« 644.1982年冬 北の大地で撮り鉄行脚 3号車 津軽鉄道 1982/2/12 | トップページ | 原色凸 »

2020年7月20日 (月)

コントラスト

昼下がりの庄内川緑地から線路を見上げると、そこには鮮やかな空が広がっていました。よし、きょうはこの色を存分に取り入れようとPLを付けて本番に備えます。まずはシャッターポイント確認のため定期列車で試し撮り。真っ白な車体に合わせてアンダー気味に撮影してもなお白飛びがちな明るさに、「あと1/2絞るか?」。しかし本番は黄色塗装。修正不要ではないかと悩んだ挙句、やっぱり露出をさらに落として、さて結果や如何に? 
 

3983

ま、たとえしくじっても画像処理で救済できますけどね(←言わない約束)。最後部が隠れましたが、もちろん承知のうえです。PL効果も相まって、美しい紺碧の空とのコントラストを得られたことに自己満足を感じた日。(出札掛)

|

« 644.1982年冬 北の大地で撮り鉄行脚 3号車 津軽鉄道 1982/2/12 | トップページ | 原色凸 »

出札掛」カテゴリの記事

コメント

今年の梅雨は長いですね。いつもならとっくに開けて夏本番というところでしょうが、梅雨明けの気配すら見えません。そんな中、貴重な梅雨の晴れ間を活用してしっかりと鉄活動されている出札掛様はさすがです。黄色先生は青空に映えますね。庄内川でこのように撮れるとは知りませんでした。今後の参考にさせていただきたいと思います。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2020年7月27日 (月) 18時00分

 ドクターイエローは、機会がなくて撮影したことは無いですが、少し後ろが隠れるとは言え、庄内川で綺麗に纏まるのですね。後継車の製造も決まったようですし、機会があれば一度、撮影してみたいと思います。(駅長)

投稿: 駅長 | 2020年7月31日 (金) 23時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 644.1982年冬 北の大地で撮り鉄行脚 3号車 津軽鉄道 1982/2/12 | トップページ | 原色凸 »