« 552.朝な夕なに この夏の朝練・夕練・その他 総まとめ 2018/7・8 | トップページ | 懲りずに189 »

2018年8月24日 (金)

2018年夏 しなの鉄道北しなの線に115系を訪ねて(2)

懲りもせずまた115系です。o(_ _)oペコッ

7月に引き続き、家族事情により再び8月17日~20日長野に行くことになっておりました。
今回はチョコチョコ用事があり(というか、用事の間がフリータイム(*^-^))、前回のように遠出するワケには行かないので、拠点からせいぜい20km圏内の移動でガマンです。

Dsc_0463到着した17日。
この日の北しなの線は、スカ色のS16編成と初代長野色のS7編成。まず私の定番撮影地で318MでS7編成をゲット。このカットからは晴れのように見てとれますが、背中には黒い雲があり、いつマンダ~ラになってもおかしくない日でした。このあたりの稲穂はまだ穂先がまっすぐ天を向いている状態でした。

Dsc_0481322M
先月絡めたヒマワリはほとんどが終わっていましたが、背の高いこの1本だけガンバっていました。築堤の草刈りが進んで、だいぶ撮りやすくなっていましたが、スカ色が来たときバックの山に雲の陰が来てしまいました。S16編成はこの後、東しなの線に行ってしまいます。

Dsc_0493325M
さらにあたりを探すと、家と家の間に元気なヒマワリが咲いていたので、標準色を撮りました。

Dsc_0507327M
一旦入区したS7編成が戻って来るので撮影場所を探していたのですが、時間切れでここへ。肝心のりんごはまだ青く全く目立ちません。

Dsc_0517328M
S7編成の折返しは再び定番で。こちら側の草刈りはイマイチで、しかもめまぐるしく陰陽が入れ替わり、結局ご覧のように撃沈。この日はこれで撤収です。

Dsc_05848A
翌18日は北しなの線にはイロモノ115系は来ないので、基地の出発もいきおいゆっくりとなってしまいました。珍しくほとんど雲のない快晴で、遠く北アルプスの峰々までハッキリ見えたのですが、如何せん北しなの線は標準色ばかりなのと
、家事都合の関係で、長野電鉄へ。稜線のハッキリした黒姫山をバックに1000系が長野に向かいます。

Dsc_0585

1101S?
元JR253系の2100系まで待とうと思っていたら、不意に「のんびり ゆけむり号」スジでやって来ました。今度は妙高山を入れて横位置で撮りましたが、1000系共々この塗色は目立ちます。
この後一旦北しなの線に行きましたが、さすがに午後になると北アルプスも薄れてきたので、諦めました。

Dsc_0653127D
19日は夕方まではフリーなので、予てから一度狙ってみようと思っていた立ヶ花橋へ行ってみました。どうにか2両分くらいは抜けますが、線路の手前には道路があり、ダンプも頻繁に通るので、結構気が気ではありません。また、右サイドには道路橋があり、これが目一杯といったところです。左側にはどうしても北陸新幹線の橋の一部が入り込んでしまいますが、致し方ありません。

Dsc_0656少し駅に近いところにもう一か所抜けるところもありますが、すぐ上に道路橋があり、上がこのように窮屈になってしまいます。

Dsc_0661124D
上り列車は対岸の堤防に行ってみました。線路際に草がないのはせいぜい3両分くらいで、しかも道路標識などがあり、すっきり抜けるのは2両がいっぱいいっぱい。ほとんどの列車が2両編成ですが、125D~124Dは4両でした。

Dsc_0675_2128D
1時間半後の列車です。光線が廻ってきました。

Dsc_06818141D
2時間待ったのはこの列車のためです。やはり、赤とクリームを基調とした塗色はこの季節には映えます。

Dsc_0689325M
この日の115系1運用はコカコーラ色の予定でした。まだ撮ったことがないので、8141D撮影後速攻で北しなの線に移動したのですが、驚いたことにカーブから姿を現したのはスカ色のS16編成でした。

Dsc_0701_2326M
せっかくなので追いかけました。折返しは定番に行ってみました。幸い黒姫山もしっかり姿を見せてくれていました。この変更を知ってか知らずか同業者は5人程いました。

Dsc_0712327M
牟礼で交換してやってくるのは沿線キャラクターラッピングのS2編成です。沿線の草の高さから俯瞰が無難と考え、ここに来ました。S16編成が戻って来るまで1時以上ありましたが、惰眠をむさぼってここで撮りました。

Dsc_0732332M
山は大変良く見えていたので、S16編成の戻りを妙高山バックに狙おうと思ってここへ来ました。踏切を挟んでしまいますが、いろいろの邪魔物を隠すピンポイントの位置です。

Dsc_0745337M
定点撮影地で撮ってタイムアップとなりました。

同じ地域にいたにもかかわらず、2日を上手に時間を使われた電車運転士様と、3日漫然と過ごした私とでは成果は歴然の差ですね。反省です。また、どうしても、という気持ちに欠けたせいかコカコーラ色も撮ることができませんでした。またリベンジをしなければならなくなりました。しつこい115系の登場、失礼しました。(検査掛)


































|

« 552.朝な夕なに この夏の朝練・夕練・その他 総まとめ 2018/7・8 | トップページ | 懲りずに189 »

「検査掛」カテゴリの記事

コメント

夏でもここまで山容がはっきり見えるとは思いませんでした。115のリバイバル塗装と絡められて大きな収穫だったことと思います。しなの鉄道の運用公開は本当にありがたいですが、やはりイレギュラーが発生するのですね。撮影ポイントが豊富な北線ならどんな編成が来ても構いませんがゲリラ雲は避けたいものです。飯山線と掛け持ちすると休憩する暇もなさそうなエリアですが、久々に足を運んでみたく思います。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2018年8月24日 (金) 18時59分

このエリアに精通していらっしゃる検査掛様ならではのムダのない活動で、大きな成果があったことと思います。新潟エリアと合わせて115系図鑑ができそうな感じです。しなの鉄道も置き換え計画が発表されたので、混み合う前に稼いでおかなければと思いました。

投稿: | 2018年8月25日 (土) 15時23分

 さすがに信濃路は景色が良いですね。115系がなくなる、といってももうひとつ撮りたいという意欲が希薄ですが、この風景なら撮ってみたい、と思わせるものがあります。長野電鉄も2000系がなくなってからまったく関心がありませんでしたが、1000系も2100系も赤色基調でかなり存在感がありますね。何時までも2000系の思い出に浸っていては何ともなりませんので、機会があれば、美しい風景の中で、こうした車輌でも狙ってみたいと思わせてくれます。(駅長)

投稿: 駅長 | 2018年8月25日 (土) 16時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/67081770

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年夏 しなの鉄道北しなの線に115系を訪ねて(2):

« 552.朝な夕なに この夏の朝練・夕練・その他 総まとめ 2018/7・8 | トップページ | 懲りずに189 »