« JR東海30周年ウォーキング | トップページ | 476.GW鉄2017 2号車 【名古屋近郊で初夏を体感】 2017/5/2 »

2017年5月 1日 (月)

475.GW鉄2017 1号車 【伊豆・湘南方面、2月のリターンマッチ】 2017/4/30

 世間は429日からGWに突入、その様子がニュースなどで報じられています。どこへ行っても人は多いわ、道路は渋滞するわで、お出掛けしても疲れるだけという負け惜しみ根性が先立ち、自分的にはGWだからといって家族で旅行するといったなどの大きなイベントもなく生活パターン普段とほとんど変わりありません。そんな中、夕飯を食べ終わり、何気なくニュースの天気予報を見ていたら、430日は全国的にバリ晴れの様相、その後今年のGW鉄の参考にと過去の「はなぶさ」を見ていたら2月に伊豆・湘南方面に行った時の宿題に気がつきました。ということで、先週の富山に続き、毎度の「え~いっ!行ってしまえ!」感覚で深夜の国道1号線を東進しました。

 

※撮影は430日の伊豆箱根鉄道駿豆線・小田急小田原線・東海道本線(電車運転士)

 

12_dsc682517430_2 

 1つ目の宿題は2月の時は定期運用に入っていなくて撮れなかった「イエロー パラダイス トレイン」です。富士山もこの時季にしてはまずまずの見え具合でした。期待していた赤富士ですが、日の出時間が早くなった関係で、駿豆線の始発電車の頃には朝陽が昇り切ってしまい、今更ながら冬の季節限定のシチュエーションと気づかされました。

22_dsc683917430 

 修善寺からの折り返しは定番の俯瞰ポイントで撮影しました。この後、2つ目の宿題消化のため、箱根越え経由で小田原方面に向かいました。

32_dsc685517430 

 2つ目の宿題は富士山バックのLSEです。宿題は上り「はこね8号」を対象としていたので、前運用の下り「はこね71号」は普通の走行写真を撮りたいと思い、開成付近の田園地帯で捕獲しました。

42_dsc687317430 

 VSEが連接車独特のジョイント音を響かせながら富士山を垣間見ることのできる長閑な田園地帯を快走して行きます。多少の障害物はあるものの酒匂川の鉄橋と似たような構図で撮ることができました。

52_dsc691217430 

 2つ目の宿題は想定外の霞の襲来で撃沈した富士山バックのLSEです。出札掛様のようなくっきりとした富士山とはいきませんでしたが、初夏の陽気のこの時季としてはまあまあ見えた方ではないかと自分自身を納得させました。

62_dsc696017430 

 3つ目の宿題は185系の石橋俯瞰です。2月の時は江の浦俯瞰は何とかこなすことができましたが、石橋俯瞰は時間の関係で立ち寄ることができませんでした。今回は列車は小さくなりますが、相模灘を広く入れ込むことができる上段からの俯瞰を選択しました。「スーパービュー踊り子」用の251系のこの塗色、湘南の青い海によくマッチしていると思います。

72_dsc697217430 

 「成田エクスプレス」用の259系を使用した「マリンエクスプレス踊り子」は201212月から運転されていますが、ここまで毎シーズンコンスタントに運転され、結構長続きしています。運よく新幹線とのコラボが実現しました。新幹線がもう0.1秒くらい早く来てくれれば完璧だったのですが、それを求めるのはないものねだりの贅沢かもしれません。

82_dsc698017430 

 185系も数年後には置き換えということがマスコミなどでアナウンスされており、普通の状態で撮影できるのは今のうちでしょうか。石橋俯瞰は上下でポイントを使い分けることができ、車利用の場合は効率よく撮影できます。

92_dsc698917430 

 新幹線コラボのポイントは新幹線をカットするとこんな感じになります。明るい湘南のイメージにピッタリの風景です。185系も国鉄時代の斜めストライプ化が進行し、ブロックかストライプかどっちが来るのかやきもきせずに撮影できるのはありがたいです。

102_dsc700517430 

 最後となる4つ目の宿題は竹倉の築堤を富士山バックに俯瞰するポイントにたどり着くことでした。このポイントの存在は知っていたのですが、2月の時は見つけることができず、時間切れとなり、涙をのむ結果となってしまいました。今回、もう1回地図とにらめっこし直し、目星をつけた場所が当たりでした。修善寺から夕方戻って来る「踊り子114号」が夕方の斜光線に照らされながら築堤を登って行きます。ただ、この時季なので高望が無理なのは承知の上とはいいながら、肝心の富士山が霞んでしまい、存在感がハッキリしませんでした。光線は昼頃から午後の早い時間が順光になるので、冬場に再挑戦したいです。

112_dsc705317430 

 1740分頃~1806分の間には貨物列車(2052105010705050列車)が立て続けに4本通過します。夕焼けに浮かぶ富士山シルエットにちょうどいい時間帯だと思い、貨物列車まで粘ってみました。GW中なので運休が心配されましたが、2052列車がEF66の単機だった以外は運転(いずれもEF210)がありました。それっぽいイメージにはなりましたが、霞の影響はぬぐえません。新たな宿題として頭の隅に置いておきたいと思います。

 

|

« JR東海30周年ウォーキング | トップページ | 476.GW鉄2017 2号車 【名古屋近郊で初夏を体感】 2017/5/2 »

「電車運転士」カテゴリの記事

コメント

この時期の富士山ビューポイントは霞が相手になるだけに、なかなか難易度が高いのではと思いましたが、どうにか終日見られたようで、遠征の甲斐があったことと思います。石橋俯瞰の画像、ここまでの「引き」の写真をあまり見ないので、なかなかの眺望であることに気が付きました。竹倉築堤の富士山ビュー、ざひ次回は順光の絶景も見てみたく思います。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2017年5月 1日 (月) 17時44分

またまた「えい、やっ!」の行動力、凄いっ、凄すぎる。しかも、春霞が予想されるこの時期に、しっかり富士山を捉えられおり、羨ましいです。2月に電車運転士様を参考にさせて頂いて行った、江の浦俯瞰で渋滞に辟易したので、石橋俯瞰に行くのは抵抗がありますが、185系も先が見えているので、行ってみたいと思います。(検査掛)

投稿: 検査掛 | 2017年5月 2日 (火) 19時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/65221123

この記事へのトラックバック一覧です: 475.GW鉄2017 1号車 【伊豆・湘南方面、2月のリターンマッチ】 2017/4/30:

« JR東海30周年ウォーキング | トップページ | 476.GW鉄2017 2号車 【名古屋近郊で初夏を体感】 2017/5/2 »