« 521.「Super Blue Blood Moon」 2018/1/31 | トップページ | 正調記念列車 »

2018年2月 3日 (土)

赤熊始動

 駅長の記事には珍しく、旬の話です。(^_^;)

 赤熊こと、DF200が、2月より本格的に動き始めました。DD51もいよいよ先が見えてきたので、あわせて撮りに行くことにしました。

_5d48742_2
 まずは定番の海蔵川の鉄橋で。東側には雲があって撃沈かと思いましたが、なんと列車が来る直前に陽が差してきました。こんなこともあるんですねぇ。

_5d30974_2
 続いて、塩浜まで追っかけて、単機回送待ちのDD51とのツーショット。ウーン、さすがにDF200は大きいですねぇ。大人と子ども、というか、同じ36ゲージの車両とは思えません。とりあえずは、このカットが一番記録的な価値が高そうです。

_5d30999_2
 せっかく四日市に行ったのだから、臨港線の末広橋でも撮影。もう少し、離れて撮りたかったですが、船の並びからこの辺りが限界でした。

_5d48826_2

 関西線から離れて、三岐鉄道に転戦します。すっきりした写真の撮れるこの場所も、新名神の高架橋ができて、背景がうるさくなってしまいました。

_5d48875
 昼過ぎから薄曇りになってしまったので、あえて逆光サイドから撮影します。ここはまた、午前中に来ないと行けないかなぁ。

_5d48890
 三交色が走っていたので、北勢線でも撮影します。

_5d48905
 多度から木曽三川を越えて、最後は白鳥信号場。ホントは、ここの8075レが本命だったのですが、天候が曇ってしまってアウト。しょうがないので、8072レの前の8380レを撮影します。いつもはギラリの写真ばかりなので、ここで車体色のわかるカットは初めてかも。(^_^;)

 北海道から4両目が回送されてきたDF200。3月からは3機ぐらいが動き始めるでしょうから、今のDD51重連の列車がぜんぶ置き換わってしまうかもしれません。迫力あるDD51のタンカーを撮るのも、いよいよあと、わずかの時間かな。

 とはいえ、関西線は撮る場所が限られますからねぇ。さて、どこで撮りましょうか。(駅長)

|

« 521.「Super Blue Blood Moon」 2018/1/31 | トップページ | 正調記念列車 »

コメント

ずっと鳴りを潜めていたDF200、とうとう定期運用に入ってしまいました。先日、4両目が神戸の川崎重工に送り込まれましたので、3月ダイヤ改正後のDD51の去就が気になります。この冬はDD51を真剣に撮っておかなければならないですね。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2018年2月 4日 (日) 15時29分

遂に赤熊が本格始動ですか。昨年の今頃は国鉄色が・・・、と言っていたDD51ですが、形式消滅がいよいよ現実味を帯びてきましたね。正直なぜか力が入らないのですが、駅長様や電車運転士様のように、腰を据えなければならなくなってきました。(検査掛)

投稿: 検査掛 | 2018年2月 4日 (日) 21時16分

ついに赤熊登場ですね。凸との共演風景も今のうちなので、工夫を凝らしてカメラに収めたく思います。凸の合間には近鉄特急や三岐貨物などに転戦できるので、つい欲張りたくなります。損しないように、じっくりと狙ったものに集中して訪れたく思います。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2018年2月 4日 (日) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/66351076

この記事へのトラックバック一覧です: 赤熊始動:

« 521.「Super Blue Blood Moon」 2018/1/31 | トップページ | 正調記念列車 »