« 人知れず日本車両に入場したJR東日本の35系気動車 | トップページ | 1975年の箱根登山鉄道(高校鉄研仲間の撮影会) »

2019年7月20日 (土)

曇天朝練

夏季早朝しか走行シーンを撮れない季節限定の列車を狙うため、がんばって早起きをすると、外はド~ンヨリ。さて、どうしましょ?考えてみると、どうしても“今”撮らなければいけない被写体というわけでもなく、わざわざ曇りの日に行く必要もなく、また次の機会もありそうだし、初めて目にする相手でもないし、でも・・・目が覚めてしまったから、しょーがねーなぁ。
 

0611


202

名鉄犬山線上り9008レは運転頻度が少ないので、撮影チャンスが巡ってきたらできるだけ記録しておきたいという思いが優先して曇り空にもかかわらず出かけてしまいました。目的地は、布袋駅付近の上り高架線と下り線が分離するあたりです。勾配を駆け下りてくる上り列車を後部までキレイに抜けて、編成にも勾配の角度が緩く付いてアクセントをつけてくれるベストポジションですが(位置によって脚立必須)、やがて下り線の高架化工事が完了するとこのような見通しも効かなくなるかもしれず、今のうちに撮っておこうと当地を選びました。ただし晴れると逆光気味となる角度でもあるので曇天歓迎ポイントです。しかしさすがに曇り空の早朝は露出が足りませんね、雨が降らないだけマシですが。そこで、とある方から譲り受けたF1.8単玉レンズを装着して挑むことに(IN市のT様、重宝しています)。
 
上の2カットは何れも同じ曜日で同じ時間帯、似たような空模様なのに、チキ工臨ではホキ工臨よりも倍近くの同業者を目にしました。あまり目にできない列車だけに注目を集めたのでしょうか。
 
長く梅雨空が続きます。昨年のような酷暑と比べたらラクなほうですが、そろそろ青空が恋しくなりました。いいかげんに“晴天朝練”したいですね。(出札掛)

|

« 人知れず日本車両に入場したJR東日本の35系気動車 | トップページ | 1975年の箱根登山鉄道(高校鉄研仲間の撮影会) »

出札掛」カテゴリの記事

コメント

20日の9008列車は上小田井~西春で撮影しました。小雨ぱらつく条件でしたが、とりあえず目覚ましをセットしておいた時間に起きたので、とりあえず参戦してきました。このところ梅雨空が続いていますが、そろそろ梅雨が明けて夏らしい写真が撮りたいです。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2019年7月21日 (日) 11時56分

目が覚めても天気が悪そうだと出かけるのをためらってしまいます。そこを逆手をとって逆光側からキッチリ撮影されているのはさすが出札掛様だと感心させられます。せっかく情報を頂いた方にも申し訳ないです。撮影地としては工事の進捗にともなって消滅するようなので、いい記録になったと思います。(検査掛)

投稿: 検査掛 | 2019年7月25日 (木) 18時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人知れず日本車両に入場したJR東日本の35系気動車 | トップページ | 1975年の箱根登山鉄道(高校鉄研仲間の撮影会) »