« “迎えテツ” | トップページ | わが国鉄時代 -1979年4月- »

2019年5月19日 (日)

今年の富山地方

 毎年恒例の高岡・富山巡り、今年は黄金週間始まりの4月下旬に行くのは中止し、明けてからの5月11日に出かけました。毎度同じような内容で新鮮味に欠けますが一活動報告としてご覧いただければ幸いです。
 線路際には一面水田風景というところは見当らず、水の入った田んぼを見つけて待っていると来たのは「はっとりくん」ラッピング車。単行なら本当はシンプル朱色が好きなのですが贅沢は言えません。

320d
   
    【320D】  402090 金トヤ

 田植えが済み風もあるため水面はこの程度。単色化が完了し地域ラッピングも終了したらしく、ごちゃごちゃ感が無くなり落ち着いた好ましい印象を受けました。


8334d

    【8334D】 47138 4725 471029 金トヤ

 近年はまた麦畑をよく見かけるようになったと思います。少し移動するだけで違った風景が得られます。

335d

    【335D】 471134 402083 金トヤ

 それにしても新幹線開業の影響はとても大きいと感じます。キハ45系・58系を撮りに来ていた時は田んぼばかりだったのにえらく変わってしまいました。
毎年じわじわ緑が減っていく・・・・

341d

    【341D】 471092 4736 金トヤ

さて、ここからが主目的のDE貨物です。定番のというかここしか知らない、撮るところが無いのでいつも同じ写真ばかりで恐縮です。昨年より編成は長そうですが肝心の荷のコンテナが少な過ぎて絵としては様にならないのが残念です。

1090

    【1090】 DE101728 東新

 対岸から狙う下りの出荷便は荷の載りもよく満足でした。の筈が正面が何か変です。変則塗り分けではなく塗装が剥がれ落ちてしまっているのか?

1093

    【1093】 DE101728 東新

 せっかく訪れたので忘れないように85コンパクト編成も撮りました。山々はもやーっとしていて雪の残っているのがよく分かりません。

1031d

    【1031D】 キロ85-5 84-303 85-1102 海ナコ

 この日の締めくくりは昨年改正から時刻がぐっと繰り下がった新湊線貨物。日の長い季節に北陸線内での上り列車だけがかろうじて撮影可能です。交流架線下を行くDE10!ですが、ご近所の人の飛び入り付でした。

8150

    【8150】 DE101728 東新

 今回もちょっぴり悔いが残る結果となりました。(資材担当)


 

|

« “迎えテツ” | トップページ | わが国鉄時代 -1979年4月- »

コメント

高岡のキハはほとんどの車両がタラコ色に戻ったようですね、写欲をそそられます。しかし新高岡の発展ぶりには驚きました。できれば駅周辺のみの変化で留まってほしいものですが・・・。
富山と高岡の貨物もまだまだ現役のようですが、特に富山貨物は一度も目にしたことがないので、安泰であるうちに記録しておきたく思います。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2019年5月19日 (日) 15時49分

恒例の富山訪問、お疲れ様でした。いきなり「ハットリ」君との遭遇はモチベーションだだ下がりでしたね。新幹線が出来てからは一度も訪れていないので、新高岡あたりは元どうだったのか、もうわかりません。DE10の本線貨物も今となっては貴重な存在、DD200が進出してくるのか、トラックにシフトしてしまうのか、いずれにしても撮れるうちに撮っておかなくてはなりませんね。(検査掛)

投稿: 検査掛 | 2019年5月19日 (日) 23時21分

富山遠征お疲れさまでした。タラコ化がほぼ完了した中、「ハットリ君」だけは何とかならないものかと思ってしまいます。自分もここぞという時にこれが来てしまい、泣くに泣けない状況になってしまったことが多々ありました。DE10の本線運用も貴重になりつつありますので、次回はこちらをメインにした訪問も考えなければと思いました。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2019年5月20日 (月) 17時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« “迎えテツ” | トップページ | わが国鉄時代 -1979年4月- »