« 上下の記録 (祝:名鉄布袋駅ほぼ完全高架化) | トップページ | 640.1982年冬 北の大地で撮り鉄行脚 1号車 蒲原鉄道 1982/2/10 »

2020年6月 6日 (土)

W V

SNS等で近鉄情報をのぞき見していると、3月のダイヤ変更以降、「ビスタカー重連」というワードをときおり目にするようになりました。近鉄系も情弱なので目撃情報だけを頼りに少し調べてみると、平日の大阪線でビスタ重連の定期運用が見られるようです。ただし7604レと1901レの名張ー大阪難波間に限られるので、平日の夕方にわざわざ足を運んで撮りに行くのもどうなんでしょう?東海地方の鉄チャンには縁がないネタだなぁ、と思っていたら、やはり平日で不定期ではありますが、どうやら名古屋線でもビスタ重連が走っているようです。ちょっと食指が動いたので調べてみると、名古屋行108レと難波行168レがそれに該当するようです。 
  

108

108レは順光で比較的撮り易い列車です。ただ、編成をそれらしく撮影できる場所に向かいたくとも何かと時間の制約があって、こんな場所から失礼しました。名古屋着後は米野で分割されて、各々名伊特急に運用されます。  
   
1681名伊特急運用後は各々富吉まで回送され、再び重連に組成されて168レに入るため名古屋へ回送されます。次に狙ったのはこの送り込み回送。18時過ぎの富吉を、名古屋行「ひのとり」通過後に出区します。時間的に撮影は夏季に限られそうです。  
  

168

さらに普通列車で追いかけて途中で降りて、168レを迎えます。空の機嫌が良かったのでギリギリで夕陽のエロ光線を浴びたシーンが撮れました。 
  

99829

せっかくなので、過去に撮った30000系ビスタ重連二態を振り返りました。ビスタEXに改装される前のイベントとして、1999年夏休み最後の週末にオリジナル編成のさよなら運転が重連で催されました。大型HMに副票付きの大サービス。その伊勢方先頭を飾るのはダブルデッカーに特徴のある最終増備編成V15です。この編成のみ、2階建車の屋根が出っ張った構造になっているのですね(←ネットからの受け売りで失礼)。ところでこの撮影場所はどこでしょう?(ヒント:名古屋市中村区)  
  

070504-812

2007年5月、某サイトでビスタ重連の情報をかぎつけて、長島まで撮影に来ました。GW期間における輸送力増強策の一環だったように記憶しています。多客期にしばしば登場していたEX重連は神出鬼没。近鉄通の方なら事前に情報を得て、もっと多くのシーンを捉えていることと思います。自分としてはこの1コマしかなく、貴重なカットとなりました。  
  
6月13日から「ひのとり」運用が第二次増備車により拡大されることに伴い、ビスタ重連運用も変更される可能性がありますが、一部の編成が姿を消すかもしれないスナック4両編成車をビスタEXで置き換えれば、8両組成列車において重連運用が増えるのではなかろうか、と勝手に妄想しています。(出札掛)

|

« 上下の記録 (祝:名鉄布袋駅ほぼ完全高架化) | トップページ | 640.1982年冬 北の大地で撮り鉄行脚 1号車 蒲原鉄道 1982/2/10 »

出札掛」カテゴリの記事

コメント

 新ビスの重連、登場直後に試運転で走ると聞いて撮りに行ったことがあります。新ビスのパンタが電動車に2カ所、ついていた時代は、連結面で架線への影響があるとのことで、ひとつのパンタを降ろして連結していました。そうした理由から、新ビスの重連は営業運転では見られない、と思ってましたが、EX改装とあわせて1パンタ化されて連結運転も容易に出来るようになったのでしょうか?運用を注視していないと行けないですが、機会があったら撮りたいネタですね。(駅長)

投稿: 駅長 | 2020年6月 7日 (日) 12時09分

30000系の重連、なかなか迫力がありますね。30000系は1978(昭和53)年に登場してから姿形を変えて今日まで第1線で活躍を続けています。そんなに古さを感じませんが、登場以来すでに40年以上が経過しています。12200系もそうですが、近鉄特急はハードな運用にもかかわらず全体的に長寿命のような感じがします。塗色変更の対象となったので、しばらくは活躍が見れそうです。チャンスがあれば撮ってみたい列車ですね。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2020年6月 9日 (火) 10時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 上下の記録 (祝:名鉄布袋駅ほぼ完全高架化) | トップページ | 640.1982年冬 北の大地で撮り鉄行脚 1号車 蒲原鉄道 1982/2/10 »