« 早起きは4本の得 | トップページ | さようなら「丸栄百貨店」 »

2018年6月 3日 (日)

梅雨が来る前に

      ♪~ 梅雨が くるまえに
         もういちど あの汽車と
         めぐりあいたい~ ♪
   (フォークソングに非ず)

101 日曜出勤の振替となった6月1日(金)、さて貴重な平日休みに何を撮ろうかと前日からあれこれ模索していたら、EF510牽引の4084レに銀カマ充当で、ハイ、決まり!快晴の朝を迎えた木曽川へと向かいました。思っていたよりもギラリ度が強かったようです。まあ許容範囲でしょうと撮影後の画像を確かめると、空一面にノイズのような斑点が付いています。うかつでした・・・これすべてカメラの周囲にまとわる蚊の大群。風もなく高めの湿度に加えて適度な気温の空気に太陽の光が差し込むと、人や車の周囲に蚊の大群がブワ~と寄ってきてこのような有り様となりました。

102 夏季は滅多に運転されない中央線の注目貨物6883レが、なぜか今年は初夏に入っても設定されています。最近の履歴によると金曜日は運転される確率が高く、しかも機関車のローテーションから推測すると、この日は原色機が先頭に就く可能性もありそうです。というわけで上述の4084レ撮影後、ヤマを張って中央線を目指しました。今の時季しか撮れない6883レ向け季節限定撮影地にこだわった結果、ここで撮影することにしました。通過15分前までは背後から伸びる木の影が画面下に写っていましたが、徐々にフレームアウトして初夏らしいシーンを撮ることができました。欲を言えばギリギリ順光の光線状態。5月ならもう少しマシだったかも。

103 夕方になっても雲一つない快晴の空です。梅雨入り前の貴重な晴れ間を有効活用しましょうと自宅の近所を走る名鉄犬山線布袋ー石仏にてぶらりとスナップ。岩倉以北では夕方の名市交車乗り入れ運用は平日しか撮れないので、それに合わせて出撃したら偶然にも唯一の混合編成3159Hが来ました。

104 陽が傾いて建物の影が迫ってきたので、水鏡+夕日ギラリを流し撮りで収めて帰宅しました。おっ、混色編成だった。

201 翌2日(土)も朝からよく晴れそうな予報。では夏季限定テツ活動の一環として、笹島にて早朝に連続でやって来る貨物列車を狙いましょう。その1本目は凸運用が継続されている関西線2083レ。

202 ここでは偶然にもお会いした駅長様としばし時間を共にしました。駅長様の記事と重ならないよう、コチラは4084レを載せます。JR東日本出身のブルトレ塗装機はなかなか映えず、露出不足気味です。最近JR-F機の塗装の合理化が進む中、この青塗装はしばらく現状維持のようですが、いつ環境が変わるともしれないのでしっかり記録しておきたく思います。

203 この日は373系の臨時急行「家康公祭り」が名古屋ー浜松間で1往復運転されました。大垣から名古屋へ回送中のシーンを清州にて狙いました。それにしても373系のHMの寸法ですが、デザインやバランスの都合上とはいえ、もう少し大きくならなかったのでしょうか。

204 さらにもう1本の臨時急行は高山線「ぬくもり飛騨路」。今シーズンは土曜日発往路のみの片道運行ですが、なんと稲沢貨物線経由という“狙った”かのような行路です。よって、ショッピングついでにこんな場所から失礼しました。名古屋管内で一日に2本もの臨急が走るのも、偶然とはいえ珍しいことです。

205 稲沢では赤ホキ5780レの運用に就いた無印ロクヨンを撮りました。わざわざ狙いを定めて撮る機関車とは思いませんが、「ぬくもり飛騨路」撮影の流れからと、花がきれいに咲いていたので。

206 この日も夕方までしっかりと晴れ渡っているので、やはり無駄にしたくありません。目撃情報によると、どうやら上りのドクターイエロー「こだま」検測が運転されているようです。通過予想時刻は「のぞみ」スジより遅めなので、こんな時でもないと撮れないと思い、さっそく行動に移しました。予めGoogle Mapで目星を付けておいた場所に辿り着くも期待は外れ、しかし代替地を探す時間もなかったので足元の田圃を入れて苦し紛れのアングルをお許し下さい。

207 曇る気配が全くなかったので、続いて名鉄電車の夕暮れシルエットにトライしました。ここは、線路の方角と陽が沈む方角から、夏至の頃なら最適な条件を得られるかもしれないと以前から着目していた場所です。列車の窓はほぼ遮光されて、築堤の向こうには木々が伸びて綺麗に抜くことはできませんが、ほぼ想定内でした。

301 そして翌日曜日、あのロクロク27号機が早朝に来名し、日中の岐阜ターミナル往復運用に入るようなので、懲りずに出撃しました。普段は走行写真ばかりなので、今回は趣向を変えて岐阜(タ)ならではのシーンも狙ってみようと企みました。まずは金華山バックに岐阜(タ)に進入する2071レを。

302 機関車はすぐ切り離され、編成の反対側に機回しされます。こちらも機関車の動きに合わせて東端に移動して、組成作業をカメラに収めました。岐阜(タ)での撮影のしやすさも手伝ってか、周辺には多くの同業者が知らないうちに集まりました。27の人気の高さがうかがえます。

303 復路の2070レは陸田陸橋にて撮りましたが、あらら、編成の前半はほぼスカコキ状態で、しかも片目が切れている・・・なんじゃこれ?まぁめったにない事象なので目くじらを立てずに受け入れましょう。

入梅前の好天気とはいえ、遠征したわけでもないのに、よーけ撮りましたねっ。あー疲れた。(出札掛)

|

« 早起きは4本の得 | トップページ | さようなら「丸栄百貨店」 »

「出札掛」カテゴリの記事

コメント

 土曜日は朝早くからお疲れ様でした。それにしても、毎日、朝早くから精力的に回られていますね。(^_^;)
 木曽川の早朝は、蚊の大群が邪魔をするのですか。(T_T)カメラにも写り込むなんてビックリです。
 日曜日の6627の貨物は、カラコキばかりで残念でしたね。日曜以外にこの運用に入ってくれれば良かったのに・・・。残念。(駅長)

投稿: 駅長 | 2018年6月 3日 (日) 21時17分

貨物列車・M社・臨時急行・新幹線と広範囲な鉄活動お疲れさまです。これだけ幅広い活動は出札掛様ならではと思いながら拝見させていただきました。朝練が続くと寝不足から体調を崩すおそれもありますので、お互い無理しないよう、これからやってくる梅雨を乗り切りましょう。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2018年6月 4日 (月) 12時59分

いつもながらポイントを押さえた撮影、出札掛様の面目躍如といったところでしょうか。自宅から出掛ける方向を決めるとなかなか他に移動できない私には羨ましい限りです。JRCも臨時急行なるものを走らせているのですね。全く失念していました。せっかくの特製HMですが、373系電車や85系気動車の貫通路ではよほど接近しないとわからないですね。まぁHMの大小に関しては、好みの問題かもしれませんが・・・。(検査掛)

投稿: 検査掛 | 2018年6月 6日 (水) 18時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/66791305

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨が来る前に:

« 早起きは4本の得 | トップページ | さようなら「丸栄百貨店」 »