« 笹島ちょい撮り | トップページ | L型DLを訪ねて自転車鉄 »

2017年2月 9日 (木)

454.凸をメインに気ままな自転車+徒歩鉄 1号車 2017/2/8

 28日は平日ながら1日フリーな時間を得ることができました。ただ、車利用は不可だったので、必然的に電車利用の徒歩鉄となりました。目的地は徒歩鉄には無難な関西本線と塩浜線とし、DD51をメインに撮影してきました。

 

※撮影は28日の関西本線・塩浜線・近鉄名古屋線(電車運転士)

 

12_dsc13611728_2

 700分少し前の四日市到着後はいつものパターンでレンタサイクルを利用し、まずは定番の海蔵川の堤防に向かいました。前日の天気予報は晴れ予報だったので、安定したバリ晴れを信じて自宅を出ましたが、現地は鈴鹿山脈からの寒気の流れに乗った雲が入り込んでドン曇りの状態、天気については完全にスカを食らいました。5263列車は現時点での最若番機の825が先頭でしたが、こんな天気では写り具合もパッとしません。

22_dsc13681728

 国鉄色の8532083列車→2088列車の運用に入っていたので、早朝から夜まで四日市で長~い休憩となり、走行写真の撮影チャンスはありませんでした。

32_dsc13921728

 塩浜線内の5263列車は陸橋俯瞰ではなく地上戦に変更してみました。オーソドックスな走行写真には地上戦の方が向いているかもしれません。

42_dsc14101728

 6280列車のスジで875がのんびりとした走りで四日市に戻って行きます。この日も石油の季節列車・セメントの1便とも運転があり、このところは安定した輸送が続いているようです。

52_dsc14351728

 5363列車を再び海蔵川の堤防で撮った後、自転車の機動力を生かして近鉄沿線にも足を延ばしてみました。徒歩ではちょっと厳しい芸当で、自転車のありがたさを実感しました。ここは昼まで光線状態がよく、手軽にスッキリとした走行写真を撮るのにはおあつらえ向きの場所です。30000系も新色化が進んでおり、EX塗色も近いうちに過去帳入りするものと思われます。ここにきて曇り続きの天気が回復基調になり、この後の展開に期待が膨らみます。

62_dsc14411728

 ここでは「しまかぜ」と12200系を撮るのが目的でしたが、残念ながら12200系は来ませんでした。おまけに回復傾向になった天気も「しまかぜ」の頃には再び曇り基調になってしまい、この後、当初の予定を変更、レンタサイクルを返却して晴れエリアになっていそうな名古屋方面に移動しました。

72_dsc14591728

 蟹江で追い抜いた5282列車と79列車を効率よく撮影するため、春田で下車、新川の鉄橋に急ぎました。最初は正面ドッカン構図で狙いをつけていたところ、トラックが踏切待ちの状態になってしまったため、慌てて下に降りて少しでもトラックが目立たないように対処しました。

82_dsc14671728

 79列車は皆様よくご存じの定番中の定番で待ちました。自分でも意外ですが、ここに足を運んだのは初めてでした。最近、勾配標識が復活しましたが、出札掛様同様、勾配標識がなかった間に行っておけばよかったと後悔です。

92_dsc14821728_2

 2080列車は庄内川の堤防に場所を移しました。遠くに雪を被った鈴鹿の山並みが見えたので、何とかバランスよく構図の中に入れようとあれこれ試しましたが、ちょっと無理がありました。

102_dsc15101728

 5380列車までには2時間ほど間が空くので、その間は近鉄を撮ろうと思い、伏屋から富吉まで移動しました。開けたところがなく、結局、線路に近寄って撮るしかありませんでした。それでも、12200系が来てくれたのはよかったです。先頭車のダブルパンタは素直に格好いいと思います。できれば下枠交差ではなく菱型パンタがよかったのですが、贅沢は言ってられません。

112_dsc15151728

 白鳥同様、ここの築堤も草刈りが行われていたので、足回りがスッキリし、構図の自由度が増しました。エイヤッ感覚で御在所岳を入れ込んでみましたが、あまりインパクトがなかったです。

122_dsc15601728

 夕方になって薄雲が広がってきたため、72列車の白鳥ギラリは光が弱いと判断し、日光川の鉄橋シルエットにしました。こちらも季節が進んだことで太陽の位置が高くなり、赤味がなくなってきたことから、これもシーズン終了といった感じです。

132_dsc15761728

 築堤の蟹江側も草刈が行われたことでシャッター切り位置の制約がなくなりました。思い切って名駅の高層ビル群を大きく入れ込んでみました。DD51の正面ギラリの予定でしたが、72列車の時の薄雲は取れることなくそのまま居座ったので、中途半端な結果に終わってしまいました。

 

|

« 笹島ちょい撮り | トップページ | L型DLを訪ねて自転車鉄 »

「電車運転士」カテゴリの記事

コメント

四日市の自転車鉄は、なかなか効率良さそうですね。車が手配できないの手段として心得ておきます。
日光川の築堤、ずいぶんスッキリしましたね。混雑しないうちに&雑草が生えないうちにプランを立てたく思います。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2017年2月 9日 (木) 19時53分

電車&レンタサイクルでもこれだけの成果があげられるのですね。もう少し暖かくなったらチャレンジしてみたいですね。ところで853号機は改正までOKでしょうか?(検査掛)

投稿: 検査掛 | 2017年2月 9日 (木) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/64871176

この記事へのトラックバック一覧です: 454.凸をメインに気ままな自転車+徒歩鉄 1号車 2017/2/8:

« 笹島ちょい撮り | トップページ | L型DLを訪ねて自転車鉄 »