が空いたので、ちょうど2070レの時間に間に合いました。今春の検査出場時に施された塗装で側面のロゴが略されてスッキリしましたが、トップナンバー独自の意匠である太い白帯は維持されたので、それがわかればOKです。 
 

02_20200923200101

連休二日目も家庭運用でプチ遠征、の前に、1700系が朝の広見線に入るようなので少しだけ“お仕事”に。善師野周辺の稲は収穫の色に近付きつつあり、黄色く実る頃が待ち遠しいです。曇天でしたが1700系の広見線入線の記録にこだわりました。 
 

31_20200923200201

第三日目は、“朝からピーカンなんて聞いてないよ~”、というわけで撮影に出かけたくても出鼻をくじかれて、仕方なく家庭運用。午後になっても晴天が続くので我慢できなくなり、近場でお茶を濁すことにしました。まずは再び1700系です。撮影地点は布袋の高架線から勾配を下ってきたところです。編成が弓なりになる姿がお気に入りで、長い編成ならなお好条件。ターゲットは2両増結の160レで、まさにおあつらえ向きでした。架線柱が仮線敷設時のままのため見通しが良いのは、今のうちでしょうか。ちなみにこの地点ではかなりの高確率で上り特急と下り急行が離合します。このときも撮影5秒後に下り急行が通過し、間一髪でした。 
 

32_20200923200301

続いて、夕日ギラりを求めて江南自動車学校近くの跨線橋を訪れました。陽が沈むにつれて雲が西の空を覆い始め、きれいな夕焼け空には程遠かったです。太陽の沈む位置、空模様、被写体(銀電希望)などの諸条件が揃うまで、機会があればトライしたく思います。 
 

41

シルバーウィーク最終日は元々テツ活動の日と決めていたので、関西線DD51と、コロナ禍の影響で再び減車措置により姿を見せるようになった近鉄12200系4両単独列車を中心とした撮影プランを立てました。休日ダイヤにもかかわらずDDは平日と変わらない所定運用のようで、朝の2085レは1028号でした。予想はしていましたが案の定、見事な空コキでした。 
 

42

日中の石油輸送も返空含めてフル運転されました。白鳥(信)周辺の稲は黄金色に輝いています。今や唯一となったDD単独牽引のタンカー6079レは稲穂とともにカメラに収めました。夕方の名物8075レも某所で資材担当様と一緒に迎えました。追っかけ、お疲れ様です。 
 

43

一方、12200系については最近増えてきた4両単独列車を狙います。特に名阪運用には久しぶりの登板で、前パン先頭となる難波行に着目しました。単独運用と前パンと行先表示を強調しようとすると必然的に列車写真風となりますが、これもまたヨシ。しばらくは走りそうなので晴れた日に再挑戦したく思います。 
 

44

DDと掛け持ちのため、近鉄は移動性と効率性を重視して佐古木~弥冨間でカメラを向けました。この周辺でもやはり黄金色の稲穂が目につきます。4両編成と稲穂が収まる場所を探して12200系単独運用を狙いました。天気予報を見て覚悟はしていましたが、曇り空が恨めしいですね。 
 

45
閑散期の2両化が公式で発表された「南紀」にもそろそろ注目です。編成長の記録も大切ですが、HC85への置き換えが数年後に迫っているので、いずれにしても本腰入れて撮っておきたく思います。この日は多客を見越してなのか、ほとんどの「南紀」が6両の長大編成でした。 
 
シルバーウィークで気が緩くなったところで、新型コロナ感染者が再び増加して第三波が押し寄せてこないだろうか、不安がよぎります。規制緩和された今のうちにテツ活動を思いきり楽しんでおきたく思います。ところでこの記事を読むと、4連休はあたかも毎日のようにテツ活動で家を留守がちにしていたのではないかと思われるかもしれませんが、決してそのようなことはなく、家の用事とうまくバランスを取っているつもりです。今後も“Go to 鉄チャン ”を続けていくためにはどうしても・・・ねっ。(出札掛)

|

« 夏の「南紀」号 | トップページ | ことでん 旧型車さよなら運転に行って来ました(検査掛編) »

出札掛」カテゴリの記事

コメント

先だっての4連休は各地の観光地は賑わいが復活し、高速道路も各所で大渋滞が発生、コロナ自粛の反動があちこちで出たようです。そんな中、近場での鉄活動も選択肢の一つとして有効だったのではないかと思います。今のうちに今後の去就が注目される列車や車両を記録しておくのも大切ですね。お互い、家族運用の調整には苦労しますが、うまくやって(ごまかして)行きましょうか。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2020年9月24日 (木) 19時03分

 4連休のお休み、家族運用と調整しながら鉄活動をされたようで、ご苦労を拝察します。好天が期待された4連休ですが、曇りが多かったので、撮影にはもう一つでしたね。特に関西線貨物が平日と同じ運用で動いた22日の天候がもう一つだったのは、涙をのまれた方も多かったのではないでしょうか。こうやってみると、近鉄のNSやDD51、さらにはキハ85など、最近になって結構撮るものが出てきました。あとは天気と撮影できる日の周期があうかどうか、ですね。(駅長)

投稿: 駅長 | 2020年9月24日 (木) 22時44分

シルバーウィークの活動報告、ありがとうございました。以前から、出札掛様、電車運転士様とも、現役サラリーマンで家族持ちなのに、家族活動の間隙を縫っての鉄活動には本当に頭が下がります。3月以降、Stay Homeグセがついて出勤停止期間中もほとんど活動しませんでした。サボっていて、だんだん足も弱くなってきたので、今後は運動不足解消にも鉄活ガンバリたいと思います。私をダシに使ってもらっても構いませんよ。(笑)(検査掛)

投稿: 検査掛 | 2020年9月25日 (金) 16時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏の「南紀」号 | トップページ | ことでん 旧型車さよなら運転に行って来ました(検査掛編) »