« 振り回された朝 | トップページ | 板×板 @養老鉄道 »

2018年6月17日 (日)

546.三河エリアの梅雨花めぐりと三岐鉄道の紫陽花再び 2016/6/16・17

 この週末の天気予報は全体的に曇り基調、梅雨の季節に晴れの天気は期待薄ですが、紫陽花に代表される梅雨花目的なら晴れでなくてもそれなりに絵になるだろうと思い、16日は三河エリアの目ぼしいポイントをめぐってきました。翌17日は前週運休が多く消化不良に終わってしまった三岐鉄道の貨物列車と紫陽花を再びということで、朝の時間限定でしたが、2週連続で足を運びました。

 

※撮影は616日の名鉄三河線・名鉄蒲郡線・名鉄名古屋本線・東海道本線、17日の三岐鉄道三岐線(電車運転士)




12_dsc038418616
 毎年訪れている蓮のポイントですが、今年も例年どおり咲いていました。順光になる午後は花が閉じてしまうので、朝方が勝負となります。朝は晴れると逆光になってしまうので、曇りの予報を信じて現地に向かいましたが、願いとは裏腹にバリ晴れの状況でした。おかげで電車の側面が黒潰れとなってしまいました。
【2018.6.16 名鉄三河線】


22_dsc039818616

 逆光の写真を量産しても仕方がないので、5087列車を撮るため、矢作川の堤防に移動しました。出札掛様がUPされたEF6627の運転状況は知る由もなく、まさか1時間ほど前にここを通過していたとは…。鉄活動の日は情報収集を怠ってはいけないですね。いつもこまめに情報チェックされている出札掛様を見習わなければと痛感しました。
【2018.6.16 東海道本線】

32_dsc041918616
 
 以前、こどもの国駅の線路沿いには紫陽花がありましたが、今はどうなっているのか様子見を兼ねて立ち寄ってみました。いくつかあった紫陽花の株はすべてきれいさっぱり刈り取られており、紫陽花の「あ」の字もありませんでした。気を取り直して海岸に出てみました。養殖用の生け簀を組み立てているのか、地元の方々が作業中でした。
【2018.6.16 名鉄蒲郡線】

42_dsc042618616

 
 別のところには潮干狩りを楽しむ人の姿も見えました。今回初めて知りましたが、海岸近くを走る線路沿いに植林されていた松の木が成長し、電車の右側の部分は成長した松の木が邪魔して側面が見えなくなってしまいました。その結果、シャッターの切り位置がピンポイントになってしまい、アングルに大きな制約を受けることになりました。なくなってしまった紫陽花と並んでダブルショックでした。

【2018.6.16 名鉄蒲郡線】

52_dsc047718616

 
 ここは初めて訪れた紫陽花ポイントです。10001200系のオリジナル色も半分を割り込み、出会える機会も目に見えて減ってきました。
【2018.6.16 名鉄名古屋本線】 

62_dsc051518616

 
 自分が知っている数少ない額紫陽花のポイントです。ちょうどいい感じの咲き具合でした。
【2018.6.16 名鉄名古屋本線】 

72_dsc054318616

 

 ここの額紫陽花は縦構図も対応できます。風景を大きく取り入れた場合はやっぱり写真写りのいいスカーレット色が好みです。
【2018.6.16 名鉄名古屋本線】

82_dsc063618617

 
 17
日の西武カラーは朝方のみの運用でした。よく見ると前週にはなかった電気連結器カバーが追加されており、より西武時代に近い姿になりました。三岐鉄道のこだわりと意気込みが感じられます。

【2018.6.17 三岐鉄道三岐線】

92_dsc068318617


 前週は3714列車をここで撮るつもりでしたが運休だったため、このアングルは3712列車で再挑戦しました。天気は曇り基調でしたが、この時だけは薄日が差してくれました。1週間後でも紫陽花の色抜けがなくてよかったです。
【2018.6.17 三岐鉄道三岐線】

 
112_dsc072318617


 3711列車はちょっと無理やり感がありますが、手前にいい色で咲いていた紫陽花を縦構図で入れてみました。この日のセメント貨物列車は3710列車から運転されていたので、本格的運転再開となったようです。夕方まで沿線に居座れば効率よく撮影ができるはずでしたが、この後家族運用が控えていたため、後ろ髪を引かれる思いで三岐鉄道を後にしました。
【2018.6.17 三岐鉄道三岐線】

|

« 振り回された朝 | トップページ | 板×板 @養老鉄道 »

「電車運転士」カテゴリの記事

コメント

紫陽花めぐり、お疲れ様でした。気になったのは蒲郡線のこどもの国駅の紫陽花消滅と海岸沿いの撮影ポイント消滅です。あまり大きな変化のない路線だとばかり思っていたので、この様な状態になっていたことにショックを受けました。反面、三河線の蓮の花は今年も拝められそう。まだ一度しか訪れたことがないので久しぶりにカメラを向けてみようかと思います。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2018年6月18日 (月) 19時09分

 梅雨空の中、紫陽花を求めての撮影、お疲れ様でした。三岐鉄道の紫陽花は過去に拝見していましたが、名古屋本線にも絵になる位置にあるのですね。関西線も含め、もう、今年のシーズンは終わってしまったようですが、また、来年の宿題とさせていただきたいと思います。(駅長)

投稿: 駅長 | 2018年6月24日 (日) 21時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/66840024

この記事へのトラックバック一覧です: 546.三河エリアの梅雨花めぐりと三岐鉄道の紫陽花再び 2016/6/16・17:

« 振り回された朝 | トップページ | 板×板 @養老鉄道 »