« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月

2019年10月30日 (水)

614.秋色通信2019 2号車 【災害復興支援の石油貨物列車】 2019/10/26・27

 各地に大きな被害をもたらした台風19号、その爪痕はまだまだ癒えることがありません。鉄道施設も各所で被災し、首都圏と松本方面を結ぶ中央東線も例外ではなく、石油貨物列車も長期の運休を余儀なくされました。1日も早い復旧を願うところではありましたが、復旧には相当の時間を要するということから、市民生活への影響を少しでも減らす目的で1018日から四日市からの石油輸送が実施されることになり、中央西線・関西本線で臨時貨物列車の運転や定期貨物列車の増強が行われました。こうした災害復興支援の石油貨物列車は先週末も運転が継続されていましたので、その活躍ぶりを記録してきました。

 

※撮影は1026日の中央本線・関西本線、27日の中央本線(電車運転士)

 

12_dsc6404191026

 26日は家族運用の都合で自家用車が使えなかったため、同様の目的をお持ちだった出札掛様に便乗させていただきました。この日も運転があった8883列車は広島更新色と国鉄色のペアでした。
【2019.10.26 中央本線】

 

22_dsc6434191026_20191029232601

 恵那停車の間に先回りし、いつもの俯瞰ポイントに向かいました。短時間のうちに曇りと晴れが繰り返される微妙な条件でしたが、何とか晴れのサイクルに当たってくれて助かりました。
【2019.10.26 中央本線】

 

32_dsc6459191026_20191029232601

 通常、土曜日は運休となる8088列車も運転がありました。8084列車はこのポイントで撮影したことがありましたが、光線状態が良好の8088列車はこれまで撮れずじまいでした。この日やっと宿題を消化することができました。
【2019.10.26 中央本線】

 

42_dsc6505191026_20191029232601

 午後から家族運用が予定されていた出札掛様とは8088列車撮影後お別れし、電車で関西本線に転戦しました。8088列車が運転されたということは6079列車も運転もされるだろうということで、思惑どおり撮影することができました。
【2019.10.26 関西本線】

 

52_dsc6532191026_20191029232601

 その後は徒歩鉄の際の自分的定型パターンに従って関西本線で撮影を続けました。ポイントを移動して撮影した2080列車です。
【2019.10.26 関西本線】

 

62_dsc6561191026_20191029232601

 春田から蟹江まで電車で移動し、先週に続いてススキのポイントに向かいました。8380列車通過の頃には完全に曇り基調になってしまい、イメージしていた結果を収めることはできませんでした。
【2019.10.26 関西本線】

 

72_dsc6566191026_20191029232601

 8072列車通過前になると雲の切れ間から太陽が顔を出すようになってきました。うろこ雲がいい感じだったので、ここで夕陽ギラリを狙ってみましたが、DF200のギラリ度が足りませんでした。ちょっと時季が遅かったようです。
【2019.10.26 関西本線】

 

92_dsc6628191027

 中央東線の全面復旧が28日ということがアナウンスされていたので、8883列車は27日が最後の運転になるかもしれないと思い、2日連続で中央本線沿線に足を運びました。ここは上り普通電車と被るリスクが極めて大きいポイントで、ギャンブル的要素が高くなりますが、ギリギリで回避できました。この2~3秒後に普通電車の先頭が画面の中に飛び込んできました。
【2019.10.27 中央本線】

 

102_dsc6639191027

 災害復興支援体制とはいえ、この日は日曜日のため8088列車・8084列車は運休ということで、8883列車にターゲットを絞って北上しました。この付近の紅葉はまだまだ先といった感じでした。
【2019.10.27】

 

122_dsc6670191027

 ここまで来れば紅葉もある程度見頃かと予想していましたが、まだピークを迎えていませんでした。今年は10月に入っても例年に比べて暑い日が多かったせいか、紅葉の進み具合が12週間くらい遅いように感じました。
【2019.10.27 中央本線】

 

142_dsc6697191027

 本来はここで8084列車を撮りたかったのですが、運休なのでとりあえず「しなの」で代替となりました。紅葉ピークの時に再訪したいポイントです。この後は所用があった関係で、これで鉄活動は撤収しました。被災地ではまだまだ大変な状況が続いていますが、1日も早い復興をお祈りいたします。
【2019.10.27 中央本線】

 

 

| | コメント (1)

2019年10月28日 (月)

小浜線 DE10入線再び

以前某掲示板を見ていて、京都丹後鉄道のKTR707「くろまつ」がイベントで小浜線に入線するとの記事を目にし、単独ではなく、DE10が牽引すると出ていました。実施は10月25日、26日の2日間ということでしたが、両日とも休みということで、またネタ列車狙いと言われそうですが(その通り弁解の余地もありません)、小浜線の125系も撮ったことがないので(という言い訳を作って・・・誰に対して???)、行って来ました。

Dsc_0087
嶺南地方と呼ばれる福井県西部の天気は運転された両日とも今一つよくない予報でしたが、多少とも良さげな26日に出掛けました。
実際現地に着くとドン曇りで、雨もパラつく状態でした。
3年前の資材担当様のレポートを参考に、唯一125系が4連で走る925Mは絶対に逃せない、と考え撮影地を探しましたが、結局は同じ陸橋からとなりました。しかし、その後521系が入っているとの記載がありましたが、見られませんでした。


Dsc_0102
本命の列車は、往復とも小浜で段落としとなるので、追っかければ4回は撮れるはずです。
小浜線となれば、海バックのこの場所は落とせません。土曜日でもあり、同業者は数えられないほど集まっていましたが、キャパが広いのでどうにでもなります。
曇っていて色はないのですが、風があって海面に縞模様が出来ていて、白トビは避けられました。露払いの927Mが通過していきます。


Dsc_0119
しかし、本命の列車が来たときは風が止んでしまい、しかも国道にトラックが駐車してしまいました。
牽引は国鉄色でヘッドマークも付けていないDE10 1106でした。



Dsc_0129
小浜での停車時間を利用して、ロケハンしていた十村南の築堤目指しましたが、真っ黒な空が見えていたので、山越えは諦め、手頃な雑草のないところでお茶を濁しました。と言っても、直前になって黒い雲がやってきて、撮っているときは結構大粒の雨が降ってきてしまいました。「くろまつ」のお客さんは美味しそうな?料理を楽しんでる様子が見てとれました。


Dsc_0144
下りの本命を撮りたかったのはここです。
本命の折返しまで3時間以上あり、当初は他線区に移動しようとも思いましたが、あまりにも天気が悪いので諦めました。
上りの本命をここで撮るつもりで、ローカルを撮ってジっとしていたのですが、あろうことか通過数分前になって晴れてきました。晴れるとこちら側は逆光で、しかも線路の反対側は草が伸び放題でどうにもなりません。
一緒に待っていた多くの同業者も、どうしたもんか、という空気が漂っていましたが、思い切って移動することにしました。


Dsc_0160_20191028181001
いつ来るかハラハラしながらどうにか下りを撮った場所まで行き着き、パスせずに済みましたが、こちらは曇ったままでした。(ここなら晴れても大丈夫、と来たのに・・・)


Dsc_0169
各駅の詳細の時刻はわからないままだったのですが、時刻表と突き合わせて対向列車との交換駅を予想し、上りは一回抜けると踏んでここでの1カットを狙っていました。しかしさすが土曜日の小浜市市街、かなり混んでいて危なかったのですが、ギリギリ駐車できて間に合いました。ようやく陰ができるくらい晴れてきました。

Dsc_0182
上りの最後は勢浜付近からの俯瞰を考えていたのですが、多くの同業者が集まってつけ入る隙もなさそうだったので諦め、やや後ろがちになるものの海に拘る方を優先し、往路と同じ場所を選びました。復路のここも大勢の同業者が狙っていました。


一度実績が出来れば、今後も運転されることがあるかもしれませんが、ひとまず撮れて良かったです。(検査掛)


 







| | コメント (2)

2019年10月27日 (日)

NSR引退

名鉄NSR車こと5300/5700系の引退が、公式サイトで発表された記念乗車券の発売を通じて明らかになりました。初代5000系以来踏襲してきた2扉転換クロスシート仕様の新造車両のうち最後まで残った形式車種ですが、これによっていよいよ特別車以外の車両は基本的にすべて3扉車で統一されることになります。正式な引退時期等は不明ですが、9500系の搬入に伴い年末~年始には順次運用離脱していくのではと予測されます。時期尚早ではありますが、引退記念としてNSRに関して適当に思いついた過去画像を並べてみました。
 

8967

◆新造回入
最悪の光線状態で撮った5700系6両化に伴う中間車増備回入のシーンです。1000系との同時搬入が面白いと思い、カメラを向けました。
でもこんな位置で撮っていたのに注意されなかったのは、やはり時代の流れでしょうか。1989年6月7日撮影。
 

2

◆2両編成
広見線末端区間で運用されていたときのものです。撮影は2008年4月6日。偶然にもこのとき、6000系によるワンマン運転の導入に伴う訓練運転が行われており、通常30分間隔のところを定期列車と試レが交互にやって来るネットダイヤが組まれていました。明智ではその離合シーンを撮りましたが、またの機会に。
 

6

◆6両編成
アルファベータブックス発行「名古屋鉄道車両史・下巻」の写真キャプションにもありますが、5701Fと5702Fは6両固定編成で7000系パノラマカー6両と共通運用だったため、これが来ると「残念、ハズレ」と思うことがしばしばありました。しかし今に思えば良い記録となり、「撮っておいてよかった」と都合のよい解釈をお許し下さい。写真は、まさにそのときのものですが雪景色メインだったので許容範囲として収めました。
 

5601

◆5600形5601F
運転台を中間車にカット&ペースト(ちょっと意味合いが違う?)して登場した1編成のみの形式です。希少性はあれど意識して撮影に出かけることはなく、NSR車が来たのでシャッターを切ったら5601Fだったという偶然の産物ばかりです。写真は、出場後間もない2010年4月3日の1060レ。
 

40th

◆記念列車
1988年5月頃からしばらくの期間、NSR全編成にステッカー式の「東西直通40周年」記念マークが装着されました。いつでもどこでも撮れると思い油断していたらいつの間にか掲出期間が終わり、ロクな画像がありません。写真は5309Fほか、1113レ。
 

Otai

1991年11月4日、犬山線中小田井駅で高架完成記念発車式の祝賀列車に5700系が抜擢されました。列車は5705F、記1レ。
 

356

◆優等運用
平日日中の常滑・河和線で走っていた特急運用です。平日限定ということもあり、仕事中は毎日のように目にしていましたが画像はほとんどありません。そんな中、自分的には貴重な1コマです。よく見ると5601Fでした。これも狙っていたわけではなく偶然の産物です。
  
残り4編成となった最後のNSR。今さら、の感は強いですが、パノラマカーの連続窓の意匠を引き継ぐスマートな姿が目にできるのもあと僅かなので、撮り忘れのないように心がけておきたく思います。そういえば、ボチボチ1700系にも目を向けないと・・・。(出札掛)

| | コメント (2)

2019年10月25日 (金)

近場で宵活

 このところDE10置換えのためDD200がどんどん新製増備されているようです。愛知区のDEも遠からず新型DDになってしまうのは間違いありません。無くなるなら慌てて撮らねば。どうせ撮るならやはり財源付の本線自力走行列車になりますね。名古屋港線運用は比較的撮りやすいですが、もう1本ある四日市への石油タキ返空列車が前々から気になっていました。この列車の捕獲を主目的として夜間撮影に挑んでみました。
 
先ずは光源の近さを優先して駅を選びましたが、腕が悪いのでこの程度にしかなりませんでした。この日はタキが僅か5両の編成、良かったのか悪かったのか編成全部写し込めました。

D82710      2019.10.10   【8271レ】 DE101725愛 タキ×5B

 ということでもっと空間全体が明るい駅へ行きました。やってきた列車の先頭には唯一エンドが逆のDE。運が良かったと言えるでしょうか。そして翌日は当然1エンド向きです。画像に目を凝らすとタンク体の反射光で長い編成後方のタキの存在が分からんでもないな、と一人満足しています。

D82711      2019.10.22  【8271レ】 DE101592愛 タキ×19B


D82712      2019.10.23  【8271レ】 DE101725愛 タキ×18B


 当該列車を待つ間にも色んな列車が通過していくので撮らないわけにはいきません。ただ、ホームに電車が入っていると列車の頭のほう数両だけの窮屈な画になってしまいます。
 
前日の逆エンドDEが戻ってきました。臨貨運転のため所定の単機ではなくDFにぶら下がりでした。中央東線被災がこういう形で現れるのは少し複雑な気持ちも・・・・

D60781      2019.10.23  【6078レ】 DF200-223愛 DE101592愛 タキ×18B

 夜間にはEL+DL牽引貨物がありますが、PF先頭+次機DD51の列車をキャッチできました。こちらは東北線不通の影響なのでしょうか、臨時措置としてどうも毎日この列車に充当されているようです。

D12541      2019.10.23  【1254レ】 EF652090新 DD511802愛 タキ×2B+コキ×?B

 この時間帯に下りの設定があることは今まで気にも掛けていませんでした。新塗装のEF210でした。

D00571      2019.10.23    【57レ】 EF210-107吹


 このサイズ程度の画なら下手ッピーでもバーをちょっとスライドするだけで意外とまあ見られるもんだと、デジタルパワーに感心するばかりです。これからの季節は寒くなるのと午前様になってしまうのが最大の難点、近場だけどそう度々訪れるわけにもいきません。今回は偶然の産物もありますが取り敢えず及第点でしょうか?(資材担当)

| | コメント (3)

2019年10月24日 (木)

613.久しぶりの愛知環状鉄道甲種輸送からの関西本線 2019/10/22

 去年の12月から故障のために長期運用離脱していた愛知環状鉄道のG12編成、その修繕を豊川の日本車輌で行うことになり、1022日に北野桝塚→岡崎→豊橋→豊川→日本車輌のルートで甲種輸送による送り込みを実施するとの情報をいただきました。愛環車両の甲種輸送はおよそ108か月ぶりということで、そうそうある機会ではないと思い、参戦してきました。

 

※撮影は1022日の愛知環状鉄道・関西本線(電車運転士)

 

12_dsc6299191022

 

22_dsc6305191022

 当日の天気予報は台風20号の影響で大雨ということでしたが、予想よりも早く北上したためか天気の回復が早く、絶好の撮影日和となりました。甲種輸送には以前の新車搬入と同様、DE10がその任に就いていました。ここでは25人ほどの同業の方が集結した中、検査掛様と出札掛様にお会いしました。予定どおり修繕が終了し、無事に戻ってきてくれることを願うばかりです。
【2枚とも 2019.10.22 愛知環状鉄道】

 

32_dsc6338191022

 この後も引き続き甲種輸送を撮影するという選択肢もありましたが、ちょっと気になる状況があったので、関西本線に転戦しました。こちらも中央東線の貨物列車が運休になっている関係と思われますが、土曜・休日には運休になることが多い石油貨物列車も運転がありました。8072列車は逆光に輝くススキをメインにしてみました。
【2019.10.22 関西本線】

 

42_dsc6355191022

 この日は祝日でしたが、8075列車も運転されていました。前日の21日はDF200の不調により急遽DD51の重連が代走し、その結果、8075列車はDD513重連になったとの情報がありました。ひょっとしたらこの日の8075列車もDD513重連になるかもしれないと淡い期待を抱いていましたが、さすがに2日連続で夢の競演が実現するはずもなく、通常どおりDD51DF200のペアで通過して行きました。
【2019.10.22 関西本線】

 

52_dsc6390191022

 同業の方全員が早々に撤収した後、西の空の夕焼けがいい感じになりそうな雰囲気だったので、もう少しここに粘ってみることにしました。もっと上空の雲が赤くなることをイメージしていましたが、結果はご覧のとおり微妙な感じで終わってしまいました。今回に限らず理想的な夕焼けに巡り合うのはなかなかハードルが高いことを改めて実感しました。
【2019.10.22 関西本線】

 

 

| | コメント (2)

612.秋色通信2019 1号車 【穏やかな秋晴れの1日鉄活動】 2019/10/20

 1020日は久しぶりに穏やかな秋晴れと自分のスケジュールが合ったため、気ままな鉄活動を楽しむことができました。この日は達成したい宿題がいくつかあったので、それの消化を目的としました。

 

※撮影は1020日の中央本線・三岐鉄道(北勢線・三岐線)・養老鉄道養老線(電車運転士)

 

12_dsc5964191020

 台風19号は各地に甚大な被害をもたらし、各社の鉄道施設も例外ではなく、中央東線の石油貨物も運休が続いており、その補完として四日市からの輸送で対応が実施されています。その関係で18日から塩浜~南松本間で石油輸送関係の臨時貨物列車の運転が復活しており、中央西線では8883列車も該当しています。20日は日曜日でしたが、運転がありました。天気は朝から晴れ予報でしたが、到着時の現地の天気はドン曇り、回復の兆しは見えなかったので、この時季は曇り限定となるここでスタンバイしました。気になるバイパス工事の進捗状況ですが、現地工事事務所みたいなものができていたり、木が伐採されて山肌がむき出しになっている場所があるなど、少しずつではありますが工事は確実に進んでおり、近いうちに環境が大きく変化してしまうものと推測されます。
【2019.10.20 中央本線】

 

22_dsc5979191020

 

32_dsc5990191020

 

42_dsc6050191020

 


52_dsc6074191020

 その後は8883列車を追いかけることも可能でしたが、3年ぶりに北勢線の眼鏡橋付近に秋桜が咲いているとの情報があったので、ちょっと広域移動してこちらを選択しました。花の密度が微妙に少なかったため、ポジションには苦労しましたが、3年前には実現しなかった三重交通カラーとのコラボもゲットすることができました。
【4枚とも 2019.10.20 三岐鉄道北勢線】

 

62_dsc6014191020

 

72_dsc6054191020

 

82_dsc6061191020

 

92_dsc6102191020

 この時季の三岐線は季節感に乏しい風景だったので、貨物列車の編成写真をメインに撮影しました。運よく赤電も終日運用に入っていたのに加えて、車体裾が丸いED453とED451がペアを組んでおり、機関車の外観が揃った重連を撮影することができました。
【4枚とも 2019.10.20 三岐鉄道三岐線】

 

102_dsc6121191020

 

112_dsc6127191020

 この日は秋らしいクリアな天気だったので、帰り道に定番の養老線の俯瞰ポイントに立ち寄ってみました。運用を把握していたわけではありませんでしたが、ラッキーなことにラビットカラーが来てくれました。この時は曇り基調になってしまいましたが、オレンジ色のカラー遠景でも存在感があります。
【2枚とも 2019.10.20 養老鉄道養老線】

 

 

| | コメント (2)

2019年10月21日 (月)

衣浦臨海鉄道 DD51入線再び

毎年恒例になっている衣浦臨海鉄道へのJR貨物 DD51の入線が今年もありました。
情報通の方からのメールを見ると、期間は10月14日~19日、今回は5580レ~5767レの本務機として使用されるとのことで、半田埠頭へのコンテナ牽引はナシということが判りました。
この期間中撮影できるのは、17日一日だけだったので、天気は今一つだったのですが、出掛けてきました。

Dsc_9907
5580レはパスして、衣浦内の定番に来ました。既に情報は飛び回っているようで、平日にもかかわらず、20人くらいは既にスタンバッていました。情報源の方にもお会いしました。


Dsc_9909
速攻移動し、どうにか入換に間に合いました。


Dsc_9956
以前に実施されていたDD51単機のハンドル訓練はあるのか、不明だったので5571レまで衣浦港鉄橋で待っていましたが、ありませんでした。
台風19号の影響で東海道線の貨物列車は殆ど運休なので、衣浦内で550レを追い掛けました。コンテナは満載でした。

Dsc_9976
5571レの時は人っ子一人いませんでしたが、本命5573レの時には10人程度は現れました。


Dsc_9987
多くのコンテナ列車が運休の中、ロングレール輸送は行われており、木曜日だったことで8091レが運転されていました。本命5767レの30分程前に来ます。最近はもっぱらEF66 107が専用機のように牽引に当たっています。


Dsc_9999_20191021113201
5767レは定時に稲沢に向っていきました。

この乗り入れは同社所有のKE65 5が入場しているためと思われますが、JR貨物のDD51の先が見えてきた現在、いつまで続くのでしょうか。(検査掛)

 

| | コメント (2)

2019年10月20日 (日)

迂回貨物

JR貨物では、台風19号により生じた東北線不通区間に対応するべく、貨物列車の一部を日本海縦貫線に迂回させて運転しています。
昨年のDD51山陰迂回貨物ほどは注目されませんが、16日ころから走り始めた名古屋~札幌を結ぶ迂回貨物列車(1往復/日)については、名古屋地区で最近目撃された情報等によると日本海縦貫線で牽引したEF510がどうやらそのまま名古屋まで運用されているらしい?ただ、このパターンはご存じのとおり定期列車で既に実施されている行路なので特に珍しいものではありませんがやっぱり気になったので、迂回貨物だからこそ撮れるシーンを求めて天気良好の20日(日)にちょいと出かけました。
 

601

北陸線上り区間は8060レのスジを使っているらしく、長浜周辺で適当に撮れたらいいやと気が緩んでいたのがいけませんでした。途中、某所で時間を費やし過ぎて現地到着は当該通過の1~2分前。ベスポジを探してスタンバイする余裕などなく、本当にただ撮っただけです。撮影時刻は9:20頃。ところで、この区間で午前中にEF510を撮ることはダイヤが乱れない限り、もしくは今回のように臨貨が設定されない限り不可能です。順光で撮れたから良かったものの、これがもし曇ってしまったら「午前中の撮影だよ」と言いたくとも説明困難で、企画倒れとなるところでした。
 

513

昨日までの東海道線内での目撃情報から推測すると、迂回貨物は米原から1072レ(←台風の影響で所定列車は運休中)のスジに乗せるのではないかと判断。3時間も余裕があるので、その間に「北びわこ」を撮ってきました(どちらが本命?)。相変わらずの煙です。いや、おそらく場所の選択ミスですね?
 

602
SL撮影後、米原まで戻ってきたら目の前を迂回貨物が通り過ぎて行きました(11:12頃)。あれ、もう出発?こりゃいかん、追いかけていったら醒ヶ井駅上り待避線で停車中を確認。定番ポイントまで先回りして待つこと1時間、ほぼ1072レのスジで現れました。この場所でEF510を撮影するには早朝の4084レのみ、しかも4:30頃の通過なので夏至の頃にどうにか撮れる程度です。さらに順光、伊吹山全開!を必須条件に加えるとかなり困難となりますが、このたび迂回貨物によって実現されました。素直に喜んで良いのか、悪いのか・・・。
迂回貨物の東海道線内スジは上述のとおり現地目撃によりますが、撮影に行かれる方は自己責任にてお願いします。
 
台風被害に遭われました方々の一日も早い復旧を祈っております。(出札掛)

| | コメント (3)

2019年10月18日 (金)

611.秋姿の富士山+α×2 2019/10/10・11

 1012日から13日にかけて東日本を縦断した台風19号、各所に甚大な被害をもたらしました。報道などでその惨状を見ましたが、想像を絶する光景に心が痛みます。お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに被災された方々にはお見舞い申し上げます。また、被災地が1日も早く日常を取り戻せるよう、早期の復興を願うばかりです。鉄道も各所で車両の水没・橋梁流出・路盤流出・土砂流入などの大きな被害が発生しており、区間によっては長期の運転見合わせが発生しています。こちらも1日も早い運転再開をお祈りいたします。

 さて、私事になりますが、1010日・11日は三島・小田原エリアで所用があり、隙間時間を利用して鉄活動を行ってきましたので、その結果をご紹介したいと思います。

※撮影は1010日の東海道本線・岳南電車、11日の伊豆箱根鉄道(駿豆線・大雄山線)・静岡鉄道(電車運転士)

 

 10日はバリ晴れ予報だったので、秋姿の富士山をターゲットに目ぼしいポイントを訪ねてみました。

12_dsc5500191010

 

22_dsc5520191010

 

32_dsc5543191010

 10数年ぶりに行ってみた薩埵峠の展望台です。下方の松の木が予想以上に成長しており、シャッターの切り位置が微妙な感じになっていました。富士山は目論見どおりくっきりでしたが、冠雪のない状態は正直言って物足りない感は否めません。ここでは午前中の307520592053列車をUPします。
【3枚とも 2019.10.10 東海道本線】

 

42_dsc5562191010

 薩埵峠の展望台は適当なタイミングで撤収し、岳南電車に転戦しました。富士急から譲渡された新顔の9000型(元京王5000系)も運用に入っていました。
【2019.10.10 岳南電車】

 

52_dsc5586191010

 怪しい雲もかかることなく富士山は安定の見え具合だったので、定番ポイントに行ってみました。貨物列車が健在の頃にはあった踏切は廃止され、右側の側道も管理がされていなためか、草ぼうぼうの状態になっており、当時とは大きく様相が変わっていました。運用どおりなら9000型が来るはずでしたが、なぜか8000型に差し替わってしまいました。
【2019.10.10 岳南電車】

 

62_dsc5589191010

 

72_dsc5602191010

 

82_dsc5610191010

 

92_dsc5615191010

 以前と比べて富士山ポイントは撮りにくい状況になっていたため、徒歩で本吉原まで移動、工場地帯らしい雑然とした雰囲気を狙ってみましたが、ちょっとイメージと違った結果になってしまいました。滞在時間がもう少しあれば別のポイントを探せたかもしれませんが、止むを得ません。
【4枚とも 2019.10.10 岳南電車】

 

102_dsc5636191010

 三島のホームで駅そばをすすっていると、まもなく「踊り子106号」到着のアナウンスがあり、慌てて1番線に向かいました。駿豆線からの連絡線を通って1番線に進入しますが、ホームの途中にポイントが設けられているため、車体のオーバーハングをかわすためにホームに大きな欠き取があります。今となってはこういった興味深い設備を見る機会は少なくなってしまいました。この後、所用があったため、この日の鉄活動はこれで終了です。
【2019.10.10 東海道本線】

 

112_dsc5733191011

 

122_dsc5742191011

 前日とは打って変わって、11日は台風の前雲がかかり始めた関係で曇り基調の天気でしたが、とりあえず朝練を兼ねて駿豆線の定番ポイントに行ってみました。頂上付近には笠雲がかかっていましたが、頂上付近の輪郭が何となくわかる不思議な見え方でした。期待していた軌道線カラー、この日は検査のためにお休みでした。
【2枚とも 2019.10.11 伊豆箱根鉄道駿豆線】

 

132_dsc5824191011

 

142_dsc5831191011

 

152_dsc5860191011

 午前中の小田原付近での所用終了後、鉄活動を再開しました。大雄山線は自分でも意外でしたが、初めての訪問でした。撮りたかった赤電カラーは運用に入っており、ミントグリーンとイエローが来ればコンプリートでしたが、残念ながらイエローはお休みでした。この時は、翌12日、このエリアが台風19号の直撃を受け、大変なことになるとは想像もできませんでした。
【3枚とも 2019.10.11 伊豆箱根鉄道大雄山線】

 

162_dsc58771910115

 

172_dsc5891191011

 

182_dsc5917191011

 

192_dsc5922191011

 帰りに新車が入ってからはごぶさただった静岡鉄道にもちょっと寄り道しました。現地到着が1600分頃で、露出的にかなり厳しかったため、巴川周辺をうろうろしただけで終わってしまいました。A3000系は黄・緑・銀の3色が運用に入っており、残りは在来の1000系でした。夕方の時間帯は67分おきの運転で、次から次へと電車がやって来るといった感じでした。予習不足だったこともあってこれだけの高頻度運転が行われているとはちょっとした驚きでした。静岡から「こだま」の乗客となりましたが、翌12日は台風19号の接近にともなう計画運休が予定されていた関係か、立ち客が出るほどの混雑でした。
【4枚とも 2019.10.11 静岡鉄道

 

 

| | コメント (1)

わが国鉄時代 ー1979年9月ー

この度発生した台風19号により、70人を越える方がなくなられ、また、大勢の方が被災されました。亡くなられた方にはご冥福をお祈りするとともに、被災された方にはお見舞い申し上げます。まだまだ被害の全容がわからないままですが、被災された方には一日も早く元の生活に戻られることを祈念しております。

改めて「わが国鉄時代」を続けさせて頂きます。
仕事にも慣れてきたせいか、9月に入ると結構休みや非番等を利用して、撮影に出かけるようになりました。

 

【9月1日】

Img779_20191012165201
弁天島・新居町
飯田線唯一のぶどう2号だった異端車クモハユニ64000が浜松工場に入場しました。出場時には、当然飯田線旧型国電標準のスカ色になるだろうことは想像に難くないので出かけました。(実際はぶどう2号のまま出てきました。)

Img785-2_20191012165201
豊橋に戻ってきたら側線にこんな貨物列車が停まっていました。今だったら追いかけて行ったかもしれませんが、ここで1枚撮っただけでした。この頃、日車ではDE15の新製が盛んで、この機はDE15 2515で新庄機関区への輸送だったと思います。両頭式のハズですが、もう一方の頭はどうしたのでしょうか?

Img787
大垣電車区
上の列車を追わなかったのは、当初からこれを撮りにい行くつもりだったようです。以前「エなる電車 絵にならない電車」でもご紹介した大垣区の救援車クエ9421(旧 宇部デハニ350)です。当地区に居住することになってからズゥ~と訪問の機会を狙っていました。
【9月5日】

Img729
弁天島・新居町
40年前のことで、まだ103系を新製していました。日車の出場試運転です。豊川→豊橋→掛川→豊橋と本線試運転をして、その後所属に自力回送されるのがパターンでした。この車はナント山手線用でウグイス色でした。

この後、理由はよく覚えていませんが、12日~15日、東京へ帰省しています。


【9月14日】


Img735

蛇窪(信)・御幸(信)
ダイヤ改正で東海道新貨物線(横浜羽沢経由)が開業するため、線見訓練なるものが行われており、品川区のクモニ13×2と大船区のクモハユ74×2が使われていました。これは品川から新鶴見への送り込みだったと思います。
まだ貨物専用線(品鶴線)だったのでこの駅名間ですが、今なら「西大井・武蔵小杉」となります。


Img738
保土ヶ谷・戸塚
クモハユ74という形式は房総西線の電化時に新聞輸送用にモハ72から3両が改造されました。必要最小限の改造ということで、側面には元車を色濃く残しています。通常の営業時に「ハ」の部分に乗客を乗せたことはないと思います。



Img739
 保土ヶ谷・戸塚
この日は御殿場線で使用していた73系の廃車回送が大船まで運転されました。前にも記したかもしれませんが、大船駅の構造上の問題で、一旦横浜まで上ります。


Img745
南方(信)
横須賀線から大船工場への引き込み線です。
廃車編成が到着し、工場から控車が迎えに来ました。控車も数か月前に廃車回送されたクモハ73×2です。


Img751
南方(信)
廃車編成の鎌倉寄りに控車を連結し、工場専用線に入っていきます。この時点では廃車編成もパンタを上げたまま自走しており、控車は不要と思われますが、工場内で最後に非電化部分にでも押し込むのでしょうか。

Img752
大船・北鎌倉
廃車編成が去った後、間もなくして大船区の試運転(台検?)が通過していきます。

Img753
大船
駅に戻る途中、線見訓練の折返しを撮影。当時、クモハユ74は既に当初の仕事をクモニ83に譲り、牽引車代用となっていました。すれ違う列車が少し写り込んでいますが、この頃は殆ど興味がなく、何やってたんだ!っていう気持ちになります。

【9月15日】

帰京したついでに新性能化が始まった横浜線の73系を撮っています。

Img756_20191012165601
十日市場・長津田
ここはつい半年ほど前の4月1日に開業した十日市場駅にほど近い場所で、駅周辺にはあまり住宅はありませんでした。

Img822
菊名
横浜線にもまだ新聞輸送用として、定期列車にクモニ13が連結され運用されていました。
 
【9月16日】
東京からは大垣夜行を利用して帰名したようです。

Img788
船町・下地
恐らくこれが早朝の623Mに入ることを前もって知っていたから大垣夜行を使って豊橋で降りたものと思われます。かつて〇の子と言われたクモハ53007、運転台窓がHゴム化されているとはいえ、唯一張上げ屋根を残したスタイルは流電亡き後、飯田線の愁眉でした。

Img794
豊橋・平井(信)
車(免許も)がないころでもあり、これを撮ろうとすると至難の業で、ついでに撮れました。
この日は午後から仕事で、早々に帰りました。


【9月22日】

この日は大垣区の浜松工場入場車の中に、教習車クヤ165-1が入っていることを事前に調べていたので、追っかけることにしました。
入場スジがどのようなものだったか忘れましたが、名鉄で追っかけ、4か所で撮影しました。

Img796
尾張一宮
ナント、クヤのパンタも上がっています。
この後、栄生で1枚。

Img798
熱田
雨の中、名鉄の神宮前のホームから。跨線橋が渋い!

Img801
豊橋
今となればサロ165の青帯姿もレアですね。

Img802
新豊橋
帰りがけの駄賃、というほどではないですが、駅に帰る途中に来た豊橋鉄道渥美線の旧東急の1730形をパチリ。
この頃熱心に豊鉄に通っていれば、いろいろ面白い編成や貨物列車も撮れたのに・・・。

Img803
弁天島・新居町
浜松工場から大垣への出場試運転があったのでこちらに行きました。当時の東海道線の快速、ローカルにはまだまだ153系のほかに155系、159系が使われており、このように155系、159系主体の編成も頻繁に走っていました。(出場試運転は変色がひどく割愛します。)


長くなってしまいましたが、また機会を見てアップしていきたいと思います。(検査掛)

| | コメント (2)

2019年10月14日 (月)

鉄道の日 ーJR名古屋地区の巻ー

このたびの台風19号は東日本を中心とした各地に甚大な災害をもたらしました。被災されました方々には謹んでお見舞い申し上げます。
 

10月14日は鉄道の日。ただ今年は「それどころではない」空気が漂っているうえに、わが地元は天候も悪く、とてもはしゃぎまわる気分にはなれません。でもせっかくの記念日。この日に合わせたかのように実施された当日限定ネタについて、せめて自宅周辺で捉えられるものだけでも記録しておこうと、朝と夕方のJR東海道線に繰り出しました。
 

3131_20191014210201

朝にカメラを向けた被写体は、お馴染みクラツー主催の団臨列車です。313-8000を貸し切り、名古屋から稲沢貨物線を経由して大垣に向かい、その後はさわやかウォーキング開催に合わせて一般公開された大垣車両区を見学して解散という、毎度のテツ向けツアーです。313-8000の稲沢貨物線走行は、昨年の愛知DCにおいて特別塗装編成によって何度となく実施されていますが、セントラルライナー塗装のままで営業運転として入線するのは恐らく初めてではないかと思われます。というわけで、この列車の貨物線走行シーンを撮っておこうと、築堤がすっきりしているうちが狙い目の陸田に向かいました。晴れたら撃沈です(汗)。
 

3132_20191014214501

周辺では稲刈りが始まっているので、収穫前の稲穂が出来るだけ多くアングルに入るポジションでカメラをセットしました。撮ってみたら何の変哲もない画像ですが、記録の一つとしてご査収下さい。
さて、ちょうどこの頃資材担当様から入電で、「白ホキ5580レをDD51が牽いていたらしい」とのこと!あれ、衣浦臨海のイベントなんてありましたっけ?昨年までの事例から推測すると、臨海線内はKEとの重連運用~訓練運転の可能性もあるように思えるのですが?
 

6711
いずれにしても日中時に衣浦臨海まで向かうには時間的にしんどいし用事もあったので、大府から戻る5767レを清州で狙ことにしました。小雨模様の夕方は露出も暗いので、単玉レンズで迎えます。列車は定刻どおり現れましたが、どうも通過速度が遅く、やがて構内で停まってしまいました。出発信号は赤。「もしや」と車に飛び乗り追い抜いて待つこと数分、もう一発撮れました。
 
672
 
公式サイトには「今まで鉄道の日に催していた構内での撮影会等は今年から取りやめ」と既に発表されていますが、DD代走計画だけは水面下で動いていたのでしょうか?たしかに、撮影会とDD51の衣浦臨海入線とは直接関係ないことかもしれませんが、何らかの催事が実施されるのではないかと期待してSNS等をチェックしました。しかし、DDが碧南市までKE代走運用されたこと以外はやはり何の動きもなかったらしく、今回のDD代走は単に稲沢~大府~碧南市を1往復したのみに終わったようです。それでも「鉄道の日」を意識して計画されたとしか思えないので、いちおうタイトルに沿った出来事であったと解釈しました。(2019.10.16追記:DD代走は数日間行われるとか。あれ、鉄道の日とは無関係で、ただの偶然?)
 
Be
昼時は某大型SCで買い出し。そしたらこのようなモノが売られていました。オマケ付は最後の1パックだったので、思わず手にとってしまいました。まんまとメーカーの策略にはまっている自分は何と愚かな事か(いや、趣味の一環です・出札掛)。

| | コメント (1)

2019年10月12日 (土)

わが国鉄時代 ー1979年7月~8月ー

しばらく間が開いてしまいましたが、例会で「わが国鉄時代 1979年」はどうなりましたか、とリクエストを頂きましたので、再開したいと思います。
そもそも7月から2か月程は初めての仕事でもあり、気持ち的に余裕がなく、以前ほど撮影に出かけていません。
また、特にデキが悪いものが多いのですが、それもひっくるめて記録としてご覧いただければ幸いです。

【7月29日】
6月分で試運転をアップした名鉄豊田新線の開業の日を迎えました。

Img799

梅坪
開業式典が梅坪で行われると聞き、行ったはいいですが、如何せんホームが狭いうえ、カメラマンの位置から列車までが近く、スペックがないのでこんな中途半端な構図でしか撮れませんでした。

Img719

撮影場所不明
どこかの駅撮りのようですが場所は?。記念マークはオフィシャルと同じようですが、下に「鉄道友の会」が入ったバージョンでした。

【8月3日】
この頃はあまり風呂敷を拡げるとキリがない、と思っていて、敢えて対象を絞っていました。私鉄、特に大手に関しては基本的には対象外だったのですが・・・。

Img725
烏森
関東出身だったので、馴染みは全くなかったのですが、名車の一つ、近鉄ニュービスターカー10100系がA-C-B編成を組んでさよなら運転をするというので、とりあえず撮りに行きました。以前、電車運転士様が各所で撮られているのをアップされているのと見比べると恥ずかしい限りですが、これも永年の鉄活動の一部ということでくわえさせて頂きました。


【8月4日】
なかなか撮影に出られない中、飯田線の異端車、クモハユニ64000がまもなく入場するという情報が入り、何としても現状のまま撮っておきたいと出かけました。

Img756
船町・下地
当時、豊橋方面には行き易い状況下にあり、またで現場の方も聞けば大抵の事は教えていただけたので、事前に運用を調べて行きました。

Img759

東上・野田城
クモニ83100番台併結の1226Mでも撮りました。

Img754

 豊橋・平井(信)
前後しますが、ここではこのような希少種も撮影できました。なかなか狙って撮れない車なので、他で撮った覚えがありません。

【8月13日】

Img765
三河大塚・三河三谷
雑誌か何かで見たこの場所で、一度浜松工場の出場回送を撮りたいと思っていて、ようやくクモハ40の入った短い編成での運転日に撮ることができました。ここは今でも撮れるのかナ?


【8月17日】
疎開先は失念しましたが(たぶん富士or西富士宮)、飯田線旧型国電の廃車回送があり、出掛けました。
この頃は自前の工場のみではなく、メーカーでも解体していたようで、飯田線の旧型国電や大垣区の153系など、日車へのこのような回送が結構運転されていました。

Img767_20191012112601
島田・金谷
ここまで出かけて、これ1本撮って、取って返し追っかけています。

Img772_20191012112701

船町・下地
記録を見ると、浜松から新幹線を使ってワープしたようですが、ここでこの編成を撮るために?自分の行動が良くわかりませんが、それほど旧型国電に傾倒していたのでしょう。

さて、9月まで一気に行ってしまおうかと思っていましたが、どうやら9月は気持ちの上で余裕ができたのか、多少出かける頻度も高くなっていましたので、一旦ここで区切りをつけます。(検査掛)

| | コメント (2)

徳島を再訪問

 投稿順序が逆になりましたが、先月橋を渡り再訪いたしましたのでご報告いたします。
 前回3月訪問時に撮り逃した列車をいつか捕獲したいと考えていましたが、土休日の運休、減車や車種変更などによる撮影機会減少を避けたくて思い切って平日鉄を決行いたしました。以下は2019年9月20日の撮影です。

 先ずは個人的にお手軽撮影地と思っているこの橋梁上を行く高徳線列車を狙うことにしました。朝6時ちょっと前にやって来たのは40単行、感度を上げて何とか捉えることができました。

D5494
      【4301D】  キハ402114四トク

 そこそこ本数があるので1時間半程の間に色んな編成を楽しむことができます。普通列車は4連が最大編成のようですが、5連の特急も走っています。

D5506
     【312D】

D5529
     【3004D】

 特急の前に47×2連を、その後には今回の主目的の47・40×3連を無事捉えることができ一安心です。

D5514
     【316D】  キハ47145 47173 四トク

D5539
     【4303D】 キハ47178  47112  402106 四トク

 近くの場所に移動、背景にある鉄骨建方中の現場が少し目障りですが、40+40ともう1本の47+47+40の3連を狙いました。

D5547
     【318D】  キハ402147  402144 四トク (後追い)

D5566
     【955D】  キハ47177  47174  402143 四トク

 なお、もう少し移動するとこんな感じのレンコン畑?があります。写真は夕方近くになってからのものです。

D5638
     【3019D】


 さて、写真は割愛しますが更に別の橋へ行き、40+40の返しを撮影して朝の高徳線の部は終わりです。
 次は徳島線へ回ります。渋滞を心配しつつ遠目ながら沿線状態もチェック、目星をつけていた付近に滑り込みで何とか一発撮影。行き違い停車中に急いで先回りし、曇り空になっていたのでケーブルの無い逆光側でもう一度撮ったのは40+47。

D5585
     【442D】  キハ402107  47191 四トク

 踏切停車中の自動車の屋根越しアングルで少し窮屈になってしまいました。同じ場所を振り返るとこんな感じで185系も捕獲できました。


D5595
     【4004D】  キハ185-9  185-24 四トク  (後追い)


 一旦高徳線に戻って185系うずしおを撮りましたが、天気予報どおりで昼前には雨が降り出しました。小雨でも諦めずに再度徳島線の185系を少し、そしてまた高徳線に戻りました。

D5649


     【970D】  キハ47191  402107 四トク

 夕方の高徳・鳴門線の47を撮り、土砂降りとなった大橋を通って帰りました。
 40・47系は牟岐線にも朝2本設定があるものの他線との掛け持ちが難しく効率が悪いので諦めています。国鉄型としては他にもキハ32と54がありますが、ステンレスカーだし土讃線は遠いので当面課題をこなす予定は立てられずにいます。ともあれ朝が主体となるためこれからでは季節的にきついかもしれませんが、四国色40系、185系を目当てに皆様もお出掛けなさってはいかがでしょうか。(資材担当)

| | コメント (3)

2019年10月10日 (木)

9月の東海道本線は甲種車両輸送ラッシュ!

暑さにかまけて、ではないですが、8月~9月は引きこもりがちであまり撮影に出かけていなかったのですが、永年の習性?で、甲種車両輸送があると撮りに行ってしまいます。特に9月には東海道本線を走る姿が数多く見られ、コンプリートするわけにはいきませんでしたが、走った列車をご紹介したいと思います。少々鮮度落ちなのはご容赦下さい。

【9月3日】

この日、川重からJR北海道向けのハイブリット車両 H100形が出場しました。まだ18きっぷが使える期間だったので、遠征してきました。

Dsc_9365
乗った列車から確認したところ、兵庫通過時には既に和田岬線ホームに据え付けられていたので、神戸貨物ターミナルに隣接する鷹取へ。どこに入って来るのかわからなかったのですが、すぐに同業者が大勢現れ、職員さんも出てきたので、紛れて待っていました。牽引機は岡山区のDE10 1561で、編成は機関車側からH100 8~3の6両でした。

Dsc_9377
まもなく機関車が解放されたので、形式風に1枚。

Dsc_9385
ン十年振りの関西地区での撮影で、どこで撮ったものか右往左往した結果、結局駅撮りに甘んじました。この右往左往の間に何本も上りコンテナを撮り逃がしましたが、ほとんどEF210なので「まっいいか」。でもここに落ち着いた後、EF510-509が撮れました。

Dsc_9404
複々線区間なので、本命の時に被らないか心配しましたが、無事抜けました。左にチョット見える影は下り普通電車のものです。

Dsc_9432
吹田貨物で牽引機がEF510に交替。-9号機でした。機次位にヨが入りました。完全な逆光ですが、デジタルのお蔭である程度見える程度には撮影できます。途中で撮るところがないのか、ここにもかなりの同業者が集まりました。

Dsc_9459_20191008212301
ようやく駅撮りを抜け出しました。ここは駅から15分程度で歩けます。川重からの甲種輸送も数年前からは米原経由となって追っかけ易くなりましたが、時期的にはそろそろ厳しくなってきました。

Dsc_9468
東海道からの普通列車が北陸本線まで乗り入れるので、さらに追っかけます。ただ時間的にここが限度でした。

【9月6日】
情報通の方から名古屋市鶴舞線のN3000系増備の情報を頂き、出掛けました。

Dsc_9477
鶴舞線3000系置換え用のN3000系ですが、第11編成になります。
最近のこの日車からの甲種輸送は笠寺でマルヨですが、翌日は仕事の日で撮れませんでした。

【9月22日】
また新たに情報通の方からつくば高速鉄道の新車の甲種輸送がある、ということで出かけました。

Dsc_9525
当初、某掲示板で運転を確認したところ、EF210で笠戸を出発とあったのですが、現地に到着すると夥しい同業者が既にスタンバッていました。ここで資材担当様にお会いしたら、吹田でこのカマに替わったとのことでした。同業者の多さも納得です。
同社の恒例で、「TX」のHM付です。

Dsc_9540
ダイヤ改正後、8862レの稲沢停車時間が延びたので、楽に抜いて撮れます。ホームにはこれまた同業者がビッシリ。

なお、情報が無くて行けませんでしたが、この日は日車からも新京成の新車が甲種回送されたようです。
日車の東向け甲種輸送は通常、西浜松から8862レに乗るのですが、このように競合すると、約2時間後に9862レという盛りスジを使うようです。

【9月28日】
ほぼ一週間後、TX同様、日立笠戸で作られた西武鉄道び新特急「Laview」001系第4編成の甲種輸送がありました。

Dsc_9563
ほぼ一週間前のTXに比べ、同業者が極端に少なく、本当に運転されているのか?不安に襲われましたが、問題なくやって来ました。
前回と異なり、EF210-9がロングランで牽いてきました。

Dsc_9570
前回と異なって最後尾の先頭部分はシートカバーが付いてなかったので、稲沢停車中に1枚失敬しました。
それにしても、南海電鉄の「ラピート」と双璧をなす近未来的な外観ですね。大きな側窓も斬新です。

Dsc_9578
TXと同じパターンで撮影。
前週と同じように、この日も川重から東京メトロ大江戸線用の新車の甲種輸送があり、某掲示板に東静岡で並んでいる様子がアップされていました。

私の知る限りではこのほかにも15日に近車から東京メトロ日比谷線13000系が、21日に日車から同丸ノ内線2000系が出場し、東上したはずです。
まぁキワモノではありますが、見慣れない車両を間近で見られる楽しみがあり、この撮影はなかなかやめられません。(検査掛)







 











| | コメント (2)

2019年10月 7日 (月)

飯山線ほか訪問

 先に電車運転士様がアップされていますが、当方も客レ運転の誘惑には勝てません。いろいろ考えて今回は日曜(10月6日)の上り列車を撮ることにしました。天候がすぐれないのは覚悟の上で午後からの回復を信じて出かけました。

 とにかく手堅く押えておきたかったので、こちらの鉄橋を撮影地に選びました。堤防で待つ間は時折小雨が降り傘が手放せませんでしたが、撮影時には止んでいて助かりました。

B9132r
       9132レ  DD1611長野 スハフ422234  オハ472266  スハフ422173 高タカ

 ここ一発では勿体無いので、寄り道をした後に十日町へ向かいました。十日町より先の近いところでどこか撮れそうにないかと数駅先までうろうろ探索しましたが草丈がどこも高く、戻って同業者の姿が見えたこの場所に落ち着きました。

B9134r1
     9134レ  DD1611長野 ほか


 HMもなく正面がすっきりしており、こういう好ましい配慮を続けてほしいものです。旅客が窓を開け顔や腕を出して手を振るのは危険なので止めるよう車内案内がなされていると思いますが、徹底できないものかと考える撮影者は少なくないでしょう‥‥。
 以降は成り行き(行き当たりばったり)ですが何箇所かシャッターを切ることができました。

B9134r2

B9134r4 

 さて、時系列的には前後しますが、この日のスタートは越後線の115系でした。到着時は予報どおりの雨天で露出が上がらず気分も落ち込み勝ちですが、薄日の射すこともありました。

B125m
     125M


B132m
    132M


B129m
     129M

 自分と同じ客レ掛持ちと思しき人たちも少なからずいらっしゃいました。朝は4運用狙えます。7編成がすべて異なる塗色の電車は別の機会に改めて履修する必要を感じています。なお、ついでの上越線ローカル電車はE129系で直前の小雨と両数の当て外れにより出来が悪いため割愛いたします。

 先述の寄り道とは初めての訪問した線区のことで、本数の少ない只見線の気動車も忘れずに1本撮っておきました。まだ稲刈りがなされていない田んぼを見つけここに決めましたが、いつもの磐西じゃないかと思われないよう背景にも主張してもらいました。

B2424d1

B2424d2
     2424D  キハ402020 キハ402023 新ニツ

 天気は悪かったものの久しぶりに日曜での遠征を楽しむことができました。(資材担当)

| | コメント (3)

2019年10月 6日 (日)

収穫前の収穫

つい先日、長野方面に丸一日遠征して家を留守にしたので、その翌日は大人しくしていようと思ったのも束の間。空を見上げたら徐々に我慢できなくなり、少しの時間だけ外出許可を頂き、すぐに帰宅できるよう自宅周辺のエリアで黄金色の絨毯を探しました。
 

592

この列車を撮影するにあたり、この場所よりももっと適した条件、光線状態で撮影できるポイントがいくらでもあるというのに、あえてこの場所を選んだのは単純な理由です。普段は足回りまで隠れてしまうほど線路端の雑草が生え放題の稲沢貨物下り線築堤。さらに背景には各工場が建ち並ぶうえに終日逆光気味となるので、多くの同業者が敬遠しがちな場所です。ところが今年は築堤の雑草がほぼ消滅してスッキリとしているではありませんか。
  

5911

ここ何年間、これほどまで奇麗に“清掃”された築堤を目にしたことがありません。周辺に広がる広大な田園も、ちょうど黄色の絨毯となり収穫の時期を迎えようとしています。空を見上げれば雲一つない快晴。これだけ揃った好条件を逃すわけにはいかないと思い、この際、背景の建物には目をつぶって撮影に出かけしました。あとは肝心な列車です。時間的には午後以降に走る列車が狙い目ですが、意外にも対象は13:30頃の2059レと15:30頃の5073レの2本のみ。そこで今回は画的にも目を引く「カンガルーライナー」2059レを迷うことなく選択しました。
 

17021

続いて、名鉄犬山線の数少ないオーソドックスな撮影地にて1700系を狙いました。こちらでも稲穂を刈り取られる前に絡めようという魂胆です。後追い撮影となるため、できるだけサイドからカメラを向けましたが思いのほか引きがなく、苦しい構図となりました。幸い1700系特徴の前パンがハッキリと写ったのでヨシとしましょう。ところで最近1700系にこだわっておりますが、たまたまですよ、たぶんね・・・。
  
次の三連休は最悪の天気のよう。撮れるうちに撮っておきましょう。(出札掛)

| | コメント (2)

610.久しぶりのDD16+旧型客車「飯山線開通90周年号」2019/10/5

 季節は10月に入ったのにもかかわらず、30℃以上の暑い日が続いており、秋はどこへ行ってしまったのでしょうか…。このような状況が続くと紅葉の色づきに影響が出ないか心配です。また、太平洋のはるか南の海上には台風19号が発生、日本列島を伺っています。週末の3連休あたりにかなりの影響が出そうな雰囲気で、大きな被害がないことを願うばかりです。

 話は変わりますが、今年9月に飯山線が開通90周年を迎えました。それに関連して105日と6日に「飯山線開通90周年号」が運転されました。運転区間は5日が長野→長岡、6日が長岡→長野で、久しぶりにDD16と旧型客車3両の組み合わせが充当されました。DD16と旧型客車の撮影はは自分的には3年前の夏に小海線で運転された「旧型客車八ヶ岳号」以来です。ダイヤ的に6日は飯山線内が夕方から夜にかけての運転だったので、日中に飯山線内を走行する5日に参戦しました。検査掛様と出札掛様がご一緒していただけることになり、3人で北信エリアを目指しました。お目当ての列車の長野発は朝遅めの時間だったので、前座としてしなの鉄道を撮影後、飯山線に向かうスケジュールとしました。

 

※撮影は10月5日のしなの鉄道しなの鉄道線・飯山線(電車運転士)

 

 

12_dsc527119105

 

22_dsc531219105

 この日の115系は湘南色・スカ色とも朝のしなの鉄道線の運用には入っておらず、かろうじて初代長野色が来ました。2085列車から継走される坂城までの石油貨物列車は予定どおりの運転でよかったです。
【2枚とも 2019.10.5 しなの鉄道しなの鉄道線】

 

32_dsc536219105

 

42_dsc536919105

 

52_dsc537319105

 本命列車はその後の複数回撮影を考慮して、定番のここからスタートしました。天気は予報どおりの小雨ぱらつく状況で、お日様は100%期待できない中、DD16+旧型客車の編成が通過して行きました。予想どおり、追っかけの車の車列が2群並走してきましたが、奇跡的に列車がその間にはまってくれたので、平行道路の車が写ることなく撮ることができました。
【3枚とも 2019.10.5 飯山線】

62_dsc095519105

 

72_dsc538619105

 DD16の正面に掲出されることが多かったHM、今回は取り付けられていないということがわかったので、正面がちに撮っても大丈夫ということで、2回目はここにしました。天気はなかなか回復せず、ここも小雨混じりの状況下での撮影でした。
【2枚とも 2019.10.5 飯山線】

 

82_dsc540019105

 今回のダイヤは途中駅の停車時間が思いのほか少なかったので、3回目は先行できるかどうか微妙な感じでしたが、滝がポイントのここに何とか間に合いました。新潟県側に入ると天気は回復基調になり、薄日の中で撮影することができました。
【2019.10.5 飯山線】

 

92_dsc541719105

 

102_dsc542119105

 

112_dsc096519105

 

122_dsc543619105

 DD16は十日町以西でも撮影のチャンスはありましたが、その後のスケジュールを考慮して深追いはしないこととしました。千曲川沿いを走る飯山線らしい風景をメインに、数少ない定期列車を効率よく撮るため、森宮野原前後のポイントでの撮影となりました。皮肉なことにDD16の通過直後にバリ晴れ状態になり、モヤモヤ感が残る格好となりました。
【4枚とも 2019.10.5 飯山線】

 

132_dsc544619105

 その後は列車の時間が空くので、秋桜でも入れて秋らしい写真を撮りたいと思い、線路沿いに飯山方面へ車を走らせました。ところが、なかなか秋桜は見つからず、もう少しもう少しと言っているうちに上境まで来てしまいました。列車の通過時間も迫っており、苦肉の策ですが、線路際にあったススキを入れて撮ってみました。
【2019.10.5 飯山線】

 

142_dsc545919105

 信濃平付近の田園地帯なら何とかなるかもしれないと思い、車をさらに進めましたが、やはり思惑どおりにはなりませんでした。コスモスの代替ポイントを探しましたが、時間切れとなりそうなタイミングになったので、定番のここで撮ることにしました。秋らしい空が広がっていたので、それをメインにしてみました。
【2019.10.5 飯山線】

 この日の夜、自分にどうしても外せない予定があり、中途半端な時間に現地を後にしなければなりませんでしたが、相変わらずの弾丸鉄にお付き合いいただいた検査掛様と出札掛様には改めてお礼申し上げます。

 

 

| | コメント (3)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »