« 月齢+1 | トップページ | D51お別れ見学会 »

2017年1月29日 (日)

デーデーデー

【タイトル補足】
日の出から夕暮れまで愛知区のDD51を中心に費やした一日、ということで 「DD Day」・・・オソマツさま。

悩みました・・・。出撃前夜の天気予報を見て、木曽谷でロクヨンを撮るか、関西線でDDを狙うか。双方とも原色機が日中の運用に入りそうでどちらも捨てがたかったのだが、当日走る養老鉄道線のネタ列車が決め手となり(画像等は別の機会に)、これも兼ねて今回は関西線DD貨物を追うことにしました。

001 早朝からコマ数を稼ごうと、朝日ー富田の築堤で6883レ矢田川シルエットの真似事に挑戦。今の時季は5263レの通過と日の出がほぼ同時刻なので、どのようなシーンになるのか楽しみでした。少し背景に雲がかかり、足回りもはっきりせず完璧なシルエットにはなりませんでしたが、凸凸がわかれば初回としては及第点。あとは日の出の方角や立ち位置の調整などが今後の課題です。

002 四日市の海蔵川お立ち台に移動して、富田で停車中に抜かした5263レからしばらく撮影することにしましたが、その合間にセメント6360レが来るのでついでにゲット。夏になれば順光になるようで。

003 2両の機関車を1スパン内に収めるには、定番のシャッターポイントでは次位が架線柱にかかってしまうので、その2スパン奥側で狙うと良いようです。せっかくの重連シーンを奇麗に撮りたく、ネットの画像で予習しておきました。ただ、次位の機関車の背後に中継信号機がハミ出て写り込んでいるのでシャッターのタイミングに注意が必要です。写真は、次位に原色がついた5271レ。

004 お立ち台を中座して、桑名付近にて養老鉄道線の初詣団体と近鉄「あおぞら」を撮影後、再び海蔵川でDDを狙います。鈴鹿の山並みがここ最近の大雪で冠雪していたのでDDと絡ませることはできないだろうかとうろうろしましたが、工場などの建物が障害となり、思うほどキレイにまとまりません。山並を比較的すっきり撮れる位置からはお立ち台で狙う同業者が写り込んでしまうので、思い切って御在所岳と機関車をアップで撮ることにしました。次に来るDDはコンテナ2085レですが、土曜日は編成の前半が空コキの確率が高く、案の定、この日も例外ではありませんでした。貨車があれば少しでも建物を隠せたのですが、う~ん。

005 続けてDDが単8970レ、セメント5362レと続行で来るので、すこし立ち位置を変えて今度は御在所岳と鎌ヶ岳をアングルに入れました。お立ち台の場所も写り込みますが、同業者は2085レ通過後全員撤収したので問題ありません。誤算だったのは、上り線は下り線よりやや低い位置に敷設されているため足回りが隠れてしまうのと、上下線の間に立っている線路標識が機関車にかかってしまうこと。単8970レを撮影して判明したのですが、まあいいやぁ、と割り切りました。

006 名古屋まで戻り、79レをまずは笹島(信)で高層ビルをバックに。かつては当地点で5282レとのタンカートレイン離合シーンが展開されましたが、現在では八田駅に変更され、代わりに単8970レが代役を果たしています。

007 やはり貨車が連結されていないと、見栄えが劣りますね。やがてはDD51も消滅の運命にあるので、どんなシーンでも撮っておきましょう。

008 次に新川橋梁に移動しました。八田駅で停車中に追い抜いた79レを再度狙うためです。その前に反対方向から5282レが来るので、重連を強調するべく真横から。うっすらと水鏡です(汗)。

009 意外にもカメラマンは10名にも満たない数でした。当方、手持ちで人混みの隙間から。勾配票が一時消滅しましたが、その期間には撮ったことがなく、惜しいことをしました。

010 ところでここしばらくの間、ロクヨンのスペシャル重連(1019&1049)が組まれています。運用通りに流れたら5875レに入るので、これを狙いに清州まで移動。無事捕獲後、30分待ってDDコンテナ2080レにカメラを向けました。コンテナをほぼ満載の姿はサマになりますね。いつでも撮れそうなシーンですが、撮影拒否する理由もないのでせっかくだからと。

011 原色機先頭の5380レを狙いに白鳥(信)に向かいました。すでに10名強のカメラマンがスタンバイ。時間的にほぼ逆光なので、辛うじて先頭機関車側面に光が当たる位置で構えました。インカーブで定番外しですが、たまにはこんな構図でもいかが?

012 実を言うと、白鳥(信)での72レギラリ撮影は初体験です。カメラマンの数も増えて、気が付いたら電車運転士様もご同席されていました(お疲れ様です)。駅長様の先日の記事にもありますとおりギラリのピークは過ぎたようですが、それでも本番前に通過するいくつかの旅客列車で試し撮りすると、感動的なギラリはまだまだ健在。さて本番では、このとおりキャブの窓がギラリとなりました。

013 夕方に出没して72レのギラリを遮る養老山地の怪しげな雲は、今日は心配ご無用のようです。そうとなれば75レが正面に夕陽を受けながらやって来るシーンの撮影にもトライしてみましょう。結果は期待以上のエロエロ光線。まさかこれほど強烈に夕日が反射するとは思いもしませんでした。

014 コチラはもう1台のカメラで撮影したものです。夕陽を受けて輝いたシーンになりましたが、このような表情のDDを初めて目の当たりにしました。


足を運びたいDD撮影ポイントはまだまだありますが、次の機会までのお楽しみとしておきましょう。当面の攻略は朝日築堤シルエット5263レかな?(出札掛)

|

« 月齢+1 | トップページ | D51お別れ見学会 »

「出札掛」カテゴリの記事

コメント

 関西線に行っても、まるまる1日デーデーを撮ることはなく、いつもつまみぐいのような撮影ですが、こうやってしっかり構えて、行ったり来たり(^_^;)すると、こんなにも撮れるものなのですねぇ。そういえば、白鳥も75レに陽が当たるようになってきたのですね。72レもベストとはいえないものの、ギラリがあるようですし、また、行ってみるかな。(駅長)

投稿: 駅長 | 2017年1月30日 (月) 00時55分

凸三昧の1日お疲れさまでした。ダイヤ・運用をしっかりと確認して効率よく撮影されるのは出札掛様の真骨頂ですね。出札掛様が白鳥ギラリ初挑戦とは意外でした。753先頭の5380列車は庄内川の堤防、75列車は日光川の堤防で捕獲しました。日光川の75列車は出札掛様と同様、正面ギラリでした。75列車にも陽が当たるようになってきたので、これからは75列車がメインになってきますね。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2017年1月30日 (月) 17時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/64826232

この記事へのトラックバック一覧です: デーデーデー:

« 月齢+1 | トップページ | D51お別れ見学会 »