« 2019.3.24 近江鉄道近況 | トップページ | 582.桜鉄2019 2号車 【西濃エリアの桜を駆け足でめぐる】 2019/4/6 »

2019年4月 8日 (月)

2019.3.30 長崎電軌さよならパレード運行

 かつて長崎電気軌道は広島電鉄同様、廃止となった他都市の車両を譲受し旧型車を置き換えて運行していましたが、近年の機器流用の車体新造や純新車の導入に伴い他都市からの譲受車は数を減らしつつありました。

 しかし各形式1両ずつは保存の意味合いを含めてかつての塗装に復元されイベント等で運転されており、今しばらく安泰だと思われていました。

 ところが今年に入って元小田原の151号・元都電の701号・元仙台市電の1051号の3両が今年度限りで引退とのニュースが飛び込んできました。

 3月9日・16日・23日にはそれぞれの車両のさよなら乗車会が開催され、年度末ギリギリの3月30日には撮影会とさよならパレード運行とさよならアンコール運行が開催されるとのことで、急遽長崎まで飛んで行ってきました。

 3月30日の午前中に行われた撮影会はインターネットでの事前申込制で告知後あっという間に満員となってしまい残念ながら参加は叶いませんでしたので、14:00に浦上車庫発で行われるさよならパレード運行に的を絞って撮影を敢行しました。

 パレード運行のコースは浦上車庫前~長崎駅前~蛍茶屋までですが、3両並んでのパレード運行は途中市民会館までと告知されていたため3両が1画面にうまく収まるところはどこかと考えた結果、浦上駅前の歩道橋に的を絞り通過時刻の1時間半ほど前から待機してその時を待ちました。

Dsc_2666b

  いよいよ3両が姿を現し徐々に近づいてきたのですが、なんと先頭の151号と701号の間隔が開きすぎてしまい間隔が乱れ、うまく車両の正面が3両とも抜けることなく目の前を通過してゆきました。

 気落ちしながらもすぐにタクシーをチャーターし、沿線で桜と絡められる市民会館へ先回りしました。

Dsc_2697b

 桜もなんとか八分咲きとなっており、うまく桜とのコラボの撮影が出来ました。

 

Dsc_2705b

 701号の時もバッチリ抜けました。

 

Dsc_2709b

 1051号の時は対向電車は迫ってくるし、自動車も前を横切るためちょっと厳しいアングルとなってしまいました。

 

Dsc_2712b

 この市民会館からは通常運行車両の合間を縫って蛍茶屋まで向かうため、電停部分で一旦3両が並び順次出発してゆくので、後追いですがきれいに3両が入る写真が撮れました。

 この後、蛍茶屋からの戻りは1両ずつ他の営業車の合間に戻ってくるので、順光となる市民会館の交差点で撮影。

Dsc_2819b

 合間には先日デビューしたばかりの5003号もキャッチできました。

 この市民会館交差点には多くの同業者の皆さんが集結し、顔見知りにも多く出会いましたが、やはり遙か九州の地と言うこともあり、東京・大阪・名古屋のさよなら運行とは違う非常にまったりとした雰囲気の中での撮影となりました。【施設区長】

|

« 2019.3.24 近江鉄道近況 | トップページ | 582.桜鉄2019 2号車 【西濃エリアの桜を駆け足でめぐる】 2019/4/6 »

コメント

九州遠征お疲れさまでした。これだけの役者がそろうとなれば行くしかないですよね。長崎電軌も知らないうちに車両の世代交代が進んでいるようで、顔ぶれが随分と変わっているんでしょうね。桜とのコラボ、羨ましく思います。パレードの陣取り合戦は大変だったと思いますが、無事の捕獲おめでとうございます。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2019年4月 9日 (火) 17時02分

うわぁ、長崎行かれたのですね。発表された当初、いろいろと画策したのですが、3月は岡山、北海道に遠征した手前もあって、単独行は認めてもらえませんでした。30日に長崎市内で午後フリーになる観光ツアーを見つけて申し込んだのですが、とき遅し。キャンセル待ちに期待を込めたのですが、結局不発に終わりました。天気も良く、桜も咲いて素晴らしい機会でしたね。ゲットおめでとうございます。(検査掛)

投稿: 検査掛 | 2019年4月10日 (水) 23時44分

ええっ、このような催しがあったのですか。それより、このような貴重な車両が原色で動態保存されていたことすら知りませんでした。かなりの混雑だったことと思いますが、しっかりと収穫を得られ、遠征した甲斐があったのではないでしょうか。また、今日まで維持されてきた事業者様の努力には、ただただ感謝ですね。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2019年4月11日 (木) 22時38分

 遠征、お疲れ様でした。撮影会の入場券が手配できれば行きたい、と思っていましたが、瞬時になくなってしまったようで、遠征は取りやめました。聞くところによれば、あとからも手配できたようですが・・・。近江鉄道にしてもしかりですが、折角、ここまで残したのですから、廃車解体は残念ですね。一番の理由は、5000形増備による車庫線の確保が目的らしいですが。でも、残念です。(駅長)

投稿: 駅長 | 2019年4月14日 (日) 10時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019.3.24 近江鉄道近況 | トップページ | 582.桜鉄2019 2号車 【西濃エリアの桜を駆け足でめぐる】 2019/4/6 »