« 189系「あずさ」三態 | トップページ | 478.GW鉄2017 4号車 【明知鉄道とハプニングが続いた飯田線】 2017/5/7 »

2017年5月 8日 (月)

頑張る189系と信州の遅い春を訪ねて

一般に大型連休、皆さんは如何過ごされましたか。
サンデー毎日の私はというと、鉄チャン可能日は5月3日と7日です。3日は5連休となる初日であり、中央線では最も臨時列車が多く運転される日でもあり、189系の書き入れ時です。

Dsc_1634天気も良さそうということで、まず向かったのがここです。しばらく前に某サイトの「今日の1枚」にアップされていたこともあり、一度は撮ってみたかった情景です。風もなく絶好の条件下ではありましたが、時刻的に赤味がさすかと思っていたのですが、東側に薄い雲があり、期待通りにはなりませんでした。が、一年で数回あるかないかのチャンスでもあり、まぁ満足の1枚となりました。

Dsc_1685「ムーンライト」の折返しは結局同じアングルとなってしまいました。当初は取って返して「あずさ71号」を狙いに行くつもりでしたが、沿線にまだまだ桜が咲いていそうだったので、北上してみました。
探しながらは見つけることはなかなか難しく、ようやく青木湖の北の端で、桜と白馬三山を一緒に撮れるポイントをみつけました。

Dsc_1704「ムーンライト」の流れからか、著名な撮影地には同業者が見られ、ここも当初は俯瞰を考えたのですが、20人くらいが北アルプスバックで狙っていたので、やむなくここに。時刻が迫って移動できなかったのですが、中央に見える桜が絡められそうだったので、次回チャンスがあればリベンジしたいものです。

Dsc_1711さらに北上して、西日本エリアへ。できれば桜をと、思いましたが、時間切れで有名撮影地で狙うことにしました。キハ120に代わってからは初めての訪問だったので、これはこれで良かったと思います。

Dsc_1744山がきれいに姿を見せていればここは外せません。

Dsc_1768中央線に移動すべく南下します。途中、簗場の南で沿線にまだ見頃の桜があったので1本撮っていくことにしました。

Dsc_1790定期列車唯一の優等列車「あずさ3号」は「ムーンライト」と同じ場所で狙いましたが、風が出て水鏡は×。その途中、海ノ口北側が華やかだったので、「しなの81号」はここに戻りました。しかし、行きにはいなかった同業者がいて、思うようなアングルでは撮れませんでした。ここもリベンジですね。

Dsc_1816高速を使って一気に小淵沢へ南下。途中、どうにか富士山が見えることを確認できたので、最初は三峰の丘に行こうか迷いましたが、前回行ったとき富士山が見えなかったここにしました。高圧ケーブルは鬱陶しいですが、どうにか富士山を望むことができ、桜も一部に残っていました。

Dsc_1827「あずさ79号」はM50編成と思っていましたが、同業者と話しているうちに国鉄色のM51編成が充当されていることを知りました。また、三峰の丘には100人近くの同業者がいることを聞き、「あずさ81号」までここで撮ることにしました。

Dsc_1875「あずさ81号」撮影後、ここに移動しました。最近このブログでよく取り上げられる185系使用の「はまかいじ」が上って行きます。松本まで行くのになぜ「かいじ」なのか、なぁ~んてどうでもいいですね。

Dsc_1886M51編成の上り回送が来る頃にはだいぶ暗くなってきました。

Dsc_1907M51編成通過後、30人以上いた同業者は全て撤収してしまいましたが、ダイヤ上5460レがすぐ来るので、待っていたところ、チャンときてくれました。最近、中央西線で見なくなった青タンクで構成されていました。

7日は鉄チャンで出かけたワケではなかったのですか、時間が取れたので出かけました。

Dsc_2024向ったのは飯山線です。ここも某ブログに出ていたところで、沿線に何か所かあるのかと思っていたのですが、菜の花畑になっているのは、駅の東側だけでした。どうにか花の残っている八重桜を欲張ってみました。残念ながら片割れは飯山色でした。

Dsc_2054折返しはホーム横で狙いました。日曜日でしたがふたり乗客がいました。バックの山々はまだ雪を被っていましたが、黄砂がひどく見通しが利きません。

Dsc_2085春の名残を探してさらに北に、森宮野原付近まで行ってみましたが、見つからず、行きがけに戸狩の北で見つけた枝垂れがどうにか花を残していたので、ここにしました。

Dsc_2112里はリンゴの花が満開となっていました。飯山線の沿線で撮影できるのは意外と限定されます。

Dsc_2146黄砂で空がハッキリしないので、入れないようにフレーミングしました。1時間後の列車には、変なラッピング車が来てしまいました。

Dsc_2158最後に長野電鉄にも寄ってみましたが、絵になると思った夜間瀬はまだ咲いておらず、次善の案とした上条に来ましたが、うまく纏まりませんでした。

同業者の話では、M51編成は夏まででは、との話もあり、いずれにしろそういつまでも撮れるワケではなさそうです。
飯山線も沿線そこここに桜があり、リベンジしたいですね。(検査掛)









































|

« 189系「あずさ」三態 | トップページ | 478.GW鉄2017 4号車 【明知鉄道とハプニングが続いた飯田線】 2017/5/7 »

「検査掛」カテゴリの記事

コメント

さすが信州はこの季節になるとカメラを向けたくなるシーンが山ほどありますね。アルプス、季節の花など、とても的を絞れません(笑)。木崎の水鏡も何かとあるようで競争倍率も高そうですが無事捕獲おめでとうございます。189系祭りはニアミスで失礼しました。どうしても撮影エリアが限られ、お立ち台の集中度は半端ないので、次の機会があるのなら一考を要するところでしょうか。またご教示下さい。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2017年5月 8日 (月) 19時21分

念願だった信濃木崎の水鏡、ゲットおめでとうございます。安曇野・北信エリアとも遅い春がまさに全開といった感じで1年のうちで最も華やかな季節を迎えています。とくに大糸線の非電化区間は車両の世代交代が行われてから訪れていないので、写真を拝見して再訪したくなりました。中央東線の八ヶ岳と富士山バック、やっぱり国鉄色は絵になりますね。ポイントもこのエリアに精通した検査掛様ならではの場所を選択されており、車両はともかくとして冬の時季に行ってみたいと思います。189系もいろんなうわさが飛び交っていますので、悔いのないよう撮影しておきたいですね。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2017年5月 9日 (火) 13時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/65252592

この記事へのトラックバック一覧です: 頑張る189系と信州の遅い春を訪ねて:

« 189系「あずさ」三態 | トップページ | 478.GW鉄2017 4号車 【明知鉄道とハプニングが続いた飯田線】 2017/5/7 »