« 542.C56160最後の本線走行+寄り道各所 2018/5/27 | トップページ | 早起きは4本の得 »

2018年5月30日 (水)

543.1981年GW 信州撮り鉄行脚 5号車 【春の余韻漂う上田交通】 1981/4/30

 

 前年夏の訪問で自分的にはお気に入りとなった上田交通、この時もスケジュールに組み入れて再訪していました。ポイント的には先回のトレースが多くなっていますが、季節が異なるということでご覧いただければ幸いです。

 

 

 

※撮影は1981(昭和56)年430日の上田交通(電車運転士)

 

1281430_2 

 八木沢~別所温泉間の俯瞰ポイントで満開の山桜があったので、これを活用してみました。構図的にはちょっと窮屈な感じになってしまいましたが、GWに桜が咲いているとは思わなかったので、うれしい誤算でした。
【1981.4.30 舞田~八木沢】

2281430_2 

 山桜をメインにしたいと思い、立ち位置を変えてサイドから撮ってみました。いつもの悪い癖が出てしまい、電車がかなり小さくなってしまいました。
【1981.4.30 八木沢~別所温泉】

3281430_2 

 別所温泉方向を向くと朝ラッシュの仕事を終えたクハ253が引上線に留置されていました。本線との高低差を見ると別所温泉手前のこう配がかなり厳しかったというのがわかります。
【1981.4.30 別所温泉】

4281430 

 俯瞰ポイントを後に、上田方面に戻るかたちで徒歩鉄を開始、渋い雰囲気の八木沢に立ち寄りました。来たのは元富士山麓電鉄(現富士急行)のモ1型を前身とするモ4257です。八木沢はその後、元東急5000系のサハをクハ化したクハ290型導入の際にホーム延伸が行われ、雰囲気が変わってしまいました。
【1981.4.30 八木沢】

5281430 

 塩田平を行く丸窓電車のモハ5250型ですが、これだけ遠いと何の電車かわかりません。ここの広々とした雰囲気はお気に入りの風景のひとつです。
【1981.4.30 舞田~八木沢】

6281430 

 背景となる山に少し雪が残っていたので、それを入れようと正面がちに撮ってみました。古レールを背中合わせにした架線柱がローカル私鉄らしい雰囲気を演出しています。
【1981.4.30 舞田~八木沢】

7281430 

 先回も訪れた茅葺き屋根の農家ですが、半分がトタンで補強されており、雰囲気が大きく変わっていました。1年も経っていないのにこれは想定外でした。
【1981.4.30 大学前~下之郷】

8281430_2 

 大学前は近くに女子短大があるため、下校時には女子大生の姿が見られ華やかな雰囲気に包まれます。当時の髪型・ファッションスタイル・スカート丈に時代を感じます。
【1981.4.30 大学前】

9281430 

 夕方の列車はクハ273が連結されて2両になっていました。クハ273は東横電鉄の流線型ガソリンカーキハ1型が前身で、これを知った時は結構な驚きでした。中塩田は雰囲気のいい交換可能駅です。洋風の駅舎デザインは別所温泉と共通で、なかなかお洒落な感じで好感が持てました。
【1981.4.30 中塩田】

10281430 

 この日の最後は神畑となりました。いろんなポイントに長居しすぎたため、上田までたどり着くことができませんでした。夕方で比較的降車が多かったため、車掌が一生懸命集札に精を出していました。
【1981.4.30 神畑】

 今回の撮り鉄行脚はこれで終了となりました。列車は信州からの帰りにはいつも利用していた夜行の「きそ6号」です。当時は幹線のほか亜幹線にも各種夜行列車が運転されており、重宝していました。

 

|

« 542.C56160最後の本線走行+寄り道各所 2018/5/27 | トップページ | 早起きは4本の得 »

「電車運転士」カテゴリの記事

コメント

 丸窓電車が残っていた頃の上田交通ですね。良い雰囲気ですねぇ。この後、東急の5000形の制御車が入ってちょっと近代化されるのですが、それ以前は本当にローカル私鉄という良い雰囲気でした。雰囲気も良く、もっと通いたかったと今にして思いますが、この頃の地方私鉄は良い雰囲気のところがまだまだ他にもあったので、丸窓時代の上田交通を訪れたのも数回しかなかったかな。当時、もっと時間とお金が欲しかったですね。(駅長)

投稿: 駅長 | 2018年5月30日 (水) 21時27分

田舎をトコトコ走るタンコロ、癒されます。各方面に足を延ばせばこのようなシチュエーションが数多く存在していたはずなのに、そのようなシーンはほとんど撮っていないのが残念でなりません。
上田交通名物の丸窓について、車両は近代化されて作りモノ的な感がありますが、きちんと継承されていることに「名物」を大事にする上田交通さまの姿勢を感じました。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2018年5月30日 (水) 22時34分

全くのところ私にとって興味のなかったローカル私鉄に目覚めさせてもらったのが、この上田交通と言っても過言ではありません。もっともそれも東急5000系のサハが入線した後なので、既にモハ4257は見ることができませんでしたし、車両中心の撮り方で、ローカル私鉄の良さがわかるものも数少なく、残念至極です。電車運転士様や、駅長様は何度も上田交通を訪れられたとのことなので、今後の当ブログへのアップを楽しみにしております。(検査掛)

投稿: 検査掛 | 2018年6月 6日 (水) 19時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/66775851

この記事へのトラックバック一覧です: 543.1981年GW 信州撮り鉄行脚 5号車 【春の余韻漂う上田交通】 1981/4/30:

« 542.C56160最後の本線走行+寄り道各所 2018/5/27 | トップページ | 早起きは4本の得 »