« 日本国有鉄道最終日 | トップページ | 465.同和鉱業片上鉄道 全通50周年記念イベント1981/3/22 »

2017年3月28日 (火)

464.結局、今週末も凸めぐり 2017/3/25

 早いもので3月も下旬になり、桜の開花の便りも聞こえるようになってきました。この時季は桜と冬枯れの端境期で季節感を出すのは難しく、加えて春霞によって山もクリアに見えないので、桜鉄に備えて鉄活動を自重しがちな季節です。とはいうものの、せっかくの晴れ予報、自宅でじっとしているのももったいないということで、結局、今週末も天候の影響をあまり受けない凸めぐりに出向いてしまいました。このところ半ば悪霊にとりつかれたように凸めぐりが続いておりますが、どうかご容赦ください。

 

※撮影は325日の関西本線・塩浜線・四日市臨港線・太平洋セメント四日市専用線(電車運転士)

 

 

12_dsc401417325

 日の出が早くなったことから、5263列車はシルエットからギラリに方向転換してみました。東の空には微妙な薄雲が広がり、100%なギラリとはなりませんでしたが、こんな感じの仕上がりになりました。シャッターを押した瞬間はよくわからなかったのですが、ラッキーなことに牽引機は国鉄色の853でした。

 

22_dsc402317325

 当初は後続の8271列車を撮ったら撤収するつもりでしたが、853となれば話は別で、予定を変更して追跡態勢に入りました。先週と同じポイントで2回目をゲットしました。

 

32_dsc403917325

 いつもなら近鉄へ浮気するのが通常パターンですが、四日市の30分ちょっとの停車時間の間に塩浜線へ先回りしました。今回はいつもの立ち位置を変え、カーブの奥を望遠で切り取ってみました。

 

52_dsc411017325

 末広架道橋の南側は相変わらず護岸工事が継続中で、2便の往路は過去に何回もご紹介した臨港橋の上からのアングルで撮るしかなかったので割愛しました。復路は北側に回りました。光線はあまりよくないものの係留中の船・工場の煙突・倉庫が入り、臨港線らしい雰囲気が感じられます。

 

62_dsc412417325

 ちょっとだけ出荷センターを覗いてみました。この日の担当は北海道から嫁いできたDD511でした。旋回窓が生い立ちを物語っています。

72_dsc413517325

 石油輸送の繁忙期が終了した土曜日の5282列車は予想どおりタキなしの単機回送でした。平日の重連・タキありの時に宿題消化したいです。

82_dsc415017325

 5282列車は単機回送ということで、流し撮りに挑戦してみました。情けないかな、うまくシンクロしませんでした。相変わらず流し撮りの下手くそさは克服できていません。

92_dsc416917325

 2089列車をいつもの定番で撮影した後、5365列車は初めてのポイントに行ってみました。富田を発車してフルパワーで加速していきます。

102_dsc405317325

 5263列車到着後、塩浜の入換をスナップしていたらいきなりこれが来ました。自分的には初めて現物を見ました。全般検査明けなのか、車体はピカピカでした。遠い昔の20100系の姿が思い出されました。

 この後、天気も曇り基調になってしまったのと家族運用が控えていたこともあって、撮影を終了して帰路に着きました。

【ここからは追加のアップです。】

102_dsc418817328

 5263列車のギラリは25日よりもいい条件で撮れればと思い、28日に再挑戦してきました。この冬に築堤の草刈が行われたため、このようなアングルが可能になりました。夏になると雑草が伸びるため、それまでの限定アングルかもしれません。

112_dsc420517328

 8271列車は蟹江の進入を撮ってみました。ここで行違いとなる1306Mに乗らないと会社に間に合わないため、場所の移動ができず、駅撮りとなりました。モロ逆光でどうしようもない条件なので、とりあえずシャッターを押したって感じになってしまいました。

 

 

|

« 日本国有鉄道最終日 | トップページ | 465.同和鉱業片上鉄道 全通50周年記念イベント1981/3/22 »

「電車運転士」カテゴリの記事

コメント

このところ凸三昧ですね。原色がA201運用に入ったようですが、DF200が登場すれば、このシーンも凸では見られなくなるので今のうちに撮っておかないといけないかも?日が長くなったので撮影ポイントが増え、いろいろ試すことが出来そうです。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2017年3月26日 (日) 20時40分

春眠ナントカと言いますが、なかなか早起きができません。天気が良ければ出勤日でも朝練、なんてとてもできません。晴天が予想できても、花粉が~なんて言い訳を言っているナマケモノにはとても電車運転士様のマネはできません。そんな私に神様もイイ顔はしてくれませんよね。でも日も長くなり、早晩DF200が進出してくるわけで、重い腰を上げなければ、と感じております。(検査掛)

投稿: 検査掛 | 2017年3月28日 (火) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/65065713

この記事へのトラックバック一覧です: 464.結局、今週末も凸めぐり 2017/3/25:

« 日本国有鉄道最終日 | トップページ | 465.同和鉱業片上鉄道 全通50周年記念イベント1981/3/22 »