« 改元を前に | トップページ | 585.2年ぶりの伊豆エリア海鉄 2019/4/21 »

2019年4月21日 (日)

わが国鉄時代 -1979年3月ー

かなり間があきましたが、「わが国鉄時代」の1979年3月をご覧頂きたいと思います。(前回が1月でしたので、順番なら2月ですが、諸般の事情により2月は殆ど撮影していないので、飛ばします。)

 

【3月1日】
この日は旧型国電回送の撮影三昧で、自宅近くの品鶴貨物線多摩川橋梁で、中原電車区の大井工場入場車(クモハ73)を連結した配給電車(→b1hanabusa.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/1-3f7b.html ) を撮影後、大船に移動して沼津電車区の出場試運転を撮りました。

Img183
大船南方信号所  試8393M クモハ51852+サハ78400+クモヤ22202
 
Img122
大崎  配6691M  クモヤ93000+クモル24000+クル29001
さらに都内に戻り、田町電車区のクモヤ93000の大井工場入場回送を撮影しました。
【3月7日】
この日は飯田線旧型国電の廃車回送を撮影するため、出かけました。
Img138
Img140
保土ヶ谷・戸塚
 この頃はまだ岡山区のEF60、沼津区のEF65Pが、車扱い貨物列車を牽いた姿が東海道線でもよく見られました。
Img144
保土ヶ谷・戸塚  回8392M クモハ54???+クハ47155+クモハ52002+クモハ42011
西富士宮に疎開留置されていた飯田線旧型国電の一部が大船工場に廃車回送されました。残念ながら流電が先頭切って走る姿は見られませんでした。
【3月10日】
3月の第二土曜は高校の同好会OB会を毎年長野県の渋温泉で開催しているため、この時期ほぼ毎年長野を訪れます。
この年は、長野電鉄の長野市街地部分の地下化が迫っていたので、訪れました。
Img209
自分としては珍しく駅舎を撮影しています。錦町は地下後、市役所前と駅名が変わるので、撮ったものと思われます。特に由緒ある建物ではありませんが、恐らく昭和初期の長野電氣鉄道時代のものと思われます。この頃の沿線各駅でも造りとしては同じようなものが見られました。
 
Img204
錦町  モハ612+モハ604
いかにも川崎車両製の屋根の深い600形、610形の2連です。東急5000系の導入によってまもなく姿を消しました。
Img206
長野 左;モハ2005+サハ2053+モハ2006  右;モハ612+モハ604
この写真は以前にもアップしていると思いますが、仮駅です。後ろの大屋根が国鉄長野駅です。
Img213
朝陽・日野  モハ1502+モハ1501+クハ1552
志賀高原をバックに走る1500系。この頃の主力1000系も東急車の導入でほとんど淘汰されることになりましたが、モハ1500形2両はその後も営団3000系導入まで、屋代線用に使用されました。
【3月12日】
帰りは須坂に寄りました。
Img230
須坂  ED5001  クハニ1062  モハ1102 
何処でもそうですが、この頃は一言断れば車庫に入れました。ホーム横の側線に3両並んでいました。左側に多くの有蓋貨車が見え、まだ貨物輸送が行なわれていたことが判ります。この頃あまり貨物列車に興味がなかったので、列車も、使われていたED5100形の写真もありません。
Img235
モハ1102は日車で車体を新造した1100系3両の1両で、通常は編成の中間に入っていたため、顔を見ることができない車でした。1100系も東急車の導入で淘汰されたのですが、車体が新しいため、2両が豊橋鉄道に譲渡されました。このモハ1102も後に伊予鉄道に譲渡されました。
 
【3月14日】
長野から帰った翌々日には東北方面に行っています。
Img238
岡本・宝積寺 325D キハ11 81
この日は首都圏から仙石線に転属する103系の回送を撮影することが目的で、宝積寺で降りました。岡本方に向かう途中で、烏山線からの乗入れ車が来ました。
Img239
Img245
岡本・宝積寺
本命の回送列車を待つ間、58系の多層建急行(1101D)や、485系特急(1032M)等がやってきました。
この後、3月17日まで、仙石線を撮り歩きました。(→b1hanabusa.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-c147.html

【3月31日】
仙石線から帰った後、引っ越しの準備に追われ、あまり撮影していませんが、唯一末日に引っ越した先の建物の屋上に上ったところ撮れたのが・・・。
Img472
神領電車区
ここには約6年居ましたが、この後はあまり撮影していません。今は撮影した建物は取り壊され、また電柱が林立するところはすっかり家で埋まっています。せっかくの眺めだったのに、ほとんど撮っていないのが今となっては悔やまれます。
この年の4月に愛知県に移住し、新天地で新たな活動に勤しむことになります。(検査掛)

|

« 改元を前に | トップページ | 585.2年ぶりの伊豆エリア海鉄 2019/4/21 »

検査掛」カテゴリの記事

コメント

まもなく「令和」がスタートします。これで「昭和」は2世代前の時代となってしまいます。検査掛様がお得意とされているこの手の昭和の記録、撮っているようで撮っていないものが多いので、今後、ますます貴重な記録となるものとおみます。このシリーズ、楽しみにしております。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2019年4月22日 (月) 18時55分

貴重なイレギュラー列車の記録、大変興味を持って拝見しました。年月が経てば当然かもしれませんが、臨時列車に限らずどの列車も今となっては貴重なものばかりで、いつも多方向から撮られている検査掛様の記録画像には頭が下がります。40年前の画像ならなおさらですね。今後の「国鉄時代」シリーズの蔵出し画像を楽しみに待っています。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2019年4月24日 (水) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 改元を前に | トップページ | 585.2年ぶりの伊豆エリア海鉄 2019/4/21 »