« くまモン電車 | トップページ | 冬至のころ »

2017年12月17日 (日)

やじうま

良く言えば報道写真、悪く言えば「ただの野次馬」。

035_2 今さら説明するまでもないでしょう。滅多に目にすることのない珍景だからといって騒ぎ過ぎないように、ほどほどにしましょう。何しろ一歩間違えば大事故につながるところでしたから。

030_2 在来線12・13番線の端には野次馬対策として規制ロープと注意書きがありました。

051_2 個人的に注目したのはこのモーターカー。新幹線の事業用車については詳しく知りませんが、こんなにも目の前で見ることは二度とない・・・かな?

085_2 上り列車はすべて15番線発。数分間隔で同一ホームを発着するサマは、某大手私鉄の駅を連想させますね。

6801_2 上りホームの列車案内板です。14番線側はとうぜん無表示。当該編成も写っていますが、整備の都合で12と13号車間の幌が外されていることがわかります(一部画像を加工してあります)。

5601 N700の妻面にカメラを向けました。営業路線上では絶対目にできないことです。連結部にはアダプターのようなものが装着されています(一部画像を加工してあります)。

7101 今度はN700側からモーターカーを撮影しました。この角度から眺めると、色といい形といい、某私鉄のデキを少しだけ連想します(一部画像を加工してあります)。

日中のみならず、深夜にも及ぶ復旧作業に従事された方々には本当にお疲れ様です。それにしても、なぜもっと手前の駅で列車を運休できなかったのでしょう?定時運行を優先するがあまり安全面が置き去りにされ、その背景には何やら歪んだ事情が見え隠れしていそうな気がするのは考えすぎでしょうか。マーフィーの法則?当てはめたくはありませんが、福知山線事故のような大惨事が起きないことを願うばかりです。(出札掛)

【おまけ】

031_2 事故関連写真ばかりでは心が痛むので、中和しましょう。この日、ダイヤ上にない重単が突然通りかかりました。どうやら福山貨物56レを牽引してきたロクロクの折り返し運用で遅延の単571と思われますが、なぜかロクヨン、しかも広更色がぶら下がっていたので、つい得した気分になり画像を載せました。平凡なトピックスですがお許し下さい。この日は西でも東でも東海道本線の障害が発生して貨物の運行はガタガタだったので、その影響かもしれません。

|

« くまモン電車 | トップページ | 冬至のころ »

「出札掛」カテゴリの記事

コメント

やじうま=人間の好奇心の先に報道があるので、これもアリでしょう。自身時間はあるので、行ってみようかとも思いましたが、出札掛様がアップしてくださいましたので、十分状況がわかりました。最近、鉄道で様々なアクシデントが発生していますが、人手不足や、大手メーカーのデータ改ざんや杜撰な検査等々、ある意味日本社会の縮図のような気がして止みません。ITなどと言われていますが、実際に人間の五感によることの大切さを、立ち止まってもう一度考える必要があるのではないでしょうか。(ダイヤ通りに走ってほしい 検査掛)

投稿: 検査掛 | 2017年12月18日 (月) 08時54分

台車の亀裂、写真で見るとかなり深刻な状態のように見えました。重大インシデントに該当するというのもうなづけるような気がします。これによって新幹線の安全神話が崩れることのないように祈るばかりです。最近、各地で発生している鉄道トラブルがマスコミを賑わしていますが、高度に機械化・コンピュータ化されたシステムへの警鐘のような気がしてなりません。原点に立ち返って人間がかかわる役割というものを再認識する必要があるのかもしれません。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2017年12月24日 (日) 16時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/66167667

この記事へのトラックバック一覧です: やじうま:

« くまモン電車 | トップページ | 冬至のころ »