« 大井川鐵道EL急行かわね路号を撮る 2019.6.30 | トップページ | 梅雨の晴れ間の七夕企画 二題 »

2019年7月 7日 (日)

597.伊豆急クモハ103引退興行リターン(100%達成とはならず…😢) 2019/7/5

 先週末に参戦した伊豆急クモハ103のラストランイベント、天気をはじめとする諸事情により自分的には納得いかない結果となりました。このまま終わってしまうのは何とも悔しい気持ちが残るだけになりそうだったので、リターンマッチを画策していました。天気予報と睨めっこしつつ決行日をいつにするか悩んでいましたが、連日の芳しくない予報の中、それでも最もまともそうな日は5日と判断し、この日にスクランブル参戦してきました。急遽のお誘いにもかかわらず今回も検査掛様にご一緒していただけることになりました。

 

※撮影は75日の伊豆急行(電車運転士)

 

12_dsc09811975

 

22_dsc09891975

 早朝、現地に到着した時は曇り空でしたが、徐々にお日様が顔を出し、まさかの展開になってきました。水平線クッキリの青い海、これぞ伊豆急といった光景に興奮しながらシャッターを押しました。
【2枚とも 2019.7.5 伊豆急行】

32_dsc10171975


42_dsc10291975

 

52_dsc10341975

 1000分過ぎまで優等列車は来ませんが、せっかくの好条件なので、車両には拘らずに各定番ポイントを巡りました。クモハ103の列車まで何とか持ちこたえてほしいと祈りつつ、撮影を続けました。
【3枚とも 2019.7.5 伊豆急行】

 

62_dsc10711975

 この日のクモハ103の初列車は片瀬白田1018分着、残念ながら祈りは通じず、薄曇りの中での通過となりました。早朝の晴れが想定外と自分自身に言い聞かせ、次のポイントに移動しました。
【2019.7.5 伊豆急行】

 

82_dsc10891975

 折り返しはあまり時間がなかったので、海バックの定番ポイントで待ちました。ここでクモハ103を撮るのは自分的には念願でしたが、青い海ではなかったのがちょっぴり残念です。
【2019.7.5 伊豆急行】

 

92_dsc11271975

 この日のクモハ103の運転は伊豆急下田~片瀬白田間の2往復、2往復目の往路は波打ち際で砕ける波とのコラボを狙いましたが、タイミングが合わず、見事に外れでした。他の列車でもチャレンジしましたが、なかなか思いどおりになりませんでした。
【2019.7.5 伊豆急行】

 

102_dsc11491975

 最後はここで締めくくりました。泣いても笑ってもクモハ103の撮影は最後になりました。先週のリターンマッチは100%達成とはいきませんでしたが、こういうこともあるさと半ば強制的に自分自身を納得させました。EF58EF65PF牽引の客車「踊り子」が運転されていた頃のポジやネガを見るとG車込みの68両で運転されている100系が写っています。どれも本命列車のついでに撮ったものばかりで、もう少し真剣に向き合っていればよかったとの思いが頭の中をよぎりました。これでまたひとつ、昭和の名車が姿を消すことになりました。
【2019.7.5 伊豆急行】

 

 

|

« 大井川鐵道EL急行かわね路号を撮る 2019.6.30 | トップページ | 梅雨の晴れ間の七夕企画 二題 »

電車運転士」カテゴリの記事

コメント

2回に渡る伊豆急撮影行お疲れさまでした。結果を見ると今日7日の河津町あたりはまずまずの天気だったようで、5日に決行したことは少々残念ですが、この時期の天気は難しいですからヨシとしましょう。100系がまだまだ健在の頃は殆ど行っておらず、唯一ロイヤルボックス編成を撮ったのみなので、それでも最後の1両を記録できたことはホッとしています。自分で車を運転しては行きにくい場所であり、誘って頂いた電車運転士様にはとても感謝しております。ありがとうございました。近いうちに185系も撤退することでもあり、また伊豆急に出かけなくてはならないと思いますので、その折にはまたよろしくお願いします。(検査掛)

投稿: 検査掛 | 2019年7月 7日 (日) 18時59分

すっきりとした天候には今一歩だったようですが、初回よりは条件が良かったようで、リベンジの甲斐はあったのではと思います。絵になるポイントが多いですが、アプローチの難易度は如何なのでしょうか。ぜひ185でツアー組みたいですね。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2019年7月 7日 (日) 21時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大井川鐵道EL急行かわね路号を撮る 2019.6.30 | トップページ | 梅雨の晴れ間の七夕企画 二題 »