« 468.桜鉄2017 2号車 【朝練報告 第2弾】 2017/4/6 | トップページ | 明治村春爛漫+N電廃線跡散歩 »

2017年4月 9日 (日)

ようやく桜鉄

ようやく訪れた満開桜。おまけにこの週末ははっきりしない空模様。「晴れるのか、雨が残るのか?」刻々と変わる天気予報に翻弄されながら、桜鉄を決行したのは9日(日)の朝でした。昼頃には晴れてくるとの予報を信じて、雨のばらつく空模様の下、いざ出陣。

853 残り1両となったDD51原色機853号も、そろそろ引退の噂がささやかれています。そこで最後のはなむけに、桜とのコラボを考えました。天気も良くないので手軽に撮ろうと五条川にてスタンバイ。降り続いていた雨もちょうど止み空が少し明るくなりかけた頃、運用順どおり2089レに充当された原色機がやって来ました。

N1一気に西尾線まで移動して、初参戦の矢作古川橋梁に向かいました。雨は止んで曇り空ですが、晴れたら逆光となるアングルなので、まぁこれで良かったのかなと自己満足。

N3

N2 光線状態は朝がベストのようなので、晴れた日に再履修ですね(来年だな?)。

G2 さて今回の目的地、蒲郡線の三河鹿島~蒲郡競艇場前に架かる小さな鉄橋にやって来ました。ここも初参戦です。桜の咲き具合は申し分ありませんが、写真にまとめるには試行錯誤。

G1

G3 川を跨ぐ鯉のぼりがアクセントになりますが、何しろ風が強過ぎて乱舞状態。タイミングが悪いと車体に被ってしまいます。無風でそよがない鯉のぼりも悲しいですが、強風下での鯉のぼりも、ちと困りもの(笑)。

G4

G5 午後が順光となるポイントですが、なかなか予報どおりには晴れてきません。2時間ほど粘っているうちに太陽がようやく顔を出して、桜を見栄え良く引き立たせてくれるようになりました。

66 夕方になり、そろそろ帰宅時間となりました。想像していたよりも撮りにくいポイント(→腕が未熟な証拠やね?)だったので、見切りをつけて東海道線にてロクロク30号機の牽く5074レにカメラを向けて本日の締めとしました。

目的地に選定した西尾・蒲郡線は複数のブログ(鉄に非ず)を参考としましたが、撮影地として適しているか否かは、やはり現地に赴いて判断しないといけません。いや、腕次第で結果は良くも悪くもなります。桜鉄の飽くなき挑戦は続きます。(出札掛)

|

« 468.桜鉄2017 2号車 【朝練報告 第2弾】 2017/4/6 | トップページ | 明治村春爛漫+N電廃線跡散歩 »

「出札掛」カテゴリの記事

コメント

これまであまり見たことがなかった撮影ポイント、新鮮な気持ちで拝見しました。最近、自分的には新規の撮影ポイント開拓をさぼっており、毎年、以前に行ったことのある撮影ポイントのローテーションに終始してしまっています。出札掛様の姿勢を見習わなければと思いました。まだ知らない桜鉄ポイントって探せばあるもんなんですね。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2017年4月10日 (月) 09時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/65130040

この記事へのトラックバック一覧です: ようやく桜鉄:

« 468.桜鉄2017 2号車 【朝練報告 第2弾】 2017/4/6 | トップページ | 明治村春爛漫+N電廃線跡散歩 »