« 1972年夏のお話 房総東線から外房線へ | トップページ | 国鉄色礼賛 しなの鉄道北しなの線編 »

2017年7月30日 (日)

坂下カーブにて

長野の「彩」が多客臨として中央西線を走りました。昨年9月以来10カ月ぶりです。外形こそ元の485系の姿をとどめているものの、あのライト周りのデザインや液晶モニタのヘッドマークなどにはどうも抵抗感があってあまり写欲が湧きませんが、接近戦に講じなければそれほど気にならないだろうと感じたのと、岐阜エリアまで運転されたことを記録しておきたかったので、曇天模様を承知のうえで興味本位で出かけた次第です。

1653 行きがけの駄賃に1653レを狙おうと多治見手前のトンネル飛び出し地点にやって来ました。多治見貨物なので多治見市内で撮ろうと思いついただけの事で、深い意味はありません(笑)。撮影地と称する場所でもないので、いかに「それっぽく」撮るか、悩まされます。この日は広島風更新1049号が充当されましたが、事前に貨物サイトはチェックしていなかったのでまさかの登場に気分は高揚、「写っていればよし」と結論付けました。

4851 今回は岐阜県内で撮影することにこだわり、坂下カーブ近辺で留まることにしました。「彩」のついでに8084レ、81レも狙おうという魂胆です。まずは往路の「彩」にカメラを向けます。天気ははっきりしないので、遠方の山腹からの俯瞰は控えて乙姫大橋から無難なアングルでスタンバイ。なんと通過直前に検査掛様が駆けつけました。伊奈川から追いかけてこられたようで、間一髪でしたね。

8084 検査掛様と一旦別れて、8084レの撮影は、某ブログで見かけた画像を参考にして橋の下からカーブを見上げる地点にトライしました。民家が多少うるさく感じられますが、成長した稲が長閑さを補ってくれます。実りの季節に訪れるのも一考でしょうか。曇り空のおかげで光線状態は気にせずに済みました。

4852 インカーブにて検査掛様と再会して、「彩」の復路を狙います。実はこの立ち位置でカメラを構えるのは今回が初めてです。今まで敬遠していましたが、その理由は定かではありません。さすが定番ポイントだけに7~8名程度が集まりました。恵那山が見えていればグッドでしたが、次回のチャンスに持ち越しですね。

81 検査掛様は西へ向かわれるとのことでしたが、自分は81レまで粘ることにしました。待っている間に天候は予報に反して少し回復し、本番時は薄晴れの下でシャッターを切ることができました。編成後部が切れてしまうのは承知の上です。充当機は最近大宮を出場した1020号。車体はまだピカピカですがJRFのロゴが消され、なんだか物足りなさをぬぐえません。この際、基本デザインをいっそのこと原色に戻してほしいです。

目ぼしい被写体はこれで終了なので、帰宅後は家庭運用に転じて夕方の買い出しに。そこで目にしたのが ↓ です。テツ活動の後なので喉も乾いていたことだし、つられて思わず買ってしまいました。

Pm しかし封を開けるのがもったいなくて、飲むきっかけがつかめません。貧乏性なワタシ(笑)。
以上、29日のテツ活動全般でした。(出札掛)

|

« 1972年夏のお話 房総東線から外房線へ | トップページ | 国鉄色礼賛 しなの鉄道北しなの線編 »

「出札掛」カテゴリの記事

コメント

 そーいえば、「彩」なんて列車ありましたね。もう、485系は消滅しちゃった(で、いいのかな?)ので、その意味では貴重な車両なんでしょうが、どうもこの外観は好きになれません。大宮を出場した1020は、JRマークが無くなっちゃったんですか。なんか、ポイントがなくて、寂しいですね。(駅長)

投稿: 駅長 | 2017年7月31日 (月) 08時56分

信州DCの一環で液晶TV電車が中央西線に遠征してきましたね。所要のため参戦できませんでしたが、485系の残党ということで、それなりに貴重な存在なんでしょうね。JRFロゴが省略されたEF641020はおまぬけな感じは否めず、今後EF64だけではなく他の型式にも波及することになるとちょっと複雑な心境になります。今年の夏は不安定な天気が続いており、そろそろ夏らしい青空のもとで撮影がしたいです。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2017年7月31日 (月) 10時39分

登場時から不評の外観なので、メンバーにはお会いしないと思っていましたが、表題通り「坂下カーブにて」出札掛様とバッタリ。やや予想よりも早いダイヤで来たので、挨拶したときには既に本命の列車はカーブに差し掛かっており、チョット邪魔をしてしまいましたかね。失礼しました。「彩」も以前より廃車が噂されており記録も今のうちですね。(検査掛)

投稿: 検査掛 | 2017年8月 3日 (木) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/65598983

この記事へのトラックバック一覧です: 坂下カーブにて:

« 1972年夏のお話 房総東線から外房線へ | トップページ | 国鉄色礼賛 しなの鉄道北しなの線編 »