« 引退前興行 | トップページ | 伊吹の麓でSRCなど »

2019年6月22日 (土)

紫陽花だより (箱根登山鉄道編)

大井川鐵道から約3時間かけて、6月18日投宿する強羅に着きました。
まだ多少陽も残っていたので、宿に車を止めてフラフラと強羅駅まで行ってみました。

Dsc_7901
なにか情報はないかと駅舎内をウロウロしていたら、お目当ての電車が入って来ました。
Dsc_7902
7月に引退するモハ103+モハ107にモハ108が連結されて3両で運転されてました。
この時刻になると、平日のせいか駅前は1店舗(土産物屋)を除いて全て閉まっており、閑散としていました。この後運転される「アジサイ電車」に乗ろういう様子の観光客も驚いていました。
とりあえず、紫陽花の開花状況が掲出されていたので、確認して宿に戻りました。
宿はいつも通りじゃらんnetで検索したもっとも安い宿で、平日1室1名素泊まりで3400円。街中のビジネスホテルと違って駐車料金もいらないので、箱根界隈としたら格安でした。しかも温泉で、ゆっくりできました。(口コミは最低でしたが・・・)

Dsc_7908
翌朝6時半頃チェックアウトし、昨日仕入れた情報で、紫陽花が開花している標高の大平台まで下りました。当初、車をどこかに置いて電車で移動しようかと思いましたが、様子見でそのまま車で出ました。

Dsc_7910
駅の構内はまだチラホラといった感じで、まだまだでした。

Dsc_7918
目的のモハ103+モハ107は、前日同様107側にモハ108を連結した3両で、7:20発の湯本行でやって来ました。これでおおよそスジの見当がつきます。

Dsc_7930
駅と信号所の間にある人用の踏切にやって来ました。ここの紫陽花はまずまずの咲き具合でしたが、駅側は白もしくは薄いブルーでちょっとさびしい感じでした。片側に2人立てるかどうかといったところです。吊り掛け車の強羅行はポジション取りに失敗しました。

Dsc_7931
振り返った信号所側には濃いブルーの額紫陽花や赤紫のものもありました。
Dsc_7950
Dsc_7951
吊り掛け車は8:30頃降りてきました。(二段脚立使用)

Dsc_8005
吊り掛け車の強羅行は信号所に移動しました。入線時はうまく撮れていないので、発車を80‰の勾配標と撮ったものをアップします。5月に訪問された施設区長様情報の酒函がそのまま置かれており、利用させて頂きました。

Dsc_8023
そのまま信号所に留まり、吊り掛け車を待ちました。先に3000形先頭の強羅行が進入してきたのですが、窓が大きいので、乗客と目線が合っていやらしかったです。

Dsc_8024
強羅行の発車後、光線状態がいいので、編成写真を押さえておきました。

Dsc_8037
信号所で撮った吊り掛け車は、その後湯本まで2回のスイッチバックをして来るので、塔ノ沢で追いつかないか、と車を走らせたのですが、駅近くに駐車場がなく、またその駐車場から5分以上坂道を登らなくてはならず、間に合いませんでした。
塔ノ沢の紫陽花もまだ花も小さく、盛り方も少ない状況でした。
この後、湯本から折り返してくる吊り掛け車に、大平台までお名残乗車し、80‰を登る轟音を楽しみました。

Dsc_8042
Dsc_8050
大平台から電車で塔ノ沢に取って返し、吊り掛け電車を待ちました。

Dsc_8061
電車に乗ったことで、大平台の南側の紫陽花がまぁまぁ撮れそうだとわかったので、再び大平台に戻りました。ここでも80‰の勾配標と合せて。しかしながら、右側の額紫陽花はトップライトで色が飛んでしまっています。
Dsc_8073
スピードが遅いので、手前にズーミングして撮りました。右側の紫陽花ももう少したてば、もっと花をつけることでしょう。
この踏切はこの先行き止まりとなっていて、どう考えても撮影用としか思えません。

Dsc_8077
左にカーブを切ると大平台の駅構内です。こちら側の紫陽花も同様ですね。

Dsc_8146
大平台構内の光線状態も良くなったので、次の吊り掛け車の強羅行は進入を撮影しておきました。

Dsc_8082
Dsc_8152
大平台の信号所寄りの踏切の南側は日当たりがよく、当日としては最も紫陽花が開いていた場所でした。が、昼前からは平日にもかかわらず多くの同業者が現れ、ここのベスポジは撮れませんでした。

まだ15時でしたが暑さもあり、またこの後5時間かけて帰らなければならないので撤収することにしました。紫陽花の有名な路線としてはまだ少し時期が早かったようですが、本命の吊り掛け車は一日中走っていたわけだし、自分としては満足しました。
ところが、帰って☓ビ☓スの「今日の1枚」を見たら、ナント撤収した後、旧型3色編成が走り出したようで、大ショックを受けました。施設区長様の記事にある「16:39湯本発から・・・」は頭の片隅にはあったものの、へばりが勝ってしまいました。情けないですが、これが体力の衰えと納得するしかありません。それにしても残念・・・。(検査掛)

 
 



 

|

« 引退前興行 | トップページ | 伊吹の麓でSRCなど »

検査掛」カテゴリの記事

コメント

旧型車がほぼ一日運用に就き、103-107惜別板も付いてそれなりの収穫があったことと思います。3色団子の件は惜しかったです。詳しい運用情報が入手できればよいのですが、把握するには難易度が高そうですね。
大平台はやはり人気ポイントなのでしょうか。平日でも満員御礼とは、さすが関東圏です。夜は紫陽花の咲いている地点や駅でライトアップが行われるので自分が行ったときは夜も忙しかったですが、寝る暇もないよりは温泉でゆっくり過ごすのも一興ですね。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2019年6月24日 (月) 21時05分

自分的には箱根登山は10年以上ごぶさたしてしまっています。その間に旧型車がどんどん引退してしまって寂しい状況になってしまいました。車両は世代交代しても四季を通じて楽しめる沿線風景は変わらないので、今後は風景メインに訪ねてみたいと思います。3色団子は珍ドコ列車みたいな感じもありますが、撮れなかったとなると悔しさがあふれてしまいますね。お気持ちご察しいたします。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2019年6月26日 (水) 17時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 引退前興行 | トップページ | 伊吹の麓でSRCなど »