« 屏風岩  | トップページ | ハードディスクのトラブル(>_<) »

2017年1月22日 (日)

451.三岐鉄道 ちょっと遅かった雪景色 2017/1/21

 先週末、13日夜から15日朝にかけては最強寒波が日本列島を襲い、東海地方、とくに三重県北部は近年まれにみる大雪に見舞われ、いなべ市では50㎝ほどの積雪になったところもあったようです。このような状況だったので、1週間後の21日でも何とか雪が残っているのではないかと思い、淡い期待を抱きながら三岐鉄道沿線に足を運んでみました。

 

※撮影は2017121日の三岐鉄道三岐線と北勢線(電車運転士)

12_dsc038417121_2

 現地到着はまだ夜明け前、FA・炭カルの貨物列車は明るさが確保できる1503列車だとよかったのですが、3710列車の運転があったようで、1501列車が来てしまいました。ほとんど真っ暗な状況だったので、とりあえずシャッターを押しただけといった感じになってしまいました。よく見ると先頭のED45は両方のパンタグラフが上がっています。このところの寒さ対策でしょうか。ED45の3パンタ運転は初めて見ました。

22_dsc041817121

 7時00分を過ぎてやっと朝陽が顔を出してくれました。この時間帯の下り貨物列車はダイヤ設定がないので、電車で我慢です。

32_dsc042917121

 雪は道路にはほとんどなかったものの、田んぼと畑にはかろうじて残っていました。この場所のキーポイントとなる藤原岳は何とか見えていました。これだけの積雪がある藤原岳を撮ったのは初めてです。

 

42_dsc044717121

 

 貨物列車は8時30分過ぎの3712列車までないので、その間、しばらく電車を撮って時間をつぶしました。朝日ギラリを狙ってみましたが、ちょっと光り方が足らなかった感じです。

 

52_dsc049417121

 3712列車は急に現れた雪雲で藤原岳が撃沈したので、その約50分後に来る3711列車をアップします。陸橋の南西側はかなり雪が解けていましたが、何とか見れる状態でした。

 

62_dsc049917121

 

 北勢線を覗いてみたところ、こちらも田んぼには何とか雪が残っていました。当然、めがね橋付近にも行きましたが、そちらの写真は後程ご紹介いたします。

 

72_dsc051717121

 再び藤原岳が見えてきたので、貨物列車の合間といったこともあり、北勢線で撮影を続けました。雪雲の影響でクリアさが足りませんが、この日の見え具合ではこれでもマシな方でした。

 

82_dsc056417121

 同じ場所で撮ってばかりでは芸がないと思い、3713列車は朝明川の鉄橋に行ってみました。こちらは竜ヶ岳がバックになりますが、先ほどの藤原岳と同様、もう少しクリアさがほしかったです。なお、3714列車と501列車は雪雲とゲリラ雲にやられたので、割愛しました。

 

92_dsc056917121

 502列車の時の藤原岳、この日の天候からすると比較的クリアな方でした。貨車はホキ10002両と寂しい感じは否めませんが、単機でなかったのは救いでした。

 

102_dsc059817121

 3716列車は観光バスでやって来た50名程の撮影ツアーの団体が農道に陣取り、予定していたアングルで撮ることができなかったので、三里交換でやって来た503列車をアップします。この列車も502列車と同様、ホキ10002両でしたが、貨車の運用上止むを得ません。3715列車は再び朝明川の鉄橋に向かいましたが、陽が反対側に回ってしまっていたのと竜ヶ岳に雪雲がかかってしまったので、割愛しました。

112_dsc065517121

 夕方近くになって藤原岳がよりクリアになってきたので、3718列車はまたまた陸橋上の定番アングルで待ちました。強風に乗って千切れ雲が太陽の前を次から次へと通過して行き、やきもきさせられましたが、列車通過時には雲の切れ間から陽が差してくれたので、助かりました。

 

122_dsc066717121

 この日の最後はめがね橋付近で締めくくりました。竜ヶ岳がいい感じで見えていたので、この場所を選択しましたが、直前になって山の後ろに雪雲が出現してしまい、ちょっと残念な結果になってしまいました。

 

132_dsc067917121_2

 めがね橋付近はかなり雪が解けてしまっていたので、できるだけ雪を多く見せるために立ち位置などを少し工夫して対応しました。3718列車と同様、こちらも雲の切れ間のサイクルに当たり、列車が夕陽に浮かび上がってくれました。

 

 

|

« 屏風岩  | トップページ | ハードディスクのトラブル(>_<) »

「電車運転士」カテゴリの記事

コメント

冠雪した藤原岳と三岐、北勢線の雪景色は今まで撮影経験がないのであこがれます。いざ出かけようとするとノーマルタイヤのため二の足を踏んでばかりですが(←それなら鉄道使えば?)、この様子なら問題なさそうですね。この日は晴れてはいたものの、名古屋市内から見えるはずの周囲の山々が霞むような天候で、そのせいか現地でも勝ったり負けたりだったようですが、たいへんお疲れ様でした。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2017年1月22日 (日) 21時23分

 記録的な豪雪となった今回の寒波。あまりに積もりすぎているようで、この方面に出かけるのを躊躇していましたが、週末でもかなり良い状態で残っていたのですね。21日は都合があって動けませんでしたが、行こうと思えばいけるチャンスがあっただけに、躊躇したのを残念に思います。やはり雪が降ったときは、コタツで丸くなっていては良い写真は撮れませんね。反省です。(駅長)

投稿: 駅長 | 2017年1月27日 (金) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/64795007

この記事へのトラックバック一覧です: 451.三岐鉄道 ちょっと遅かった雪景色 2017/1/21:

« 屏風岩  | トップページ | ハードディスクのトラブル(>_<) »