« 配「ル」電車(その1 関東編) | トップページ | 配「ル」電車(その2 関西編) »

2017年4月29日 (土)

帰れない朝練

朝5時には日の出の時刻を迎え、貨物列車の撮影にはもってこいの季節。3月改正で現れた東海地区の新参者、EF510による早朝の4084レも撮影できるほど、朝の訪れが早くなりました。この列車、今の時季なら日の出後の時間帯にやって来るので、どうせ撮るのなら朝日を浴びながら走るシーンを狙いたいですね。
そんな中、貨物○○のサイトを見ていたら、29日(土)の朝は希少価値である元「カシオペア」塗装の銀ガマが来名するようです。天候も朝のうちは良さそうなので4084レにカメラを向けるチャンス到来です。
そこで毎度の欲張り根性。どうせなら4084レの前に通過する注目のDD貨物もついでに撮ろうと思いつきました。目指した先は日の出直後の朝日が障害物もなく拝められそうな五条川の橋です。

291 2083レは日の出と共に稲沢を発車するので朝日が当たるはずもなく、お試し撮影に。

292 5263レには朝日エロ光線を期待しましたが、そう甘くはありません。陽が差すにはまだ少し早すぎたようです。それでも機関車はなんと原色機、しかも重連で来てくれたので撮影した甲斐がありました。貨物○○のサイトから推測すると原色機が5263レに就きそうなローテーションだったので、実は淡い期待をしていたのですが見事的中。ただ重連仕業であることまでは想定外でした。ということは土曜日にもかかわらず塩浜出荷があるのでしょうか。GW期間に対応するための調整と思われますが。

293 続いてのDD貨物99レは場所を変えてこのポイントから。太陽はまだ低めですが、良い条件で車体に朝日が当たることを確認できました。同業者も5~6名が集まり、にわかに賑わいを見せています。銀ガマとDD原色による集客力は抜群です。

294 本命の4084レです。通過直前、太陽は薄雲に遮られて「くるくもる」でしたが、辛うじて薄日が車体を照らしてくれました。ところで、EF510の走行シーンを地元で見たのはこれが初めてのことです。画像の510-510は2年前の夏に「北斗星」で撮影して以来。まさか地元に居ながら再会できるとは夢にも思いませんでした。

295 4084レ撮影後は帰宅するつもりでしたが、5263レが原色先頭重連だったので、追いかけないわけがありません(笑)。同列車は関西線内で行き違い停車を長く取りながら西進するので、白鳥(信)付近なら4084レ撮影後でも一般道で十分間に合います。しかし光線具合はよくありません。せっかく原色機が先頭なので、奇をてらわずせめて側面だけでも順光で撮ろうと苦肉の策でシャッターを押しました。

296 白鳥(信)でも行き違いのため5分強停車します。

297 いくらか制約はありますが、にわか撮影会気分です。以上で撤収しようかと思いましたが念のため貨物○○を覗くと8271レも運転されているらしく、「え~、まだ帰らせてくれないの?」。

2988271レは光線状態を考慮し、たまには趣向を変えてインカーブから狙いました。ケーブルがうっとおしく映るのではないかと案じられましたが、それほど気になりません、ね?さすがにコチラは単機牽引で貨車の両数もコンパクト。両端を黒タキで挟んでいるのがユニークです。

299 これでようやく帰宅の途に就くことができるかと思いきや、自宅近くまで戻ってきたところ、ちょうど催事PR板付6000系が近付いてきているようだったので記念撮影を。たまにはワザと一般行先板を掲出してくださいな(もはや不可能か)。

そんなわけで予定より105分遅れの自宅着でした。(出札掛)

|

« 配「ル」電車(その1 関東編) | トップページ | 配「ル」電車(その2 関西編) »

「出札掛」カテゴリの記事

コメント

朝練もすぐに撤収するつもりが、その時の様々な事情で帰るに帰れなくなり、そのままズルズルと居座ってしまい、「約束が違う!」後で家族からひんしゅくというのは自分もよくあるパターンです。5263が重連ということは5875があるということになりますが、これもGW中のゲリラ運転の関係なのでしょうか? 今後は8075の運転状況に要注目ですね。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2017年5月 1日 (月) 10時12分

朝練お疲れ様でした。以前は貨物(機関車?)列車を撮りに、これからの時期頻繁に早朝から繰り出しましたが、最近はなかなか起きられません。ましてやその後に仕事が控えている朝練は厳しいものがありますね。しかし、EF510はまだ撮っていないので、なんとか3種類頑張らなくては、と思っています。(検査掛)

投稿: 検査掛 | 2017年5月 2日 (火) 18時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/65212907

この記事へのトラックバック一覧です: 帰れない朝練:

« 配「ル」電車(その1 関東編) | トップページ | 配「ル」電車(その2 関西編) »