« 正調記念列車 | トップページ | 祝 愛知環状鉄道開業30周年 »

2018年2月 4日 (日)

祝 愛知環状鉄道開業30周年に寄せて

既に出札掛様がアップされているように、1月31日をもって愛知環状鉄道が開業30周年を迎えました。

Dsc_7275_2出札掛様とカブルので、本日2月3日の様子は北野桝塚出発前の開業記念列車の様子のみ、アップしておきます。入線時、行先表示は瀬戸口になっていましたが、その後メディアの依頼で、種別、行先が遊ばれていました。最終的には行先は白幕でしたね。

19881221988年1月22日 新豊田
出札掛様が開業日の様子をアップされていますので、私は開業直前のJRの定期列車と、愛環100系試運転の並びを。

1988122_21988年1月22日 高蔵寺
同じ日、開業前にマヤ検が入っていますが、高蔵寺は単線折返し配線になっているので、上りはナント推進運転(どこまでかは忘れましたが・・・)されています。

19881231988年1月23日
前日マヤ検に使用されたEF65 105と、DD51 791のプッシュプルによる岡多線最後の団体臨時列車(海ナコ和式)が運転されています。

さて、どうせならもっと遡ってみましょう。

1978816Dsc_7367本日は、フリー乗車券を購入したので、かつて70系を撮影した中岡崎に行って、極力同じ構図で撮影して、40年という歳月の差を比べてみることにしました。
まずは、下り列車の駅進入です。40年前には、路盤は複線用であっても、単線ですが、現在は複線になっています。(もっとも、高架橋が終わるあたりで、今も単線になりますが)。1978年にはほとんど緑に覆われていた線路の両脇もマンションや住宅が建ち、背景には郊外型の店舗も見られます。

1978816_2Dsc_7345続いて乙川のコンクリート橋を渡るところです。夏冬季節の違いもあり、川の水位が違うので、あまり変わっていないように見えますが、後ろの木が大きくなっていることが判ります。

1978818Dsc_7354さらに同じコンクリート橋を堤防沿いに真横から狙った場所です。現在、堤防上の道は川側が木や竹に覆われほとんど川を見ることができないのですが、幸いなことにこのカットの部分だけ開けていました。岡崎城は昔のまま見えるのですが、すぐ隣には高いマンションが建っており、電車の高さ以上の建物は見えなかったのに、多くの建造物が見てとれます。線路の架線柱にも電車の窓高さにケーブルが張られました。

豊田市周辺に比べると、40年の変わりようはそれほどではないかもしれませんが、それでもこの沿線の変化が愛環に寄与することが大きいのでしょう。
さらに10年後、20年後、同鉄道の発展を祈って止みません。(検査掛)
















|

« 正調記念列車 | トップページ | 祝 愛知環状鉄道開業30周年 »

「検査掛」カテゴリの記事

コメント

 愛環沿線の新旧対比、面白いですね。70系の時期にしっかり沿線を撮影されているのは、さすが検査掛さんです。場所によっては、まだまだ開業時の面影が残るところもある愛環沿線ですが、豊田市の辺りは随分変わってしまったのでしょうね。この辺りで撮影された写真があれば、拝見したいところです。(駅長)

投稿: 駅長 | 2018年2月 4日 (日) 09時54分

北野桝塚では発車までの待ち時間は葵武将隊が盛り上げてくれていたようですね。定点観測は興味深く拝見しました。70系電車やEF65のマヤ検は撮っている人が少ないと思われますので、貴重な記録だと思います。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2018年2月 4日 (日) 16時04分

某所ではお疲れ様でした。30年間の時を隔てての定点撮影オモシロいですね。沿線のめざましい発展が愛環鉄道を支えてきたことを思わせます。撮影するには余分な人工建造物は写らない方がよいのですが、こうした対比なら受け入れられそうです。
70系が新線を走るアンバランスなシーンや、貴重な列車の入線記録も楽しく拝見しました。ナコ座は関西線内で撮りましたが、無理をしてでも岡多線内で撮れば良かったなと後悔しています。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2018年2月 4日 (日) 23時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/66354317

この記事へのトラックバック一覧です: 祝 愛知環状鉄道開業30周年に寄せて:

« 正調記念列車 | トップページ | 祝 愛知環状鉄道開業30周年 »