« 梅雨の晴れ間の半日EL三昧 | トップページ | 485.久しぶりの原点回帰鉄からのお楽しみビール電車 2017/6/17 »

2017年6月20日 (火)

484.凸をメインに気ままな自転車鉄+徒歩鉄 3号車 2017/6/16

 616日は平日鉄の機会を得ましたので、どこへ行こうかいろいろと悩んだ結果、またまた凸をメインにした自転車鉄と徒歩鉄の組み合わせに落ち着きました。目新しいスケジュールではないので、222日の2号車に続く3号車としてアップさせていただきます。またこのパターンかと思われる方もいらっしゃることと思いますが、お付き合いいただければ幸いです。

 

※撮影は616日の名鉄犬山線・関西本線・四日市臨港線・塩浜線・近鉄名古屋線(電車運転士)

 

12_dsc032217616_2

 関西本線に向かう前、情報通の方からいただいていたせっかくの情報を有効に活用させていただくため、まずは9003列車でウォーミングアップしました。朝の光を受けて颯爽と通り過ぎていく姿はなかなか格好よかったです。


22_dsc033217616

 9003列車撮影後は速攻で上小田井に向かい、2番電車で名古屋に向かいました。関西本線の1305Mに乗り継ぐと桑名の先では永和で追い抜いた5263列車から撮影が可能になるので、とりあえず関谷踏切で5263列車を撮りました。逆光は承知の上ですが、列車移動だと時間的な制約があって場所を選べないのでやむを得ません。

32_dsc035717616 

 15分ほど後を追って来る8271列車はこれも時間的制約で朝日のホームでお茶を濁し、四日市へ移動しました。ここで毎度パターン化している「こにゅうどうレンタサイクル」を借り、塩浜へ向かいました。すでに5263列車は入換待ちをしており、奥からスイッチャーがタキのお迎えに出てきました。

132_dsc039317616 

 入換スナップの合間に横を走る近鉄を撮ることができます。下枠交差パンタでしたが、運よく12200系が来てくれました。

42_dsc040217616 

 5282列車の発車までの間、セメントの2便を撮りに臨港線に移動しました。長いこと行われていた護岸工事もひと段落したようで、クレーン船の姿はありませんでした。この日のセメント運用は旋回窓の1156でした。

52_dsc044117616 

 土曜日だと5282列車は単機回送になりますが、この日は平日だったため、久しぶりにタキを従えた姿を撮ることができました。セメント列車に続きこちらも旋回窓が来ました。

62_dsc048117616 

 午後は富田界隈に転戦しました。コンテナの2089列車をここで撮りましたが、編成が長すぎて後部が納まりきらなかったので、8079列車で仕切り直ししました。次位に853がくっついていたので、8072列車は853が先頭になります。

72_dsc048417616 

 8079列車の陸橋からここまで、自転車だと56分で移動できます。自転車の機動力はありがたいです。願いが通じ、菱型パンタの12200系が来てくれました。

82_dsc050417616 

 再び関西本線に戻り、8380列車を待ちました。今度は陸橋下の踏切からの地上戦にしてみました。この日のセメント列車の運転状況ですが、1便は運休、2便は運転されたものの、3便は運休、何かいつもとパターンが違っていました。

92_dsc051517616 

 富田浜から速攻で塩浜線に戻り、853が先頭となる8072列車は5282列車のポイントで撮ることにしました。夏草がいい感じだったので、重連にはこだわらずに奥を正面がちに切り取ってみました。後で知ったことですが、この日、塩浜線内でキヤ95の検測があり、8072列車が塩浜で発車待ちの時にキヤ95と853が顔を並べていたとのことで、もうちょっと足を伸ばせばよかったと悔やまれます。何とももったいないことをしてしまいました。

102_dsc054217616 

 8072列車は四日市で26分、桑名で11分の停車時間がありますので、この間に普通電車で先回りができます。レンタサイクルを返却し、334Gに永和まで乗車しました。定時ならダッシュで白鳥に行くつもりでしたが、2分遅れでの到着だったので、白鳥は厳しいと判断し、日光川を選択しました。梅雨の季節とは思えない青空に国鉄色が映えます。

112_dsc055317616 

 空がクリアに抜けていたため、8075列車は堤防の下から青空バックにしてみました。初めてのアングルでしたが、ちょうど鉄橋上にDD51が乗っかり、今後も選択肢のひとつとしてインプットしておきたいと思います。

122_dsc057017616 

 夕方の2084列車までには十分な時間があるので、白鳥の紫陽花ポイントに移動しました。昨シーズンも行きましたが、時季が遅くて紫陽花の色が茶色っぽくなっていましたので、何とかリベンジできました。脚立がなかったので、編成後部が花にかかってしまいましたが、徒歩鉄では脚立持参というわけにもいかず仕方がなかったです。

  

 

|

« 梅雨の晴れ間の半日EL三昧 | トップページ | 485.久しぶりの原点回帰鉄からのお楽しみビール電車 2017/6/17 »

「電車運転士」カテゴリの記事

コメント

 相変わらず精力的に動かれていますねぇ。この時期、早朝から活動し出すと、相当の成果があるのですね。四日市の臨港線は、工事中は鉄橋脇まで行けなかったのですが、また行けるようになったのですね。白鳥のあじさいポイントもありましたね。これからは本格的な梅雨に入って撮れなくなりそうなので、どうするかな。(駅長)

投稿: 駅長 | 2017年6月20日 (火) 18時28分

いや~、相変わらずタフでいらっしゃいますね~。自転車の機動力を120%発揮しての撮影プラン、お疲れ様です。自転車移動でも、各列車をそれなりの撮影地で狙いながらつなげられることがわかり、たいへんありがたいデータベースです。車が使えないときの参考にいたします。日光川の光線も夏季限定なので機会をうかがいたく思います。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2017年6月20日 (火) 20時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/65433306

この記事へのトラックバック一覧です: 484.凸をメインに気ままな自転車鉄+徒歩鉄 3号車 2017/6/16:

« 梅雨の晴れ間の半日EL三昧 | トップページ | 485.久しぶりの原点回帰鉄からのお楽しみビール電車 2017/6/17 »