« わが国鉄時代 -1979年6月分- | トップページ | 大井川鐵道EL急行かわね路号を撮る 2019.6.30 »

2019年6月30日 (日)

596.雨中の伊豆急クモハ103引退興行 2019/6/29

 伊豆急行のクモハ1032011年(平成23)年、開業50周年を記念して動態復活が実現しましたが、保安装置の更新に対応できないとの理由で、77日の運転を最後に2回目の引退が発表され、629日から77日までの間(630日は団体貸切のために除く)、ラストランイベントが実施されています。これまで、自分的には動態復活後のクモハ103は撮るチャンスに恵まれておらず、この機会を逃すと撮れずじまいになってしまうことが懸念されたため、どこかの日に参戦しようと画策していました。ちょうど梅雨の真っ只中で、天気予報は芳しくないものでしたが、何かあって参戦できなくなるリスクを考えると早めの対応がいいだろうということで、とりあえず629日に参戦してきました。いつもの夜行日帰りパターンの弾丸鉄でしたが、今回も検査掛様にお付き合いいただきました。

 

※撮影は629日の伊豆急行(電車運転士)

 

12_dsc0793

 600分ちょっと前の現地到着時は土砂降り状態で、車の外に出ることもままならず、しばらくは待機状態でした。その後、雨も小康状態をキープする時間帯も出てきたので、とりあえずスタンバイしました。ところが、通過直前になって急に雨脚が強くなり、視界もままならないといった最悪の条件下の通過でした。
【2019.6.29 伊豆急行】

 

22_dsc0799

 上の写真撮影後、速攻でポジションを移動し、もうワンカット稼ぎました。
【2019.6.29 伊豆急行】

 

32_dsc0825

 伊豆急では外せない定番ポイントです。晴れれば青い海と白い波の絶景ですが、こんな天気ではどうしようもありません。ちょうど雨が小止みになり、視界が多少なりとも利くようになってくれたのがせめてもの慰めです。
【2019.6.29 伊豆急行】

32_dsc0835

 

42_dsc0850

 土砂降りパターンにはまると霞で遠景は何にも見えなくなるので、安全策として波打ち際ポイントを選択しました。185系も大騒ぎになる前の静かな時にできるだけ撮っておきたいものです。
【2枚とも 2019.6.29 伊豆急行】

 

62_dsc0905

 結局、伊豆急に滞在中、雨は止むことはなく、上から下までびしょ濡れ状態、撮影的には忍耐の連続でした。この日のクモハ103は午前中から夕方にかけて伊豆急下田~片瀬白田間を3往復しましたが、場所選択誤りや時間の読み違いで撮り逃がしてしまった列車もあり、同行していただいた検査掛様にはご迷惑をかけてしまいました。このままの状態で終わってしまうのは自分的には納得いかない部分もあり、何とか再挑戦したい気持ちはありありですが、現実は厳しいかもしれません。
【2019.6.29 伊豆急行】

 

 

|

« わが国鉄時代 -1979年6月分- | トップページ | 大井川鐵道EL急行かわね路号を撮る 2019.6.30 »

電車運転士」カテゴリの記事

コメント

なにはともあれお疲れ様でした。後悔先に立たずですが、当初予定していた4月に決行すべきでしたね。それにしても酷いヒドイ雨降りでしたねぇ。電車運転士様同様リベンジしたい気持ちはヤマヤマですが、最終日までの天気予報を見ると気持ちが萎えます。それでもお声かけ頂いたおかげでどうにかクモハ103を撮ることができました。ありがとうございました。(検査掛)

投稿: 検査掛 | 2019年7月 1日 (月) 19時01分

せっかくのお誘いいただいたのに、今回は家の事情で参戦できず、すみません。それにしてもどえらい天候だったようですね。
またひとつ魅力的な昭和の車両が姿を消すのはなんとも惜しいです。自分は一度も撮っておらず悔やまれます。こうなったら、風光明媚な景色だけでも捉えたく、いつか185でリベンジしませんか?(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2019年7月 1日 (月) 21時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« わが国鉄時代 -1979年6月分- | トップページ | 大井川鐵道EL急行かわね路号を撮る 2019.6.30 »