« わが国鉄時代 ー1979年9月ー | トップページ | 迂回貨物 »

2019年10月18日 (金)

611.秋姿の富士山+α×2 2019/10/10・11

 1012日から13日にかけて東日本を縦断した台風19号、各所に甚大な被害をもたらしました。報道などでその惨状を見ましたが、想像を絶する光景に心が痛みます。お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに被災された方々にはお見舞い申し上げます。また、被災地が1日も早く日常を取り戻せるよう、早期の復興を願うばかりです。鉄道も各所で車両の水没・橋梁流出・路盤流出・土砂流入などの大きな被害が発生しており、区間によっては長期の運転見合わせが発生しています。こちらも1日も早い運転再開をお祈りいたします。

 さて、私事になりますが、1010日・11日は三島・小田原エリアで所用があり、隙間時間を利用して鉄活動を行ってきましたので、その結果をご紹介したいと思います。

※撮影は1010日の東海道本線・岳南電車、11日の伊豆箱根鉄道(駿豆線・大雄山線)・静岡鉄道(電車運転士)

 

 10日はバリ晴れ予報だったので、秋姿の富士山をターゲットに目ぼしいポイントを訪ねてみました。

12_dsc5500191010

 

22_dsc5520191010

 

32_dsc5543191010

 10数年ぶりに行ってみた薩埵峠の展望台です。下方の松の木が予想以上に成長しており、シャッターの切り位置が微妙な感じになっていました。富士山は目論見どおりくっきりでしたが、冠雪のない状態は正直言って物足りない感は否めません。ここでは午前中の307520592053列車をUPします。
【3枚とも 2019.10.10 東海道本線】

 

42_dsc5562191010

 薩埵峠の展望台は適当なタイミングで撤収し、岳南電車に転戦しました。富士急から譲渡された新顔の9000型(元京王5000系)も運用に入っていました。
【2019.10.10 岳南電車】

 

52_dsc5586191010

 怪しい雲もかかることなく富士山は安定の見え具合だったので、定番ポイントに行ってみました。貨物列車が健在の頃にはあった踏切は廃止され、右側の側道も管理がされていなためか、草ぼうぼうの状態になっており、当時とは大きく様相が変わっていました。運用どおりなら9000型が来るはずでしたが、なぜか8000型に差し替わってしまいました。
【2019.10.10 岳南電車】

 

62_dsc5589191010

 

72_dsc5602191010

 

82_dsc5610191010

 

92_dsc5615191010

 以前と比べて富士山ポイントは撮りにくい状況になっていたため、徒歩で本吉原まで移動、工場地帯らしい雑然とした雰囲気を狙ってみましたが、ちょっとイメージと違った結果になってしまいました。滞在時間がもう少しあれば別のポイントを探せたかもしれませんが、止むを得ません。
【4枚とも 2019.10.10 岳南電車】

 

102_dsc5636191010

 三島のホームで駅そばをすすっていると、まもなく「踊り子106号」到着のアナウンスがあり、慌てて1番線に向かいました。駿豆線からの連絡線を通って1番線に進入しますが、ホームの途中にポイントが設けられているため、車体のオーバーハングをかわすためにホームに大きな欠き取があります。今となってはこういった興味深い設備を見る機会は少なくなってしまいました。この後、所用があったため、この日の鉄活動はこれで終了です。
【2019.10.10 東海道本線】

 

112_dsc5733191011

 

122_dsc5742191011

 前日とは打って変わって、11日は台風の前雲がかかり始めた関係で曇り基調の天気でしたが、とりあえず朝練を兼ねて駿豆線の定番ポイントに行ってみました。頂上付近には笠雲がかかっていましたが、頂上付近の輪郭が何となくわかる不思議な見え方でした。期待していた軌道線カラー、この日は検査のためにお休みでした。
【2枚とも 2019.10.11 伊豆箱根鉄道駿豆線】

 

132_dsc5824191011

 

142_dsc5831191011

 

152_dsc5860191011

 午前中の小田原付近での所用終了後、鉄活動を再開しました。大雄山線は自分でも意外でしたが、初めての訪問でした。撮りたかった赤電カラーは運用に入っており、ミントグリーンとイエローが来ればコンプリートでしたが、残念ながらイエローはお休みでした。この時は、翌12日、このエリアが台風19号の直撃を受け、大変なことになるとは想像もできませんでした。
【3枚とも 2019.10.11 伊豆箱根鉄道大雄山線】

 

162_dsc58771910115

 

172_dsc5891191011

 

182_dsc5917191011

 

192_dsc5922191011

 帰りに新車が入ってからはごぶさただった静岡鉄道にもちょっと寄り道しました。現地到着が1600分頃で、露出的にかなり厳しかったため、巴川周辺をうろうろしただけで終わってしまいました。A3000系は黄・緑・銀の3色が運用に入っており、残りは在来の1000系でした。夕方の時間帯は67分おきの運転で、次から次へと電車がやって来るといった感じでした。予習不足だったこともあってこれだけの高頻度運転が行われているとはちょっとした驚きでした。静岡から「こだま」の乗客となりましたが、翌12日は台風19号の接近にともなう計画運休が予定されていた関係か、立ち客が出るほどの混雑でした。
【4枚とも 2019.10.11 静岡鉄道

 

 

|

« わが国鉄時代 ー1979年9月ー | トップページ | 迂回貨物 »

電車運転士」カテゴリの記事

コメント

嵐の前のテツ活動(あくまでも所用のついでですね)、お疲れ様でした。ピーカンの薩埵峠とネタ貨物の組み合わせ、羨ましい限りです。伊豆箱根の車両もバリエーションが増えて、185と併せて楽しめそうです。富士山が冠雪したらぜひとも出撃したく思います。静岡鉄道は少しずつ置き換えが進んでいるようで、ここへも新旧混在のうちに出かけたいですね。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2019年10月20日 (日) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« わが国鉄時代 ー1979年9月ー | トップページ | 迂回貨物 »