« ♪あ~夏休みぃ 1972年の東北旅行 | トップページ | 494.三岐鉄道で早朝鉄+朝陽ギラリの「MLながら」再び 2017/8/19・20 »

2017年8月17日 (木)

493.朝陽ギラリの「MLながら」と夏色全開の長良川鉄道 2017/8/13

 

 813日は久しぶりの朝からバリ晴れ予報。数少ない晴天を生かした鉄活動を行うべく早朝から参戦を企てました。急遽の決定だったので、遠征はままならず、残念ながら近場での活動となりました。

 

※撮影は813日の東海道本線・長良川鉄道(電車運転士)

 

 

12_dsc345917813

 最初に向かった先は朝陽ギラリの「ムーンライトながら」狙いの揖斐川堤防でした。予報どおりの展開を期待しましたが、なぜか朝陽が昇る東の空だけに大きな雲が鎮座し、ご覧のとおり朝陽ギラリは撃沈でした。「ムーンライトながら」の運転はこちらのエリア基準だと820日が最終日、自分のスケジュールを照らし合わせるとチャンスはもうないかもしれません。
【2017.8.13 東海道本線】

22_dsc348317813

 テンションダウンを引きずりながら次に向かったのは長良川鉄道です。730分頃に現地入りしましたが、天気は相変わらずのドン曇り、「この日の天気予報は何だったのか…」と文句のひとつも言いたい心境でした。それでも、900分を過ぎたあたりから太陽が顔を覗かせるようになり、徐々にやる気スイッチが入ってきました。2001列車ではとりあえず鮎釣り人を入れて撮ることができました。
【2017.8.13 長良川鉄道】

 

32_dsc350617813

 

32_dsc35091781

 深戸→赤池→美並苅安はちょうどラフティングのコースに当たっており、長良川鉄道とのコラボを狙いたくなるのは自然の成り行きです。ただ、ラフティング軍団は2008列車通過後の10時00分くらいから11時00分過ぎに通過する5列車の間に終わってしまうことが多く、毎年虚しい結果が続いていました。今回は体験者の人数が多かったのか、最後の軍団が5列車に間に合いました。さらに5列車は「ゆら~り眺めて清流列車」に当たっていたので、鉄橋上での徐行があったおかげでシャッターチャンスが複数回あり、自己満足的には会心に近い写真を撮ることができました。これで何とか積年の宿題を消化することができました。
【2017.8.13 長良川鉄道】

 

42_dsc352217813

 「ながら1号」通過の頃には青空と入道雲が広がり、やっと夏らしい天気になってきました。ラフティング軍団も去り、鮎釣り人もいい位置にいなかったので、川の流れをメインにした構図に切り替えてみました。
【2017.8.13 長良川鉄道】

 

52_dsc352917813

 「ながら1号」は郡上八幡で6分の停車時間があるので、速攻で撤収したらギリギリで先回りできました。鮎釣り人の他に川遊びを楽しむ家族連れの姿を見ることができたので、そっちを撮影対象にしてみました。
【2017.8.13 長良川鉄道】

 

62_dsc3543178113

 鮎釣り人は去年一生懸命撮ったので、今回は川遊びの家族連れをメインにしてみました。子供たちは予想以上に動きが活発でキープしてほしいシーンは長続きしません。願いが通じたのか2012列車がまずまずのタイミングで鉄橋上を通過して行きました。
【2017.8.13 長良川鉄道】

 

72_dsc355417813

 鮎釣り人は人数やそれぞれの立ち位置が毎回違うので、よりよいシチュエーションを求めて、結局、2009列車は鮎釣り人にシャッターを押してしまいました。
【2017.8.13 長良川鉄道】

 

82_dsc356517813

 2014列車は上流で撮ろうと車を走らせていたらたくさんの人が集まっていた川遊びスポットがありました。1500分を過ぎると山の影が伸びて川面を覆いつつありましたが、何とか影響を回避することができました。
【2017.8.13 長良川鉄道】

 

92_dsc357417813

 郡上八幡以北では2014列車の後は2時間近く列車間隔が空くので、効率を考えて郡上八幡折り返しの2016列車を撮るべく南に移動しました。写真に写っている釣り人は女性の方ですが、鮎釣りは男限定の趣味かと思っていたら最近は女性の釣り人もいらっしゃるということを知りました。これも時代の流れでしょうか…。
【2017.8.13 長良川鉄道】

 

102_dsc358917813

 流石に1700分を過ぎるとほとんどのポイントが山の影になってしまいましたが、ここは山が線路から離れているので、2013列車の時でも十分に陽が当たっていました。幸いこの時間まで粘っていた鮎釣り人が1人いらっしゃったので、助かりました。
【2017.8.13 長良川鉄道】

 

112_dsc360417813

 2013列車が行ってしまった直後に先ほどの鮎釣り人は撤収してしまったので、河原には誰もいなくなってしまったのと何とか夕陽が持ちそうだったので、2018列車は水飛沫メインの構図で待ってみました。夕方の斜光線のおかげで自分的にはなかなかの雰囲気で撮れました。欲を言えばもう少し水の飛沫が上がってくれたらさらに雰囲気がよくなったと思いましたが、そこまで望むのは贅沢ですね。
【2017.8.13 長良川鉄道】

 

|

« ♪あ~夏休みぃ 1972年の東北旅行 | トップページ | 494.三岐鉄道で早朝鉄+朝陽ギラリの「MLながら」再び 2017/8/19・20 »

「電車運転士」カテゴリの記事

コメント

しっかりと夏の長良川ならではの景色をまとめられているあたりは、さすが電車運転士様のお家芸。貴重な晴天にも恵まれて大きな収穫だった事と思います。暑い日は裸足になって川に浸りながらの撮影も一興ですね(実際に撮影されたときのスタイルは如何だったのでしょう?)。真夏の撮影プランとして来年に向けての参考にさせていただきます。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2017年8月17日 (木) 11時38分

実に夏らしいシチュエーションの長良川鉄道の数々、素晴らしいです。特にラフティングとのコラボはしっかりと練られた上でなければ、撮れないカットと感心しました。失礼な言い方になってしまうかもしれませんが、郡上の観光関係者が見たらポスターに使いたくなるような1枚ではないでしょうか。なかなかこのセンスには及びませんが、チャンスがあれば撮ってみたいです。(検査掛)

投稿: 検査掛 | 2017年8月17日 (木) 23時07分

さすがに長良川鉄道に通い詰めておられるだけあって、夏らしい良いシーンをものにされています。皆さん、同じ感想でしょうが、やはりラフティングとのカットは素晴らしいですね。これは相当の運が必要と思いますが、一度、チャレンジしてみたい題材です。(駅長)

投稿: 駅長 | 2017年8月19日 (土) 00時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/65673140

この記事へのトラックバック一覧です: 493.朝陽ギラリの「MLながら」と夏色全開の長良川鉄道 2017/8/13:

« ♪あ~夏休みぃ 1972年の東北旅行 | トップページ | 494.三岐鉄道で早朝鉄+朝陽ギラリの「MLながら」再び 2017/8/19・20 »