« 春日井貨物2075レを撮る | トップページ | 453.八ヶ岳スクランブル 2017/2/4 »

2017年2月 5日 (日)

立山スクランブル

 電車運転士さんが八ヶ岳スクランブルなら、こちらは立山スクランブルです。(^_^;)

 前々から、機会があったらスクランブルで撮影に行きたいと思っていた立山と富山地鉄の撮影。たまたま天候とスケジュールを見比べて、スクランブル発進が出来そうな時が訪れたので、前日に高速バスを予約して撮影に向かいました。

 立山は光線状態が良くなるのは午後からです。そのため、午前中はゆっくりと行動できます。高速バスを降りて、まず訪れたのが富山大橋を渡る富山市内線の撮影です。

_5d31884
 ここは架け替えによって車線が2線になり、自動車に邪魔される可能性が増え、また、架線柱もセンターポールとなって撮りづらくなりました。しかし、贅沢は言っておられません。時間内でできる限りねばって、なんとか撮れたのは1本だけでした。まあ、待ったのは1時間弱でしたので、1本が撮れれば御の字かもしれません。

 続いて、地鉄の本線で中加積に移動します。しかし、現地に着いた頃から雲がわき出して、ダブルデッカーエキスプレスの頃にはこんな状態。

_5d31915

 正直、今回のスクランブルは判断ミスだったか、との思いが強くなりました。

 しかし、しばらく待っていると雲が切れてきました。(^_^)v 

 1時間後のアルプスエキスプレスの頃には雲がほぼ完全に切れました。

_mg_7777
 この場所は、立山連峰をバックに撮影するには絶好の場所であることは確かですが、惜しむらくは撮影に変化がないことです。そのため、電車で場所を移動しようかと思いましたが、この場所でももう少し撮りたい気もします。そこで、この場所に腰を落ち着けて狙うことにしました。

_mg_7824
 ひとつ、狙いたかったのが、よりワイドなレンズでの撮影です。しかし、屏風のような立山連峰が背景にはいるものの、惜しむらくは電車が小さくなりすぎてしまうことです。

_mg_7837
 夕方近くなり、ギラリの時間が近づいてきました。ここでカボチャカラーですとしまらないですが、幸いにも雷鳥色の電車だったので、見事なギラリとなりました。

 残念ながら、立山に薄雲ががかってきたのと、帰りの電車の時間もあって、赤立山の時間まで撮影することは出来ませんでした。ただ、車窓から見た立山連峰はそれほど赤く輝いていなかったようです。

 今回は、富山地鉄と立山の撮影でしたが、富山には立山を入れた撮影ポイントは少なからずあります。次回のスクランブル時には、それらを少しずつでも潰していけないか、と思っています。(駅長)

|

« 春日井貨物2075レを撮る | トップページ | 453.八ヶ岳スクランブル 2017/2/4 »

コメント

富山遠征お疲れ様でした。朝方氷点下が予想されるこの時期はノーマルタイヤのマイカーは難しいので、なかなかLETS GO!とはいきません。駅長様のように高速バス利用も検討すべき手段なのでしょうね。このような天気は年に何回もないでしょうから、駅長様のように常にスクランブルかけられるように心構えが必要と改めて感じました。(検査掛)

投稿: 検査掛 | 2017年2月 5日 (日) 23時47分

この日の東海・北陸の天気はどのエリアも「晴れ」マーク。立山連峰も期待を裏切ることなく全容を現したようで、まさに撮影日和だったことと思います。こんなときに駅長様、電車運転士様のように「えいやっ」と遠征する決断が湧かなかったので(諸事情もありましたが)、うらやましい限りです。富山地鉄の立山バックは、腰を据えて一日かけて狙ってみたく思います。山が見えない時は古い駅舎とのコラボも面白そうですね。検査掛様のご指摘のとおり路面凍結の心配がありますので、もう少し暖かくなったら地鉄の各所を回ってみたく思います。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2017年2月 6日 (月) 09時22分

高岡方面には行かずに富山地鉄・ライトレール限定なら高速バスでスクランブルが可能なんですね。それにしても見事な立山連峰、スクランブルは大成功だったのではないでしょうか? 自分は冬にここまできれいに見えた経験がないので、羨ましい限りです。駅長様のような好条件、これからあるのかどうかは運を天に任せるしかありませんが、チャンスが巡ってきた時はスクランブルをかけたいと思います。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2017年2月 6日 (月) 13時17分

 スクランブル発進されるときには、ぜひ、お声をかけていただきますよう、お願いします。m(_ _)m(駅長)

投稿: 駅長 | 2017年2月 6日 (月) 16時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/64856047

この記事へのトラックバック一覧です: 立山スクランブル:

« 春日井貨物2075レを撮る | トップページ | 453.八ヶ岳スクランブル 2017/2/4 »