« 頑張る189系と信州の遅い春を訪ねて | トップページ | チキホキ朝練 名鉄編 »

2017年5月 9日 (火)

478.GW鉄2017 4号車 【明知鉄道とハプニングが続いた飯田線】 2017/5/7

 GWの最終日となった57日、天気予報は全国的に晴れ予報、とくに家族運用もないということで、4号車となるGW鉄に出掛けてしまいました。ただ、黄砂の影響で視界はあまりよくないということだったので、山に関連した場所は諦め、黄砂の影響が少ないと思われる明知鉄道と飯田線の天竜峡エリアを訪れてみました。

 

※撮影は57日の明知鉄道・飯田線(電車運転士)

 

12_dsc74911757

 まずは水鏡狙いで、風の影響が少ない早朝に明知鉄道に立ち寄ってみました。当初目星をつけていた田んぼに水が入っていなかったりと目論見が外れたところもありましたが、小さな丘の上に咲く山桜が妙に存在感があったので、ここを代替ポイントとして104Dを撮影しました。

 

22_dsc74991757_2

 山岡から程近いイワクラ公園の山桜もまだ見ることができる状態でした。速攻で移動し、101Dで水鏡を狙ってみましたが、水面が汚い状態になっており、くっきり水鏡とはなりませんでした。

 

32_dsc75211757

 800分を過ぎると予想どおり風が吹き始め、水面が波打つ状態になった頃合いを契機に「伊那路2号」に間に合うタイミングで唐笠に移動しました。天竜川の上に鯉のぼりが吊るされており、何とかこれを生かしたいと思いましたが、ちょっと窮屈な構図になってしまいました。

 

42_dsc75271757

 511Mと「伊那路1号」は平岡ダム湖畔の定番ポイントで撮るつもりで温田まで来たところ、ダム湖沿いの道路が土砂崩壊により当分の間(開通時期は未定)は通行止めとの案内表示があり、温田側からはアプローチできない状況でした。ということで、急遽予定を変更、国道151418号線経由の大回り迂回ルートで中井侍に向かいました。時間的に511Mは諦めざるを得ませんでしたが、「伊那路1号」にはギリギリで間に合いました。

 

52_dsc75361757

 次の519M544Mまでには1時間30分程時間が空くので平岡側からアプローチできないか行ってみたところ、やはりこちらもダメでした。案内表示に掲載されていた現場写真を見ると開通までには年単位の時間がかかりそうな雰囲気です。その後、新規のポイントはないかと対岸の山道に分け入ったりしてみましたが、徒労に終わり、結局、519Mはここに戻らざるを得ませんでした。

 

62_dsc75401757

 急いで移動したところ、519Mと伊那小沢で行き違いとなる544Mには何とか間に合いましが、立ち位置を吟味する時間的余裕はなく、エイヤッ感覚の写真になってしまいました。

72_dsc75471757

 

 554Mは天竜峡真っ只中の雰囲気を味わうことのできる定番のここに向かいました。周囲の山は萌えの状況から黄緑色の本格的な新緑へと変わっており、初夏に向けての木々の活力が感じられました。

02_dsc71381649

 

 「伊那路4号」はここで撮ろうと現地に向かいました。現地に着いて愕然としたのは、三遠南信自動車道の工事が進捗し、あろうことか天竜川に架かる橋桁が飯田線の鉄橋を覆い隠すように建設されていたことです。写真は昨年の春のものですが、二度とこの構図で撮ることはできません。第1級の撮影ポイントの完全消滅を目の当たりにした瞬間は脱力感だけが残り、現況写真を撮ることも忘れてしまいました。失意の中では他の代替ポイントも思い浮かばず、半ばやけくそな感じで帰路につきました。

 

82_dsc75631757

 帰路も明知鉄道沿線を経由しました。時刻表を確認すると20Dを撮れそうなことがわかり、野志付近でスタンバイしました。この付近の田んぼも水が入っており、日没との競争となりましたが、何とか水鏡をゲットすることができました。

 

92_dsc75761757

 20Dと岩村で行き違いとなる17Dを撮るためにまたまた速攻で移動しました。朝も撮った山桜が夕方の斜光線に浮かび上がっていました。微妙な風が吹いて、十分な水鏡とはなりませんでしたが、全体的にはいい感じに仕上がったかなと自己満足しています。

 

 

|

« 頑張る189系と信州の遅い春を訪ねて | トップページ | チキホキ朝練 名鉄編 »

「電車運転士」カテゴリの記事

コメント

飯田線の新緑風景が見ごろをを迎えていますが、何かと困難を極めそうですね。この時期には訪れたことがないので気にはしていたのですが・・・。
明知鉄道の撮影地も、題材毎に分ければいくらでも見つかりそうです。「行ってみてのお楽しみ」気分で出かけるのも一興でしょうか。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2017年5月 9日 (火) 08時46分

7日の黄砂には閉口しましたね。せっかくの鉄活動日だったのに(。>0<。)明知鉄道はどうも鬼門で、行くとラッピング車ばかりで、こちらも閉口します。
また、三遠南信道路は何か所飯田線の撮影地をツブしてくれるのでしょうか。そういえば、119系の最後を撮りに行ったとき、対岸(午前中の撮影地)近くで工事していましたね。かつてEF58やED18の旧客やトロッコを撮った三河東郷もしっかり被っちゃってくれたし・・・。(検査掛)

投稿: 検査掛 | 2017年5月 9日 (火) 20時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/65254230

この記事へのトラックバック一覧です: 478.GW鉄2017 4号車 【明知鉄道とハプニングが続いた飯田線】 2017/5/7:

« 頑張る189系と信州の遅い春を訪ねて | トップページ | チキホキ朝練 名鉄編 »