« 490.旅客営業廃止8日前の尼崎港線 1981/3/24 | トップページ | 季節の挨拶 平成29年夏 »

2017年7月21日 (金)

ちょっと小田急

 暑いですねぇ。メンバーの方々は、この暑さの中、鉄ちゃんに励んでおられますが、当方は暑さでダウンです。

 そんな中、ちょっと東京まで行く機会がありました。せっかく現地で泊まるので、翌日、どこかで鉄ちゃんをしようかと思ったけれど、暑い中、どうしても撮りたい、というものがありません。天気が悪ければ、撮影をあきらめて別の方法も考えるのだけれど、梅雨明けしたばかりで天気も良さそう、となると、撮影せずに帰るのは何とも勿体ない。

 と、いうことで、選んだのが小田急のLSE撮影。VSEの検査で2本が運行しているので、効率が良いのも魅力でしたが・・・。

_5d37415
 そこで、訪れたのが前々から行ってみたかった渋沢~新松田間の名所、渋沢5号踏切。ところが現地を訪れてみると、草が伸びて車両にかかってしまい、何ともなりません。線路用地内なので草を刈ることもできないし、当然、踏み台もありません。どうアングルを工夫しても、これがやっとです。

_5d37422
 この場所は、やや見上げる構図ながら、小田原行きの列車も綺麗にとることができます。しかし、こちら側も草が伸びていて、線路から離れた構図はもちろんのこと、線路脇の構図もなんともなりません。

 そこでこの場所は諦めて、編成写真が撮れる富水~栢山間の踏切に転進します。ところがここも線路沿いに道が無く、なんとも撮りにくい。

_5d37431
 ようやく何とか撮れたのが、駅間の真ん中くらいの踏切のあたり。長めのタマで撮ると家がはいってしまうので、標準レンズで撮影します。

_5d37442
 1時間後に来るもう1本の列車は、富水の駅北側の踏切で撮影。ここももうひとつの感じです。

 と、いうことで、せっかくのLSE撮影も、もうひとつの出来になってしまいました。来年春に噂される引退を前に、撮影地ガイドも出されておそらく人気沸騰になるであろう小田急LSE。とはいえ、この時期、撮りやすい場所が探しづらいのが、悩ましいところです。

 最後に、小田急では無く、帰りに撮ったおまけのカット。

_5d37450
 静岡鉄道の新車、A3000形で、乗りながら適当な場所で撮ろうかと思っていたら、なんと清水で乗ったのがこの車両で、結局、新静岡で折返しを撮るだけに終わってしまいました。なかなか乗り心地の良い意欲的な車両で、今後、これまでの車両を置き換えて増備されることになると思います。

 それにしても、暑い中、撮りに行きたくなるネタが無いでしょうかねぇ。(駅長)

|

« 490.旅客営業廃止8日前の尼崎港線 1981/3/24 | トップページ | 季節の挨拶 平成29年夏 »

コメント

何度見てもカッコいいLSE。小田急線随一の風景が引き立たせますね。2月の遠征で一時はLSEに満足していましたが、やはりもう一度足を向けたくなりました。ただ、線路沿いの雑草と暑さは避けたいので、涼しくなるまで“待機”することにします。しずてつも変化の兆しでしょうか。つい「何かのついでに」、と思ってしまいがちですが、意識して早めに記録しておきたく思います。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2017年7月21日 (金) 22時06分

知人の話によると、小田急の草刈りは9月に入ってからとのことなので、毎年この時季の線路端は草ボーボーらしいです。LSEもカウントダウン体勢になるとかなりヒートアップしそうなので、そうなる前の対応が必要でしょうか。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2017年7月22日 (土) 08時59分

渋沢・新松田間は今年撮りに行っているので、場所的な雰囲気が判るのですが、夏場はご多聞に漏れず、線路際は草ボウボウなのですね。伊豆急や箱根登山と抱き合わせで、もう一度は行きたいと思っていたのですが、いつ行けることやら・・・。静鉄もそもそも1000系が東急の7200系の焼き直しなので、置換えが始まりましたが、さらに東急色が増してきましたね。最近、ある人から「静鉄のA3000系、カッコイイですね!」と言われ、一般的にはこれが今時の感性なのでしょうか。(検査掛)

投稿: 検査掛 | 2017年7月23日 (日) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/65563217

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと小田急:

« 490.旅客営業廃止8日前の尼崎港線 1981/3/24 | トップページ | 季節の挨拶 平成29年夏 »