« 555.穏やかな初秋の1日鉄活動 2018/9/23 | トップページ | DEとED »

2018年9月24日 (月)

三色団子を目指して

しなの鉄道で23日に運転される115系3色9両編成団臨の撮影に、検査掛様からお誘いを受けました。家の都合でバタバタしていましたが、けっきょく参加することになり、検査掛様の車に便乗させていただくことになりました。なお今回は検査掛様からブログ記事の代筆を依頼されましたことをご了承ください。

◆シキ

001 行きがけの駄賃です。このところ頻繁に変圧器が東京→松本まで輸送されております。松本着はたいてい日曜日の早朝。23日もやはり運転されるようなので、しなの鉄道へ向かう前に中央東線みどり湖の築堤に立ち寄り、某SNSで目にした画像をマネてみました。

◆189系
18911_2 次の駄賃です。前夜発で運転されたムーンライトの返却回送を狙うため聖高原に寄りました。ここでは定番のカーブが有名ですが、自動車道交差下のポイントがイエローカーペット状態ならそこで撮りたいと思っていたので、検査掛様にご無理を言って叶えていただきました。当地に着いたのは通過の40分前。あら、同業者はだ~れもいません。それもそのはず、太陽は列車の真正面に位置しているので編成の側面には陽が当たらず、これには読みが甘かったようです。どうせなら曇ってほしいという願いが届き、ご覧の通りとなりました。

1892 追いかけて姨捨公園のハイアングルからカメラを向けました。太陽を遮る雲も少なくなり、今度はキレイな順光写真。

1893稲荷山ストレートで仕上げです。収穫後のハサ掛けが目に付いたので、混み合っている定番のお立ち台は避けて待ち構えました。聖高原、姨捨を含めて周辺はちょうど収穫の時期を迎えており、黄金色の稲やハサ掛けが混在する風景を各所で目にします。

◆115系1本目その1

01 1本目の115系は戸倉発小諸行。2色6両で出発し、上田では3色9両に組成されるため36分間停車するので、まずは上田の手前から撮影開始です。ここでは50名強の同業者が集結し、その異様な光景に地元の方々も「何事だ」とカメラやスマホを取り出して、115系にカメラを向けていました。

◆その2

02 続いて9両となった編成を狙います。小諸以西では、長編成がきれいに収まるポイントとなると、ここぞといった撮影地がなかなか思いつきません。Google Map等で目星をつけても雑草や先客に阻まれる始末で、時間もタイトだったので辛うじて辿り着いたのがココ。う~ん、太陽にも裏切られ消化不良でした。

◆2本目その1

03 撮影地を探している余裕もないので、西上田まで戻って小諸から折り返して来る屋代行を狙うことにしました。収穫前の稲穂がアクセントを添えてくれたので、背後の建物には目をつぶって下さい。

◆その2

04 屋代行は戸倉で34分間停車するので、事前に下見しておいた場所まで先回りしました。後部が抜けませんでしたが承知の上です。ここでも黄金色の稲穂に癒されました。

◆3本目

05 3本目となるラストの行程は屋代発戸倉行の短距離列車。検査掛様の発案で俯瞰場所から撮ることにしました。晴れてしまうと編成側面がつぶれて台無しになる場所ですが、幸いにも曇ってくれてありがとう(笑)。

◆重単

64 戸倉駅ではなんとEF64を重連で展示するという気の入れようです。しかし展示時間は、115系団臨の停車中に見物できるよう配慮されたのか、僅か13:56~14:30のみ。もしかしたら展示を終えた後は即返却されるのではと、115系撮影後しばらくスタンバイしていたらロクヨンのホイッスルが鳴り、やがて予想通り現れました。この組み合わせ、やはりJR貨物の・・・??
以上で115系団臨関連の全行程は終了です。時刻はまだ15時過ぎですが、ほかにネタも思いつかず、暗~い曇り空になってきたのでこれで撤収、帰路に就きました。
 
今回の撮影行で多くの事を“学習”することができましたので、もしも上田・小諸方面に再訪する企画があれば、より充実した収穫が得られるようプランを練りたく思います。検査掛様に於かれましては、長時間の運転をお任せし、また一部で小生のわがままを聞いていただき、感謝申し上げます。(出札掛)

|

« 555.穏やかな初秋の1日鉄活動 2018/9/23 | トップページ | DEとED »

「出札掛」カテゴリの記事

コメント

今回は直前のご連絡にもかかわらず、ご同行頂きありがとうございました。おかげさまで、知らなかったシキ輸送も撮れましたし、189系の回送も定番とは違った場所を選択できました。また、ナビ役をしていただくことで、改めてロケハン出来て助かりました。1本目、2本目いずれもその2はその賜物です。途中から曇ってきてしまいましたが、最後の俯瞰を考えれば、結果よしと思います。お疲れ様でした。(検査掛)

投稿: 検査掛 | 2018年9月24日 (月) 17時55分

検査掛様、行こうか行くまいか躊躇していたところ、お誘いをいただきありがとうございました。SNSにアップされた9両編成の画像を拾い集めましたので、今後の参考になればと思います。帰りの渋滞には疲れましたが、あの手段を使えば回避できるので、これに懲りずにまた長野遠征の機会があれば宜しくお願いします。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2018年9月24日 (月) 19時07分

長野エリアに所縁のあるカラーを揃えた115系の3色団子、しなの鉄道ならではの企画ですが、新潟エリアでもやってくれるとうれしいです。EF64の飛び入り参加にはビックリしました。第2弾・3弾の企画を期待したいです。しばらくはしなの鉄道から目が離せないですね。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2018年10月 1日 (月) 02時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/67202400

この記事へのトラックバック一覧です: 三色団子を目指して:

« 555.穏やかな初秋の1日鉄活動 2018/9/23 | トップページ | DEとED »