« コントラスト | トップページ | 645.最近のモ3203撮影記録まとめ 1号車(Day version) 2020/5/27・ 7/21・7/25 »

2020年7月26日 (日)

原色凸

DD51の原色車は東海地方から姿を消して久しいですが、少し足を延ばしてJR-Wエリアまで向かえば目にすることができます。とは言っても普段は事業用臨の運用が大半なので、カメラに収めるには情報収集を要します。で、今回は23日(木・祝)に亀山鉄道部所属キハ120の検査出場車配給列車が運転されることを知り、原色凸の加太越えに焦点を当てて出かけました。再び移動自粛の不穏な空気が漂い始めている最中なので躊躇しましたが、撮りたいのだから仕方ありません(汗)。天気予報も気にしないっ。
  

80

行きがけの駄賃に撮った2080レです。祝日のせいか、積載率が低いのはやむをえません。この15分前には6079レを撮影しましたが、肝心なところに車が突然フレームインして台無し。あまりにも悔しいので速攻で画像消去してリベンジを誓いました。よって画像はありません(悲)。
  

51_20200726112401

加太に足を運んだのは何年ぶりでしょうか。以前は撮影できたはずの幾つかのポイントも成長した草木で阻まれてしまい、けっきょくお手軽に撮れる場所で撮影しました。すぐ傍には俯瞰ポイントもありますが、ラクして撮りたいのでこの位置で妥協した次第です。列車は不意に姿を現しますが、奥から聞こえてくるエンジン音とゆっくりした速度のおかげでシャッターチャンスを逃すことなく撮ることができました。
  

512

凸は加太駅で数分間停車するので、事前にチェックしておいたポイントまで先回りして再びカメラを向けました。通過直前、ほんの僅かに明るさが戻り、思っていたよりも稲が映えました。以上でメインイベントはあっけなく終了。休日だけあってそこそこの同業者が集まりましたが“密”になったのはごく限られた場所だけだったように思えます。
  

8075_20200726112601

帰りがけの駄賃で、8075レを朝日の築堤で狙いました。定番の関谷踏切には入り込める余地はあったものの、それほど明るくなかったのでサイドビューを流しました。思いきりスローなシャッター速度で仕留める自信がないため背景があまり流れませんでしたが、もう1段は落としたかったですね。
  

84_20200726112701

ここで8075を狙った方はご存じかと思いますが、反対方向からはすぐに2084レがやって来るため身動きがとれません。せめて画角を変えてオーソドックスに撮ろうとしたら裏目に出ました。見事な空コキ編成に涙・・・。おあとがよろしいようで。
  
幼いころから馴染みのある塗装は、やはり落ち着くし好感が持てることを再認識しました。原色は秀逸です。(出札掛)

|

« コントラスト | トップページ | 645.最近のモ3203撮影記録まとめ 1号車(Day version) 2020/5/27・ 7/21・7/25 »

出札掛」カテゴリの記事

コメント

キハ120の配給は1回も撮ったことはありませんが、考えてみると最も短い移動距離で国鉄色のDD51を撮影できる機会ですね。関西本線のJR西日本エリアもかつての撮影地が木の成長などによって厳しくなっているようで、かつての記憶が役に立たないこともあり、最新情報を確認する必要がありそうです。JR東海エリアとの掛け持ちも可能ということで、チャンスがあれば一度足を運んでみたいと思います。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2020年7月27日 (月) 18時09分

 加太も、もう長い間行っていないですが、木が伸びて昔の撮影場所では撮れなくなっているところも多いようですね。キハ120の配給は撮ったことが無いですが、原色DD51との組み合わせは、亀山まで行く価値がありそうです。いま、限定ですが、行き帰りに関西線で撮れるのも良いですね。(駅長)

投稿: 駅長 | 2020年7月31日 (金) 23時38分

普段は頭の片隅にもない、JRWのDD51ですが、結構な両数がいて、使われていますね。なにより原色というのがイイですね。運転報をチェックできていたときに一度だけ撮った記憶がありますが、何時だったかな?牽かれる方が機関車より短いというのはバランスが微妙ですね。それにしてもよく運転日が解りましたね。(検査掛)

投稿: 検査掛 | 2020年8月20日 (木) 19時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コントラスト | トップページ | 645.最近のモ3203撮影記録まとめ 1号車(Day version) 2020/5/27・ 7/21・7/25 »