« 30th | トップページ | 466.36年前の岡山電気軌道 1981/3/23 »

2017年4月 2日 (日)

頑張れ!JR四国 DCに寄せて

国鉄からJRに替わって30年、早いものです。この間に各社間の格差が広がり、JR北海道と並び今後が心配されるJR四国ですが、新規一転、この4月から6月にかけてディスティネーションキャンペーンが展開されるということです。それに伴って、キハ185 2両が登場時の塗装に変更されたとのことなので、いい機会?と思い、JR化を前に四国用に登場した車両の新製時の姿をご覧頂きたいと思います。

まずは国鉄最後の特急用DCとなった185系です。

Img9101986年8月27日
185系DCは日車と富士重で新製されましたが、国鉄時代なのでメーカーからの出場は、甲種車両輸送ではなく、本線試運転という形で自力走行ということで、以後は撮れなくなる場所を走るので貴重なシーンでした。

Img9131986年8月27日
日車からの初出場はモノクラスの先頭車ばかり5両。キハ185-1+キハ185-3+キハ185-1002+キハ185-2+キハ185-1001でした。

日車の本線試運転は今も当時と変わらないと思いますが、(飯田線)豊橋(東海道本線)関ヶ原(東海道本線)名古屋(→所属)というコースで運転されました。日車としては珍しく「試運転 日本車両」を掲出していました。

Img9201986年8月27日
試運転編成は名古屋第一機関区に入り、検修庫に収容されました。追っかけて行って許可をもらい中に入れてもらいました。運良く隣にキハ82がいて、四半世紀差の特急車が並びました。

Img6641986年8月29日
2日後、DD51 891に牽引されて甲種車両輸送として旅立ちました。

Img9271986年8月29日
稲沢からは牽引機がEF65 1005に替わりました。

Img5451986年9月10日
日車からの2回目の出場はこんな編成でした。
キハ185-6+キロハ186-3+キロハ186-2+キロハ186-1+キハ185-1006で、こんな編成も新製時ながらですね。

Img3651986年9月10日(再掲)
こちらは以前にもEF62の東海道進出の時にアップしたものですが、富士重からの回送です。日車製とは輸送形態が異なっているところが面白いです。

185系DCは国鉄時代に38両、JRに移管してからキハ185のみ14両が製造されましたが、30年を経てJR九州に20両が譲渡された他、四国内では基本的な特急運用からは外れ、観光用や普通列車用に転用されています。

一方、電化された区間に投入するべく、121系ECも登場しました。

Img3081986年12月13日
121系はMcTc1ユニットで、19編成38両が
川重、近車、日立、東急の4メーカーで製造されましたが、私が記録したのは、川重製造のこの日の出場だけです。
ご存知と思いますが、当時、川重から出場する電車は、鷹取まではDLに牽引され、そこから(山陽本線)大久保(山陽本線)吹田(→所属)というコースで運転されていました。

Img2211986年12月13日
車体はステンレスですが、119系がそうであったように、各所に101系からの部品が転用されています。当初はレッドの帯をまいていましたが、JR化後コーポレートカラーのライトブルーに変更されました。

Img2251986年12月13日
本州内では編成が逆となっていて、下り向きにMcが配されていました。
ちなみにこの編成はクモハ121-3+クハ120-3+クモハ121-4+クハ120-4です。

121系ECも30年を経て、2016年から制御装置のVVVF化や台車の更新、客室内の片側ロングシート化等によりリニューアルされ、形式もJR四国の呼称7200系に変更されています。現在は6本が更新されているようですが、最終的には全車が改造されるようです。

正直なかなか縁遠い四国ですが、なんとか頑張ってほしいものです。(検査掛)



















|

« 30th | トップページ | 466.36年前の岡山電気軌道 1981/3/23 »

「検査掛」カテゴリの記事

コメント

185系はなかなかスタイリッシュでお気に入りの車両です。自力で東海道を走る姿、いいですねー、捉えたかったな~。残念なことに、観光用に改装されたり九州に移るなどしてオリジナルのままで見られる車両がほぼ消滅状態となってしまったと思いきや、濃緑塗装が復活したのですね。やはりデビュー時の意匠がもっともカッコ良く見えてしまうのは偏見でしょうか。
四国も「純・国鉄型」が徐々に消滅していくようですが、やはり30年の経過は大きいものだと感じずにいられません。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2017年4月 3日 (月) 10時21分

四国はおそらく20年以上ごぶさた状態です。今では経営環境が大きく変化し、苦戦を強いられていますが、逆境に負けずにがんばってほしいものです。名古屋第1機関区での並び、貴重なシーンですね。やっぱりキハ82の方が特急車としての威厳というか重みが感じられます。軽量ステンレス車体ではどうしても安っぽく見えてしまいます。205系の貫通バージョンみたいな顔をした121系、言われてみればこれも国鉄型なんですね。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2017年4月 3日 (月) 17時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/65097546

この記事へのトラックバック一覧です: 頑張れ!JR四国 DCに寄せて:

« 30th | トップページ | 466.36年前の岡山電気軌道 1981/3/23 »