« 原色凸 | トップページ | 646.最近のモ3203撮影記録まとめ 2号車(Night version)2020/5/27・7/25 »

2020年7月28日 (火)

645.最近のモ3203撮影記録まとめ 1号車(Day version) 2020/5/27・ 7/21・7/25

 今年の梅雨は長いですね。いつもならとっくに梅雨が明けて本格的な夏を迎えているはずですが、梅雨明けの気配すら見えません。このまま何となく8月を迎え、気がついたら台風シーズン、今年の夏は短い期間で終わってしまうのでしょうか…?

 新型コロナウィルスも新たな展開を見せていることもあって、自分的には遠出の自粛ムードは継続中です。ということで、近場で楽しむことができ、標準色のまま一般運用に入っている豊橋鉄道市内線のモ3203をターゲットにする機会が増えています。ある程度数がまとまったので、その成果をご紹介したいと思います。最近は昼間の撮影だけではなく、夜間撮影にも触手を伸ばし始めていて、夜の鉄活動もそれなりの成果があったので、昼の活動をDay Vershion、夜の活動をNight Versionの2部作としてお届けいたします。まずは1号車のDay Versionから…。

 

※撮影は527日と721日・25日の豊橋鉄道市内線(電車運転士)

 

 

12_dsc425320527

 

 モ3203の運用は「のってみりん」で確認後、自分の都合のいい運用に入っている日を見計らってスクランブルをかけました。新川交差点はサイド気味に撮影できる数少ないポイントです。
【2020.5.27 豊橋鉄道市内線】

 

 

22_dsc430020527

 

 市役所前は近くに高校がある関係もあって、人の動きが活発な電停です。線路と直角方向の信号が青になると銀輪軍団が交差点を横切って行きました。
【2020.5.27 豊橋鉄道市内線】

 

 

32_dsc433220527

 

 東田坂上は朝夕の登下校時は高校生で賑わいます。昼間は電車によって降車旅客がいたりいなかったりで、それが撮影成果を大きく左右します。この時は適度な降車旅客があったのでラッキーでした。
【2020.5.27 豊橋鉄道市内線】

 

 

42_dsc454520527

 

 前畑~東田坂上間は市内線唯一の石畳区間があります。石畳を強調したくてあえて逆光で狙ってみました。ここは前後の交通信号の連動の関係で車と被るリスクが高く、なかなか思った位置でシャッターを押すことができません。
【2020.5.27 豊橋鉄道市内線】

 

 

52_dsc463020527

 

 夕暮れ時の市内線です。夕陽ギラリを期待しましたが、ちょうど薄雲の周期に当たってしまい、ギラリ度が中途半端になってしまいました。この日は夜遅くまでの運用に入っていたので、この後は夜の鉄活動に転戦しました。
【2020.5.27 豊橋鉄道市内線】

 

 

62_dsc693620721

 

 5月27日からしばらく経った7月21日、再び市内線を訪問するチャンスを得ました。「のってみりん」を確認するとこの日も夜までの運用に入りそうだったので、スクランブルをかけました。昼頃の豊橋到着のタイミングで走行位置を確認し、豊橋公園の迎え撃ちからスタートすることにしました。
【2020.7.21 豊橋鉄道市内線】

 

 

72_dsc696220721

 

 東田坂上で派手な装いのエールラッピングのモ803とうまい具合のタイミングでに離合しました。新顔のエールラッピング、かなりインパクトが強い印象です。
【2020.7.21 豊橋鉄道市内線】

 

 

82_dsc700520721

 

 運動公園前のこのポイント、ビール電車やおでんしゃでは何回も撮影していますが、普段着姿のモ3203は久しぶりです。降車旅客がゼロだったら絵になりませんでしたが、2人降りてくれたので助かりました。このシーンを撮影後、停車中のモ3203に乗車しました。夜の鉄活動に向けて車内で作戦を練っていたところ、競輪場前でまさかの車両交換、せっかくイメージしていた夜間撮影が絵に描いた餅になってしまいました。
【2020.7.21 豊橋鉄道市内線】

 

 

92_dsc704520721

 

 こうなっては市内線に留まる意味がなくなってしまいました。代替を思案したところ、8075列車に何とか間に合うことがわかったので、速攻で豊橋を後にしました。天気はドン曇りで理想の条件には程遠い状況でしたが、予定になかった行動だったので致し方ありません。
【2020.7.21 関西本線】

 

 

102_dsc705820725

 

 悪夢の日から4日後の7月25日、家族運用を終えて何気に「のってみりん」を見たらモ3203のアイコンが出ていました。時刻表を追っていくと20時00分頃に赤岩口の車庫に入庫する運用だったので、ちょっとだけでも夜の鉄活動ができればいいやということで、衝動的に豊橋へ向かいました。豊橋到着は17時40分頃、赤岩口からのモ3203にギリギリ間に合うタイミングが新川交差点でした。
【2020.7.25 豊橋鉄道市内線】

 

 

112_dsc707620725

 

 1枚くらいはノーマルな走り写真を撮りたいと思い、センターポール区間ではなく、車との被りリスクが少ない前畑で運動公園前行を待ちました。
【2020.7.25 豊橋鉄道市内線】

 

 

122_dsc709420725_20200728004701

 

 東田は市内線で唯一安全地帯がなく、道路上から直接乗り降りします。ここへ来るたびにかつての岐阜市内線や美濃町線の岐阜市内区間が思い出され、自分的にはお気に入りの電停です。ここも乗車旅客がいるかいないかで雰囲気が大きく変わってしまいます。この時はたまたま2人の乗車があったので、ほぼイメージどおりの結果を得ることができました。その後は徐々に周囲が暗くなっていったので、夜の鉄活動モードに移行しました。
【2020.7.25 豊橋鉄道市内線】

 

 

|

« 原色凸 | トップページ | 646.最近のモ3203撮影記録まとめ 2号車(Night version)2020/5/27・7/25 »

電車運転士」カテゴリの記事

コメント

人の動きをとらえながらの撮影は、路面電車には欠かせないですね。一般色ということもあって、なんだか落ち着いて鑑賞できます。コロナ禍のせいで3203の本来の姿を長い期間見られるようになりましたが、理由が理由なのであまり素直に喜べないものの、やはりこの塗装は絵になります。夕暮れ時からの撮影にもトライされたとのことですが、街中はネオンも輝き始めるので、昼間とは異なる感動がありそう。熱中症対策の一環としても取り入れたく思います。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2020年7月29日 (水) 19時29分

 今年はコロナ禍の影響でビール電車が運転されないことから、3203の本来の姿での運行が例年より多く見られるようです。集電装置が変わったといえ、もはや昔のレトロなスタイルで残っているのはこの電車だけですので、見ていると何となく懐かしく、ホッとする感じがします。路線長が短い軌道故、撮影場所が限られてしまうのが難点ですが、狙い方次第で情緒豊かな写真が撮れるのも、やはり路面電車ならではですね。(駅長)

投稿: 駅長 | 2020年7月31日 (金) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 原色凸 | トップページ | 646.最近のモ3203撮影記録まとめ 2号車(Night version)2020/5/27・7/25 »