« 458.凸の朝練 第2ステージ 2017/3/1 | トップページ | 引退間近 »

2017年3月 2日 (木)

富士山と「元南海」21000系に魅せられて

富士山はどうしてこうも人々を魅了するのでしょうか。まぁ言わずもがなですが、メンバーの皆様に触発されて、遅まきながら「2017年の初遠出は静岡、神奈川へ」、ということになりました。撮影地はほとんどトレースした感じですが、お許し下さい。

休日と天気予報を見ながら、2月25日~26日に決定、新東名を東に向かいました。まずは電車運転士様のような赤富士が撮りたいと考え、伊豆箱根へ。

Dsc_0065ところがところが!予報とは裏腹に、たしかに晴れてはいるものの、ほとんど無風で肝心の富士山は厚い雲の中。イエローパラダイストレインは運転されていましたが、雲が動く様子が全くなく、数年前、3回行って3回とも嫌われた371系「あさぎり」の悪夢が頭をよぎりました。

Dsc_0094というわけで伊豆箱根は早々に諦め、小田急に移動しましたが、こちらでも状況は変わらず、編成主体に撮ることに。30000系EXEも更新時期になり、早晩αとやらになるので、オリジナル塗装はある意味今のうちですね。

Dsc_0113この日、スーパー代走はないので、まずは上り「はこね14号」が予定通りやって来ました。土曜でもあり、7000系LSE狙いで同業者がチラホラ見られました。下りの「はこね17号」を撮影後、次の撮影地に。

Dsc_0170約二時間かけて江の浦に来ました。富士山が絶望的なので、電車運転士様の青い海に魅せられてここを目指しましたが、国道136号線と西湘バイパスの合流までの渋滞に辟易しました。

Dsc_0211_21時間ほどEF64とEF66のコンテナ貨物、251系と185系の「踊り子」が撮れて、まぁ満足できました。残念なのは117号が15両だったので最後部まで抜けきらなかったことですが、これは致し方ありません。

Dsc_0224箱根越えで再び渋滞の洗礼を浴びて沼津に抜けましたら、雲が晴れて富士山が赤く染まっていました。なんとか日没に間に合わないか、と思いましたが、到着できたのは日没直後になってしまいました。

宿はどうにかなるだろうと高をくくっていたのですが、このあと探し回りましたが、土曜ということもあるのか探しきれませんでした。翌日の富士山が期待できそうだったので、なんとか三島周辺で、と思ったのですが、やむなく長泉沼津ICから高速に乗り静岡方面に。NEOPASA駿河湾沼津で休憩したところ、「ドライバーズ・スポット」というのが目に入りました。ナムサンと思い聞いてみると時間レンタルのリフレッシュスペースがあるということでした。見てみると、1畳強ほどの仕切られたスペースにリラックスチェアがあるだけですが、9時間で1000円とのこと。行ったことはないのですが、PCのないネットカフェのようなかんじでした。暖房も聞いており車中泊よりもマシと思い、ここに投宿?しました。

Dsc_0264_2未明に起きると申し分のない天気。NEOPASA駿河湾沼津からは富士山は見えないのですが、わずかにその方向に白い頂上が見えたので駿豆線に戻ることにしました。赤富士はまたしても間に合いませんでしたが、雲一つない姿を撮ることができました。

Dsc_0299_2上ったり下りたりしてここで9時頃まで撮影しました。

Dsc_0333土曜日は修善寺に「踊り子」編成が滞泊しているのでその様子を見に行きました。5線もあってビックリしました。

Dsc_0348「踊り子102号」を撮ろうと戻ったら、あっという間にこの状態に!

Dsc_0380大場に移動しましたがさらに悪化するばかり。踏切から狙おうと思っていたのですが、先客がいたのでやむなくここに。

Dsc_0384時間が経つにつれ同業者が一人二人とやって来ます。時折見えたりするのですが・・・。

Dsc_0411インカーブに陽が廻る頃には絶望的になりました。この「踊り子109号」を最後に駿豆線を後にしました。機会があれば再訪したいものです。

Dsc_0417次の目的地はここです。途中で上りの近鉄車をゲット。まだこの頃は陽がありました。

Dsc_0446撮影地に着くと既に黒山の人だかり。今日は脇役の「川根路2号」がC56 44牽引でやって来ました。ジェームズを解かれて綺麗な姿でしたが、後に続く客車たちが・・・。予定通り曇り空に。

Dsc_0474そして本命、南海ズームカー重連?登場!しかも今回は目障りな特大の行先ステーを撤去し、南海時代の急行マークを掲出する演出でカッコイイー!

Dsc_0478振り返って後打ち、後ろは「臨」マークでした。

これにて全行程終了です。
相変わらず富士山には終日は笑ってもらえませんでした。ぜひともリベンジしたいと思います。参考にさせて頂いた出札掛様、電車運転士様ありがとうございました。(検査掛)





























|

« 458.凸の朝練 第2ステージ 2017/3/1 | トップページ | 引退間近 »

「検査掛」カテゴリの記事

コメント

 富士山の写真は難しいですねぇ。晴れ予報でも富士山が見えるとは限らないし、さらに見えていても10時頃になると雲がわいてくる・・・私も最近、撃沈しています。(^_^;)新幹線に乗っているときには、富士山が綺麗に見えるときが多いのに、撮りに行くと撃沈。場数を踏まないと駄目なのでしょうか。踊り子号もストライブになったし、LSEもある、ということで、これからこの方面が旬となりそうです。春になると霞んで来るでしょうから、撮影に行くならお早めに、というところでしょうか。(駅長)

投稿: 駅長 | 2017年3月 2日 (木) 11時19分

二日間に及ぶ富士山狙い、お疲れ様でした。でも大本命はきっとズームカーですよね(笑)?
自分が先日小田原に出かけたときも、富士山が良く見えていたのは午前中でした。天気予報が「晴れ」でも裏切られることがあることを痛感しました。それでもひとおおりの風景とネタ列車をものにされ、手ごたえがあったことと存じます。大井川を撮影プランに絡ませると、お腹イッパイになりそうなルートですね。
NEOPASAの施設もなかなかイイ感じでしょうか。今後の為に覚えておきます。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2017年3月 2日 (木) 19時10分

2日間にわたる神奈川・静岡両県への遠征お疲れさまでした。天気予報はバリ晴れでも富士山だけに雲がかかるといった状況や移動中には見えていても撮影地に行くと見えなくなるといった状況はよくあることで、自分も苦い経験があります。その日その日の微妙な気流や気圧の違いがこういった状況を生むのでしょうか? いずれにしろ、手強い相手には変わりありません。富士山は別として伊豆箱根・小田急・185系・大井川とメニューは豊富で、収穫はそれなりにあったことと思います。自分も含めて富士山はどこかでリベンジしたいです。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2017年3月 3日 (金) 18時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/64954525

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山と「元南海」21000系に魅せられて:

« 458.凸の朝練 第2ステージ 2017/3/1 | トップページ | 引退間近 »