« 459.渥美線、菜の花の様子伺い 2017/3/4 | トップページ | 明治村通信 2017年早春 »

2017年3月 7日 (火)

460.C57の予定だった「北びわこ」+残雪の伊吹山 2017/3/5

 

 35日の「北びわこ」は時刻表をはじめとする各種メディアではC571の牽引が予告されていました。29年度からはD51200が「北びわこ」の先頭に立つということがすでに発表されていますので、C57の登板も先行き不透明なところもあると思い、行ける時に行っておこうと半ば思いつきに近い感じですが、参戦してきました。いつもその前哨戦としてどこか別の場所に立ち寄ってから湖東エリアに向かいますが、今回も例外ではなく、残雪の伊吹山バックに貨物列車でも撮ろうということで定番の場所からスタートしました。

 

※撮影は35日の東海道本線・北陸本線(電車運転士)

 

12_dsc28971735 

 日の出前に現地に到着し、立ち位置を物色していたところ、ふと後ろの山を見ると中腹に伐採地らしきものが目に入ったので、ひょっとしたら俯瞰ができるかもしれないと半信半疑ではありましたが、登ってみました。そこから見えた光景がこれです。手前に樹木が入ってしまいますが、伊吹山をバックに定番ポイントを俯瞰することができました。朝靄が漂う中、EF66(サメ)の1083列車が通過して行きます。JRグループは34日にダイヤ改正を実施しましたが、この付近での1083列車は時刻が30分程繰り下がっていました。

32_dsc29091735 

 1083列車の約30分後に来た1059列車の頃には線路に陽が当たってきました。うまい具合に後ろに新幹線が写っていますが、コラボできたのはこの時だけで、残念ながら他の列車はことごとく嫌われました。在来線・新幹線ともそれなりの本数があるので、もう少しいけるかと思いましたが、世の中そんなに甘くはなかったです。

42_dsc29511735 

 900分ちょっと前の1055列車の頃には太陽もかなり高くなりました。この列車を最後に下山し、「北びわこ」に転戦しました。

52_dsc29861735 

 今回は発車直後のドレインをメインにしようと思い、以前、出札掛様も撮られた虎姫の発車をターゲットにしてみました。遠くで汽笛が聞こえ、「北びわこ1号」の到着を待っていたところ、機関車の雰囲気に違和感があり、何か変だなと思っていたところ、先頭に立っていたのはC56でした。「あれっ、C57のはずじゃなかったの…」と時刻表を確認しましたが、記載はやっぱりC57、何だかキツネに包まれてしまった感じでした。とりあえず撮影を終え、スマホで検索して情報を仕入れたところ、炭水車の不具合が原因でC56の緊急登板になったようでした。

62_dsc30081735 

 背景となる山々に雪が残っていたので、回9242列車は虎御前山の展望台で待ちました。今回は国鉄色のPFでした。トワイライトカラーの1124じゃなくてよかったです。

72_dsc30331735 

 C56の代替登板に心が折れる中、「北びわこ3号」は煙にわずかな期待を抱きながら定番の場所にスタンバイしました。結果はやはり淡い期待も裏切られ、「スカびわこ」の本領が発揮されてしまいました。そう言えば、試運転に向かう途中で不具合が発見されて引き返してしまったD51200ですが、その後、音沙汰なしの状態になっているように思います。5月の運転にはその姿を見ることはできるのでしょうか?

82_dsc30471735 

 午前中は太陽が顔を出していましたが、午後になると曇り基調になってしまい、テンションダウンのまま帰宅の途に着きました。高曇りのパッとしない状況ではありましたが、かろうじて伊吹山が見えていたので、ちょっと寄り道し、帰りがけのお駄賃感覚で貨物列車を撮ることにしました。写真は1052列車です。

 

92_dsc30581735_2

 5070列車はEF200が代走してきました。ダイヤ改正後のEF200は運用が細々と残りましたが、吹田以西に限定され、名古屋エリアでその姿を拝むには代走に期待するしかありません。ハイパワーすぎるスペックが仇となって自らの寿命を縮めてしまった感がありますが、1日でも長い活躍を祈るばかりです。

 

|

« 459.渥美線、菜の花の様子伺い 2017/3/4 | トップページ | 明治村通信 2017年早春 »

「電車運転士」カテゴリの記事

コメント

 近江長岡の俯瞰アングル、新鮮ですね。登るのは簡単なのでしょうか?スカびわ湖号は急遽、C56に変わったようですが、よく考えると、長年続いたC56の運転もこれが最後、なのかな?いつ、機関車がC57に変わったのかわかりませんが、翌6日には試運転が行われているようです。5日は所用があり、動きが取れませんでしたが、6日は行こうと思えば行けただけに、残念です。EF200も、まだ動いているようですから、撮れるうちに撮っておかないといけませんね。(駅長)

投稿: 駅長 | 2017年3月 8日 (水) 10時28分

うゎ、電車運転士様の本領発揮、新規開拓おつかれさまです。登山ルートなど、またご伝授ください。ドクター~も撮れそうですね。ところで眼下のお立ち台は意外と早い時間から太陽が射し込むことに気が付きました。
C57は数日前の試運転でアウトになったことを目撃情報で知り、当日の矛先をアケチ6に変えました。D51が待ち遠しいです。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2017年3月 8日 (水) 18時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/64983809

この記事へのトラックバック一覧です: 460.C57の予定だった「北びわこ」+残雪の伊吹山 2017/3/5:

« 459.渥美線、菜の花の様子伺い 2017/3/4 | トップページ | 明治村通信 2017年早春 »