« 伊吹の麓でSRCなど | トップページ | 596.雨中の伊豆急クモハ103引退興行 2019/6/29 »

2019年6月30日 (日)

わが国鉄時代 -1979年6月分-

6月に入り、新たな研修が始まりました。通常の日勤で休みは日曜のみとなり、かなり制約がかかるようになりました。

【6月1日】

19790601fri
名古屋
と言いながらも、辞令を貰った日に早速に行ってます。(というか、一応研修先から寮への帰路にはなりますが😃)
この日も大垣区、神領区の浜松工場出場回送を撮りに行ったのですが、この回送の名古屋着は19時過ぎ。この時期にしか撮れない時刻なのですが、なぜわざわざ撮りに行ったかといいますと、事前の調査で、この日の回送には編成の前後にクモハ40が使用されることが判ったからです。この写真は名古屋駅進入を後追いして撮ったものですが、先頭には(ちょっとわかりずらいですが)大垣区のクモハ40050が、最後尾には神領区のクモハ40800が連結されています。大垣区と神領区の入出場が名古屋⇔高塚間併結して運転されることは珍しくありませんでしたが、両区のクモハ40が同時に編成に入ったのは、私が知る限りこの日だけでした。そんなわけで何が何でも撮っておきたいと思ったのです。もう少し前後がハッキリわかるように横がちに撮りたかったのですが、さすがに時間的に無理でした。

【6月3日】

19790603sun
黒野
この日は日曜日、休みを利用して名鉄の見学に出掛けました。一番左の人物は同行した同僚です。この当時は岐阜市内線、揖斐谷汲線は600Vで、大正時代製造の丸窓電車が走っている事ぐらいしか知識がありませんでした。
黒野より奥に行くと帰れなくなるかも、などと考え、ここで折り返しています。黒野では1時間に1回、岐阜連絡の急行の発着、本揖斐行、谷汲行がホームに並んでにぎやかでした。

19790603sun_20190627184301
黒野
そして名鉄で唯一旧塗装で残っていたモ702。一説によると、この緑色は本線系に比べると明るいとのことですが、私には比べようもありません。今ならこの車を追って、毎週通いそうですが、この色を撮ることは二度とありませんでした。

19790603sun_20190627184302
名鉄岐阜工場
黒野を訪れた帰りに、岐阜工場に寄っています。事務所に一言お願いすれば、簡単に入れました。
モ702同様、緑色をしたモ759が入場しており、既に仮台車を履いていました。ネガカラーで撮影しており、一部黄変しています。

19790603sun_20190627184303
名鉄岐阜工場
片隅にはこんな車両がいました。以前、駅長様もアップされた、元大分交通のホハ1です。手前に電車が停まっていたため、広告塔のポールを回避できませんでした。しかし、正直言ってビックリしました。なんでこんな車両がいるの?駅長様は無蓋貨車に乗った2軸客車のボディもアップされていましたが、自立していなかったためか、私は撮っていません。
ホハ1は残念ながら車体は解体されてしまい、台車だけが明治村に保存されています。


【6月6日】
19790606wed_20190627184401
熱田・名古屋
この日も研修後、帰りがけの駄賃で大垣区の浜松工場出場回送を撮るため、ナゴヤ球場前で降りました。本命を待つ間に、EH10牽引の車扱い貨物列車が来ました。長くて編成が切れています。肝心の本命は名鉄に被られ撃沈しました。

19790606wed
ナゴヤ球場前
片手間に名鉄も撮っています。しかし、新性能は殆どシャッターを押さなかったようです。その中で、モ5000で前面に局面ガラスの残った編成が来たので、撮ったものでしょう。


【6月8日】

19790608fri
大江
7月に開業する豊田新線用の100系が搬入されたとの情報を得て、研修後大江に行ってみました。未明の回送に備え、組成を終えてデキ604のパンタは下りていました。

【6月10日】

19790610sun
梅坪・上豊田?
日曜日ですが、豊田新線の入線試験が実施されるという情報を得て、行ってみました。一番列車はデキ400重連単機と聞きましたが、間に合いませんでした。全く状況がつかめないまま、梅坪から歩き、ようやく低い法面を見つけてモ805+ク2313の試運転を撮りました。

19790610sun_20190627184501
上豊田?
試運転の折返しをここで撮りました。この編成はこの試運転が縁で豊田市の鞍が池公園に保存されています。野外展示にもかかわらず、きれいに手入れされています。

Img668
梅坪 
試運転撮影後、梅坪から帰る際に撮影したものです。豊田新線開業当初、高架は梅坪だけで、豊田市へはまだ単線でした。
豊田新線の試運転の様子は、駅長様が詳しく発表されていますのでそちらをご覧下さい。(→https://ameblo.jp/b1hanabusa/entry-11093164529.html)

6月はこの後、おとなしく研修に臨んだようで、ほとんど!撮影していません。(検査掛)


 

 

|

« 伊吹の麓でSRCなど | トップページ | 596.雨中の伊豆急クモハ103引退興行 2019/6/29 »

検査掛」カテゴリの記事

コメント

豊田新線開業に向けての貴重なシーン、ありがとうございます。揖斐線にはまだ緑塗装車が残っていたのですね。ナゴヤ球場の先端や600V線区など、いろいろと撮影できるポイントが数多くあったのが懐かしいです。しかし当時は珍しくもなかった日常のシーンにはあまりカメラを向けなかったので、今更ながら悔やまれます。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2019年6月30日 (日) 20時48分

600V区間を本格的に撮り始めた頃はすでに赤色化が終了しており、緑色にはギリギリで間に合いませんでした。できたてホヤホヤの新線に古豪の800型というミスマッチな組み合わせも試運転だからこその風景ですね。EH10・旧5000系・丸いライトのデキ600も懐かしく拝見しました。100系も制御器更新(VVVF化)が行われたので、もうしばらくは活躍が見られそうです。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2019年7月 3日 (水) 14時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伊吹の麓でSRCなど | トップページ | 596.雨中の伊豆急クモハ103引退興行 2019/6/29 »