« 白鳥シルエット | トップページ | 【続】亀嵩への旅 »

2017年12月 4日 (月)

511.思いつくままに晩秋の風景をめぐる 2017/12/2

 北国では雪の便りも聞こえ、季節は確実に秋から冬へと進んでおり、名古屋周辺でも秋は終盤戦を迎え、晩秋の気配が漂っています。そんな中、最後の秋を楽しんでこようということで、とくにこれといったターゲットはありませんでしたが、思いつくまま名古屋周辺をめぐってきました。

 

※撮影は122日の関西本線・名鉄尾西線・中央本線(電車運転士)

 

_dsc98972_2

 

 冬至が近くなり、そろそろ矢田川グラデーションの時季になってきましたが、5263列車なら同様に日光川でもグラデーションが狙えるのではないかと足を運んでみました。矢田川のように真横構図というわけにはいきませんでしたが、それらしい雰囲気になったのではないかと思います。

【2017.12.2 関西本線】

 

22_dsc992617122

 場所を移動するのも面倒だったこともあり、8271列車も同じポイントに居座りました。通過が日の出直後で、ちょうど朝陽の床下抜きができるかと思いましたが、DD51では床下が目いっぱい詰まっているので、思惑どおりにはなりませんでした。
【2017.12.2 関西本線】

 

32_dsc995417122

 続いて黄色く色づいた銀杏狙いで尾西線に移動しました。残念ながら見頃はすでに終わっており、木によっては葉っぱが全部落ちて骨だけといった状況の木もありました。ここの3本の木だけは何とか葉っぱが持ち応えていました。
【2017.12.2 名鉄尾西線】

 
42_dsc996817122

 

 しばらく山崎周辺をうろついてみましたが、どの木も葉っぱが落ちて悲惨な状態になっている中、この木だけがかろうじて撮影に耐えることができる状態でした。地元に方に話を伺うと前日は風が強かったため、それで一気に葉っぱが落ちてしまったとのことでした。前の週に行かなかったのが悔やまれます。
【2017.12.2 名鉄尾西線】

 
52_dsc998217122

 

 尾西線の撮影をひと通り終え、木曽の方面を望むと御嶽や中央アルプスがクリアに見えていました。ここで8084列車のちょっとした宿題を思い出してしまい、時間的にも何とか間に合いそうだったので、一気に中央本線沿線まで広域移動してしまいました。宿題としていたのはこのポイントです。以前に出札掛様からヒントをいただいており、そんなに苦労することなく見つけることができました。
【2017.12.2 中央本線】

 
62_dsc000317122

 

 その後は帰りの道すがらで81列車を撮ろうと思い、国道19号線を南下します。今回は地上戦にしてみました。晩秋の気配が漂うなか、夕方の斜光線を受けながらいい感じでやってきました。コンテナが歯抜けだったのがちょっと残念でしたが…。
【2017.12.2 中央本線】

 
72_dsc001117122

 

 この付近では5875列車は81列車の約10分後に続行で追いかけてくるため、速攻でポイント移動しました。線路端のススキが逆光に浮かび上がるのと、背景のバイパス工事が逆光なら目立たないだろうということで、ここに直行しました。でき栄えは微妙な感じですが、ポイント移動に制約があるため、止むを得ません。
【2017.12.2 中央本線】

 

 

 

|

« 白鳥シルエット | トップページ | 【続】亀嵩への旅 »

「電車運転士」カテゴリの記事

コメント

あらら、凸シルエットはニアミスでしたか、失礼いたしました。日光川で5263がまだ撮れるとは思わなかったのでブログ記事の通り白鳥に行ってしまいました。川に映る朝焼けもこんなに美しくなるのならココにすればよかったです。
8084レはもしや「例の」場所でしょうか。自分もこのあたりをうろうろした時に「関係者以外立ち入り禁止」的な場所から見えそうなところがあったので、再度探してみます。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2017年12月 4日 (月) 19時55分

相変わらずの広域移動、またタイミングを逃さないところはさすがです。凸シルエットはセンスがないので撮る気にはなりませんが、他の撮り方は見習いたいものです。それより腰の重さを何とかしないと・・・。(検査掛)

投稿: 検査掛 | 2017年12月 5日 (火) 14時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/66117463

この記事へのトラックバック一覧です: 511.思いつくままに晩秋の風景をめぐる 2017/12/2:

« 白鳥シルエット | トップページ | 【続】亀嵩への旅 »