« 謹賀新年 2017年 | トップページ | 448.2017年鉄事始め 【豊明でグラデーションとギラリ】 2017/1/5 »

2017年1月 4日 (水)

10年前の写真

 お正月休みは天候には恵まれたものの、とりわけ撮りたい列車があるわけでもなく、また、家族運用もあって外に出ての撮影はできずじまいで、空いた時間はもっぱらフィルムのスキャンに費やした。お正月中にスキャンしたのが2007年、ちょうど10年前に撮影した写真である。

 今から思えばなんとも勿体ないが、この頃、JRの写真はほとんど撮影していない。機関車牽引のブルトレも最後の1本が残っているだけで、魅力が喪失していたし、わざわざ貨物を撮りに行こうとは考えも及ばなかった。名鉄も同様で、桜の季節に少し撮影した程度である。この翌年、2008年になるとパノラマカーがなくなる、ということで遅ればせながら精力的に撮影を始めるのだが、まだ、この年には本格的に撮影していない。

 現在の時点から見ると、名鉄はすでに空港線が開業していたので本線系はそれほど変わっておらず、大きく変わったのは瀬戸線くらいで、赤い電車がなくなるとは当時は想像すらできなかった。JRはあまり関心がないのでわからないが、大きく変わったところはあるのだろうか?そう思えば、この10年は動きが少なかったのかな?魅力ある車両が10年前にはほとんど無くなっていて、いまさら撮りに行こうという気がおきないので、変化が少ないように思うのかもしれない。

 そのため、10年前といってもたいした写真があるわけではないが、「そういえば、こんなこともあったんだ」という記憶の片隅に残っている記録をたどってみたい。

2016a119138
 1月には岳南鉄道でDMVの試運転があったので、見に行っている。DMVは、JR北海道が閑散路線の切り札として試験を行っていたが、車体が軽量すぎて踏切の作動に問題があったりして、結局、実用化には至らなかった。JR北海道では、なんとか鉄道路線を残したいと思い、DMVの開発を進めたわけだが、10年がたってみると、なんと路線廃止を打ち上げてしまった。北海道の鉄道路線は、誰がどう見ても自力での維持は困難だけに、一企業にすべての責任を押しつけるのではなく、もっと大所高所からの視点で今後のあり方を考えて欲しいと思わざるを得ない。

2016a119599

 3月には、豊橋市電に残っていた元名古屋市電のモ3700形がいよいよ廃車になる、ということで撮影にいっている。1927年の製造なので、車齢は実に80年。良く現役で頑張ったものだ。このさよなら運転を最後に、同車は翌年7月に開館するこども未来館(ここにこ)に展示されているのはご存じの通り。

 そういえば、車両が廃車になる時には、昔は必ずさようなら運転が行われたが、最近はあまり記憶が無いなぁ。

2016a119852
 5月には会津鉄道に行った8500系を見に、会津まで行っている。会津鉄道の8500系は2002年から運行を開始し、2010年まで運転された。この時には、撮影後3年ほどで廃車になるとは思いもよらず、老朽化するまで同社で活躍するとばかり思っていた。さらに、このうち2両、8502と03がなんとマレーシアのサバ州営鉄道に譲渡されるとは、想像すらできなかった。正式に運行を始めたら、一度見に行ってみたいところだが、さて、何時運行を始めるのだろう。

2016a121287
 7月には、瀬戸線の喜多山付近で撮影している。そろそろ高架化の工事が始まるかと思い、撮影に行ったのかもしれない。瀬戸街道の踏切の手前にある空き地は、おそらく仮線の用地だろう。

 瀬戸線喜多山付近の高架化もようやく工事が始まり、このあたりは仮線に切り替えられているはずだ。線路が移設され、風景が変わっただけでなく、赤い電車もすっかり消えてしまった。10年前は、つい最近のように思えるし、また、遙かなる過去でもある。

 と、2007年の思い出を書いてきたのは、ここまで写真のデジタル化が終わったことをご報告するためである。これまでデジタル化したコマ数は、およそ12万枚。保存のために使ったHDDは、およそ15TB(^_^;)。2009年にスキャナを買ってデジタル化を始めているので、ここまで7年かかったことになる。スキャナは一回、オーバーホールをしたが、大きな故障は一度も無く、現在も順調に稼働している。結構、高い買い物だったが、今考えるとフィルムスキャナはその後、製造中止になるだけに、この時に買っておいて大正解だった。デジタル化した写真のすべては、すべてA4まで問題なく伸びるはずだ。

 2008年末にデジカメを買い、デジタルに移行しているので、残るフィルムはあと1年分。もう、先が見えた。春までに、全デジタル化が完了するであろう。

 もっとも、初期にデジタル化した写真は慣れない点もあって、周辺部のピントなどで問題を残しており、再度、スキャンニングする必要がある。とはいえ、出来不出来はあるにしてもデジタル化はできているので、とりあえずは一安心である。(駅長)

|

« 謹賀新年 2017年 | トップページ | 448.2017年鉄事始め 【豊明でグラデーションとギラリ】 2017/1/5 »

コメント

10年前は一眼デジカメのラインナップも増えて、求めやすい価格帯にまで下がってきたころ。コンデジは普及しつつありましたが、まだまだ画素数の点では発展途上でした。フィルムスキャナーが各社から発売され、自宅で自由にスライドフィルムをトリミング、色調整などして印刷まで出来るようになるとは夢にも思わなかったこと。
この頃は、少なくなったとはいえ撮影対象の列車がまだまだ存在しており、デジカメを購入していれば財布の中身を気にせずにより数多くのシーンを記録できたはずなのに、なかなかウマくいかないものです。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2017年1月 4日 (水) 22時28分

自身のデジカメ導入は2005年7月、かれこれ10年以上になります。フィルムのスキャンはなかなかペースアップができず、寿命が尽きるまでに終わるかどうか心配です。豊橋・会津・瀬戸線はどれも自分の目で見て写真を撮っているものばかりなので、懐かしく拝見しました。DMVは各地で試験走行を行うなど、当時のJR北海道がかなり力を入れてましたが、今のところお蔵入りの状態のようで、今後の展開は望めないのでしょうか?(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2017年1月 5日 (木) 12時37分

私のデジカメ化は2007年7月頃で、当初は恐る恐る使っていました。対象はと、振り返ってみると、90年代から貨物列車にシフトしていましたね。専らホームグランドは木曽川、清州近辺でした。番号や色が違うだけで同じような写真を山のように撮っていましたね。豊鉄の3702は近場でもあり撮りに行ってますが、瀬戸線はあまりにも近すぎて・・・(^-^;。DMVは地方私鉄でも結構試したようですが、結局採用されていないようで、JR北のように廃線に向かわないよう祈るばかりです。(検査掛)

投稿: 検査掛 | 2017年1月 5日 (木) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/64720181

この記事へのトラックバック一覧です: 10年前の写真:

« 謹賀新年 2017年 | トップページ | 448.2017年鉄事始め 【豊明でグラデーションとギラリ】 2017/1/5 »