« 車体塗装関連の話題 | トップページ | わが国鉄時代 -1979年5月- »

2019年6月 2日 (日)

豊鉄3203オリジナルカラーを追う 2019.5.31・6.2

 豊橋鉄道3200形3203号は夏はビール電車・秋は花電車・冬はおでん車・春はハーフマラソン応援電車などのイベントに使用されるため装飾無しのスッピンで走るのはなかなかまれで、特に今年は全般検査で5月下旬まで入場していたためこのままビール電車に改装されるのではと思われていましたが、5月30日に出場試運転が行われたという情報が入ってきました。

 そこで5月31日午後と6月2日朝に素顔の3203号の活躍の姿を撮影に行ってきました【施設区長】

Dsc_4871b

 まず1枚目は5月31日の14時過ぎに新川のカーブでキャッチ。

Dsc_4888b
 2枚目は同じく新川で駅前からの戻りを撮影。撮影後この電車に飛び乗って前畑まで移動。
Dsc_4936b
 前畑電停で石畳の坂を下ってくる3203をキャッチ。
Dsc_4978b
 その後、井原に先回りし駅前からの戻りを半径12mのカーブ通過の様子を撮影。
Dsc_4999b
 運動公園からの戻りは移動する時間がないので同じ井原のカーブを曇天を味方に北側から撮影。
 5月31日はこれで撤収。
 6月2日は昼間は所用があるため朝8時から10時の2時間勝負で。
Dsc_5098b
 まず、1本目は競輪場前の東の単線区間で撮影。
Dsc_5116b
 この日は自転車使用でしたので、なんとか井原カーブの戻りを撮影出来ました。
Dsc_5141b
 
 自転車で追いかけたら東田坂上~前畑間で追いつきましたので坂を下るシーンを撮影。
Dsc_5150b
  その先はさすがに無理かと思いましたがなんとか札木の停車に間に合いました。
 この後、駅前からの返しも新川で撮影できましたが、余りできが良くなかったので割愛。
Dsc_5175b
 新川撮影後、また自転車で追いかけると鬼まつりで有名な安久美神戸神明社の前で追いつき撮影。車がうまく抜けました。
Dsc_5195b
 自転車での追っかけはさすがに疲れたので、運動公園前からの返しは一か八かで公会堂とのツーショットを狙ってみました。なんとかギリギリ車が抜けてくれました。
Dsc_5227b
 10時が近づいてきてラストショットは新川のカーブを交差点東から撮影して終了となりました。
 二日間とも曇天であまりすっきりとした写真は撮影できませんでしたが、なんとかスッピンの3203号の姿を捉えることが出来てまずまず満足の2日間でした。【施設区長】

|

« 車体塗装関連の話題 | トップページ | わが国鉄時代 -1979年5月- »

コメント

2日は11時過ぎに豊橋入りしたので、施設区長様と入れ替わりで3203号を捉えたタイミングとなったようですね、失礼しました。着目点も同じどころか、より豊橋らしいシーンをカメラに収められてうらやましい限りです。市内線をそれらしく撮るには交通量の少ない午前中までが勝負ですね。次回の訪問時は参考にいたします。
オリジナル塗装に装飾、広告のないすっぴん姿は、やはり落ち着きますね。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2019年6月 2日 (日) 23時51分

出札掛さま、早速のコメントありがとうございます。🙇
出札掛さまも撮影にいらしてたのですね。お目にかかる事が出来ず残念でした。😣
確かに朝は車が少ないので割と車に邪魔されず撮影出来ますね。😉今回は2日間とも曇天だったおかげで光線を気にせず撮影出来たので色んなアングルから撮影ができました。😊
恐らく今日あたりからビール電車への改装が始まるでしょうから、稀少な機会を捉える事が出来て良かったです。😊【施設区長】

投稿: 施設区長 | 2019年6月 3日 (月) 07時01分

 結局、今回の3203の運転は、豊橋まで出撃したものの、運行のタイミングとあわず、空振りに終わりました。運行状況を見て、さらには自転車で追いかけができるのは、さすがに地元の強みですね。全検入場、ということですと、まだしばらくは走るでしょうから、次のチャンスを楽しみにしたいと思います。(駅長)

投稿: 駅長 | 2019年6月 4日 (火) 20時01分

さすが地元!ポイントを押さえられていますね。豊鉄オリジナルのスッキリした車体を見るのも久しぶりです。私も情報を貰って6月1日に出かけたのですが、当日は不具合が生じたとのことで、東田に留置されていてガックリ。名鉄工臨、日車からの東京メトロ2000系甲種と、おいしい日で、いそいそと出かけたのですが、そうは問屋が卸さない、と言ったところでしょうか。トホホ(検査掛)

投稿: 検査掛 | 2019年6月 4日 (火) 21時31分

素っぴんの3203、いいですね。地元という地の利を生かすことができる施設区長様が羨ましいです。自分も検査掛様同様、1日に参戦しましたが運賃箱の不具合とかで競輪場前の側線に留置中でした。昼前に赤岩口の車庫に回送されたようですが、その時は帰りの電車の中、走りを撮ることはかないませんでした。前後の日は元気に運用に入っていたのに不幸に当たってしまい、悔しい思いをしました。次はいつになるかわかりませんが、チャンスがあった時は何とかリベンジしたいです。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2019年6月 6日 (木) 14時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 車体塗装関連の話題 | トップページ | わが国鉄時代 -1979年5月- »