« 584.桜鉄2019 4号車 【まさかの消化不良に終わった桜鉄】 2019/4/11・13・14 | トップページ | わが国鉄時代 -1979年3月ー »

2019年4月19日 (金)

改元を前に

改元日の平成元年1月8日、まさかこの日が平成の初日になろうとは考えもせず、自分と電車運転士様、大学の後輩クンの3名は悪天候にもかかわらず某初詣きっぷを駆使して福井県の京福鉄道まで撮影に出かけていました。その証拠に↓をどうぞ。

181

日中はしっかり沿線でテツ活動をこなし、夜は某商業施設から福井鉄道線を見下ろしてカメラを向けました。本来ならもっと賑やかなはずなのに、街は静かな夜を迎えていました。この日は昭和天皇の崩御に伴い、世間は自粛ムード。こんな日でも粛々とダイヤどおり運行する公共交通機関の強い使命を感じました。

182

まさか己の人生に於いて二度も改元の日を経験することになろうとは・・・。歳をとった証拠でしょうね(泣)。今回は次のような出来事から平成の思い出を振り返りました。
 

138

平成18年4月22日(日)、愛知県一宮市の138タワーパークで全国「みどりの愛護」のつどいが催されましたが、このときは皇太子殿下が会場を訪れました。なにしろ皇族の方がわが地元の近くまでお越しになることなど二度とないかもしれないと思い、家内を連れて一宮市光明寺町まで足を運び、催しが終わって帰途に就くところを沿道でお見送りしました。
 

90011

その約1か月後の5月21日(日)、今度は天皇皇后両陛下が岐阜県下呂市で催された全国植樹祭にご臨席されました。テツ的観点から見れば、当然気になるのはお召列車の運行です。植樹祭前日の20日(土)は名古屋発下呂行9001D。まず出区前のお召編成をカメラに収めようと向野橋に行きました。そこでは本務編成と予備編成が縦列でスタンバイ中。傍には警備員が見張り、編成の右側にはキハ85が8両編成でしっかりとカムフラージュするなど、厳戒態勢が敷かれていました。
 

90012

お召し列車の撮影は長森付近の築堤にて。日章旗の掲出はありませんでしたが、期待するのは野暮。太陽は雲の中だったのでどのポイントでも良かったのに、この立ち位置はかなりの選択ミスでした。撮影後すぐ列車に目を向けて両陛下のお姿を求めましたが、よくわかりません。席を立たれてお手を振っておられる方が目に留まりましたが、もしかしたら天皇陛下のお姿だったのかもしれません。
  

9002

翌21日の復路9002Dの撮影場所は古井駅前。同駅で運転停車するとの情報を得たので、今度は家内と母親を連れて両陛下をお見送りに出かけました。大勢の人混みからなんとか撮影したく思い、警備員に脚立を使う旨の承諾を得て、いよいよお召列車が入線です。
 

Kobi

小さな駅前広場から上り列車を見通すことができる“隙間”の位置に、ちょうど両陛下のお座席が停まりました。こうなるように列車の停止位置を予め調整されていたのでしょうか、ただの偶然でしょうか?僅かな停車時間に幾つか撮影しましたが、残念な事に外の景色が窓に反射して車内の様子がはっきりと写らず、一番まともだったのはこの画像のみでした。なお掲載するにあたり大変恐れ多いですが、多少の修正を施して両陛下の表情が少しでもお分かりいただけるようにしましたことを何卒お許し下さい。
 
このように僅か1か月の間に両陛下と皇太子殿下が相次いで東海地方を訪れ、その両場面に出会えたのは平成時代の貴重な経験のひとつとして留めておきたく思います。一方、まるで新年を迎えるかのように、新たな元号の祝賀ムードが徐々に高まりつつあります。ハメを外し過ぎて諸外国に笑われないように、ほとほどにしてその瞬間を過ごしたく思います。(出札掛)

|

« 584.桜鉄2019 4号車 【まさかの消化不良に終わった桜鉄】 2019/4/11・13・14 | トップページ | わが国鉄時代 -1979年3月ー »

出札掛」カテゴリの記事

コメント

 いよいよ平成の時代が終わりを告げますね。ブログの調子が良ければ、「平成時代の思い出のシーン」などをメンバーの方に出していただきたいところですが、現在の状況ではまだまだそれができる環境になさそうです。お召し列車は、鉄道事業者が運行する最も厳粛な列車でしょうが、やはり日の丸がついていないと雰囲気がもうひとつですね。昔の1号編成の復活はないでしょうが、もう一度、見てみたいなぁ、と思ったりもします。(駅長)

投稿: 駅長 | 2019年4月20日 (土) 08時11分

生きているうちに2回も元号が変わる場面に巡り合えるとは夢にも思いませせんでした。平成の初日は昭和天皇が崩御され、世の中には自粛ムードが漂う中、不謹慎だったかもしれませんが、前々から予定していたこともあり、予定どおり鉄活動をしてしまいました。この時メインに撮影した永平寺線はすでになく、京福電鉄もえちぜん鉄道に社名が変わり、大きな変化がありました。広告照明も自粛された関係で夜景を撮ったものの、寂しい感じになってしまいました。キハ85のお召も日の丸の掲出はなく、普段とあまり変わらない姿だったので、話題になることは少なかったように記憶しています。それでも連結器の銀色ペイントとホロ枠を外した姿がちょっぴりお召を主張していたと思っています。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2019年4月22日 (月) 19時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 584.桜鉄2019 4号車 【まさかの消化不良に終わった桜鉄】 2019/4/11・13・14 | トップページ | わが国鉄時代 -1979年3月ー »