« 宣言解除 | トップページ | ニューフェイス HC85 »

2020年6月27日 (土)

641.紫陽花の季節に旧三岐カラーと初対面 2020/6/21・27

 619日、緊急事態宣言に続いて県をまたぐ移動も解除されたことから、感染予防対策を実施しながら近場から徐々に鉄活動を再開しております。最近、自分的にちょっと気になっているのが三岐鉄道です。というのはクモハ101=クモハ102(元西武の401系)の2両が旧三岐鉄道カラー(ダークブルーとクリームのツートン)に塗り替えられたからです。三岐鉄道のリバイバルカラーは黄電・赤電に続いて3編成目となりました。旧三岐カラーは1977(昭和52)年まで使用されていたとのことでしたが、当時は名古屋在住ではなかったため、現物を見る機会はありませんでした。今回、初対面を果たそうと思い、久しぶりに三岐鉄道を訪れてみました。

 

※撮影は621日・27日の三岐鉄道三岐線・北勢線(電車運転士)

 


12_dsc613720621

 

62_dsc622820621

 

72_dsc625020621

 東藤原のセメント工場の定期修繕も終了し、紫陽花も見頃となっているだろうと思い、3710列車に合わせて紫陽花ポイントを訪ねてみました。とりあえず、赤電は運用に入っていました。電車の運用を確認しがてらしばらくここで撮影を続けました。
【3枚とも 2020.6.21 三岐鉄道三岐線】

 

22_dsc614720621

 

32_dsc615320621

 赤電に続いて黄電も運用に入り、セメント貨物列車に加えて白ホキの貨物列車も運転でしたが、肝心の旧三岐カラーが来ません。自分が滞在中にその姿を見ることはできなかったので、お休みのようでした。この日の最大の目的が達成できないことがわかり、テンションダウンのまま撮影を続けました。
【2枚とも 2020.6.21 三岐鉄道三岐線】

 

42_dsc618220621

 

52_dsc619020621

 旧三岐カラーが来ないとなれば、安心?して北勢線との掛け持ちができました。眼鏡橋近くの紫陽花ポイントは花の付きもよく、今シーズンは当たり年でした。
【2枚とも 2020.6.21 三岐鉄道北勢線】

 

82_dsc625620621

 

92_dsc626420621

 早朝は曇り基調だった天気もいい具合に回復したので、青川の鉄橋にも立ち寄ってみました。毎度ワンパターンのアングルですが、前々日にそれなりの降水量があったため、水量が多く、流れに迫力がありました。
【2枚とも 2020.6.21 三岐鉄道三岐線】

 

102_dsc631720621

 

112_dsc633520621

 知らないうちにか木が伐採され、周辺の土地が整備された状況が線路端から見えたため、とりあえず行ってみました。撮るには撮ることができましたが、もう少し高さがほしいところです。上空には夏雲が漂い、6月といいながら風景は夏そのものです。この日は夕方近くから家族運用が予定されていたため、502列車まで撮影して撤収するつもりでしたが、期待に反して運休、旧三岐カラーは来ないし、501列車は重連単機とちょっと消化不良の鉄活動でした。
【2枚とも 2020.6.21 三岐鉄道三岐線】

 

 旧三岐鉄道カラー、どうしても早いうちにリベンジしたくて27日に再訪問してきました。運用は公開されていないので、ギャンブル的要素が大きいのは承知の上での訪問となりました。

 

122_dsc651020627

 21日と同様、電車の運用確認を兼ねて紫陽花ポイントの3710列車からスタートしました。紫陽花はまだ見頃の状態を継続していました。
【2020.6.27 三岐鉄道三岐線】

 

132_dsc652320626

 早朝の電車は4運用ありますが、現地到着後に最初に見届けた2運用ははずれ、雲行きが怪しくなりかけた3運用目、旧三岐カラーが来てくれました。前面のステンレス保護化粧板の撤去・乗降ドアの塗装・行先表示版枠の取り付け・標識灯枠の赤色塗装・社章と車号の白色塗色・楕円形の社名銘板をシールで再現など、黄電と赤電同様、塗色だけではなく細部にまでこだわった点が随所に見られ、まったく違和感がありません。1970年代からそのまま活躍を続けてきたのではないかと錯覚してしまいそうです。
【2020.6.27 三岐鉄道三岐線】

 

142_dsc656120626

 

152_dsc658120627

 

162_dsc662620627

 

172_dsc665220627

 

192_dsc667120627

 昼前に保々の車両区に入区という運用でしたが、撮影チャンスは複数回あるということで、その後は旧三岐カラーの運用に合わせて沿線を行き来しました。晴れ基調の天気予報に反して終始薄曇りの状況でしたが、とりあえず主要ポイントで旧三岐カラーを撮影できたのはよかったです。ただ、遠景は現行カラーの方が写真写りがいいように感じました。次回はバリ晴れ下での撮影を敢行できればと思っています。
【5枚とも 2020.6.27 三岐鉄道三岐線】

 

212_dsc653520627

 

222_dsc659420627

 

232_dsc6620206

 

182_dsc666320627

 

202_dsc667820627

 当然ですが、旧三岐カラーの合間に貨物列車も撮影しています。日曜日と土曜日の各1日だけしか見ていないので何とも言えませんが、ダイヤ改正前の1503列車の設定がなくなった関係なのか、901列車の編成が短くなったり、501列車が重連単機やタキ1両だけだったりと白ホキの動きがダイヤ改正後は変わったように感じました。この日も午後から家族運用が待っていたため、3713列車を撮影後に三岐鉄道を後にしました。夜まで見届ければ白ホキの動きももう少し把握できたかもしれないという点は次回の宿題にしたいと思います。
【5枚とも 2020.6.27 三岐鉄道三岐線】

 

 

|

« 宣言解除 | トップページ | ニューフェイス HC85 »

電車運転士」カテゴリの記事

コメント

セメント貨物が復活、あじさいも例年どおりで、今年は新顔「旧三岐カラー」登場。落ち着いた色使いがかえって新鮮に感じられます。三岐は沿線の風景も含めてカメラを向けたくなる材料が多いですが、県外移動自粛を守ったおかげで「旧三岐カラー」とは巡り合えていません。焦らずに機会をうかがいます。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2020年6月29日 (月) 18時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宣言解除 | トップページ | ニューフェイス HC85 »