« 442..再度の凸めぐり+尾西線の銀杏 2016/12/3 | トップページ | 矢田川 Sun Rise »

2016年12月 4日 (日)

塩 浜

走行写真ばかりではなく、たまには貨物駅でじっくりと入換シーンを観察してみようと思い、今回は塩浜貨物駅でのDD51にカメラを向けました。そのため走行風景をあえて犠牲にした列車もありますが、たまにはいいよね?
風の噂によると、現在塩浜線で行われているタブレット閉塞が間もなく自動化されるとのこと。今や貴重なタブレットの授受シーンも見られなくなってしまうので、これはイカン!今のうちに撮っておかねばと思い立った次第ですが、先の電車運転士様の記事に刺激を受けたのも出かけるきっかけの一つとなったのは、毎度の如くです。
なお個人情報保護の関係で、人物が特定できるほど顔がはっきりと映っているシーンは極力避けて画像を選定しました。

01 石油輸送が活発になる時期を迎えると、朝の塩浜には2本の石油貨物が続けて到着します。うち1本目は前夜に稲沢を発った臨6287レ。撮影前に、長時間停車する富田駅に立ち寄って列車を確認したら、なんとそこには原色機1805が6287レの先頭に就いていました。前日からの運用からは予想もできない流れに驚きです。さて、6287レが塩浜到着後、すぐに操車掛がタブレットを受け取り、代わりに入換用の無線機を手渡しますが、この角度ではタブレットがはっきり見えず残念ですね。この結果を見て“学習”しました。

02 続いて入換作業が始まるので、どうせ撮るなら原色機、ということで1805号機が構内を行き来するシーンにカメラを向けます。

03 朝陽を浴びながら構内を移動する原色機。美しいです。

04 後続の5263レは、前日からの運用の流れで原色機853が重連の先頭に就く予定です。そうなると、残り2両となったDD51の原色機が双方とも朝の塩浜に現れるという、まさに贅沢すぎるタイミング。かくして運用どおりでした。入換作業がいったん終わって待機中の1805の横を、853先頭の5263レが塩浜に到着します。

05 肝心のタブレット授受シーンは、先の反省を踏まえて横側からカメラを構えました。今度はタブレットの形がよくわかります。授受シーンは午後にもトライしましたが、これが最もマシした。

006 1805が折り返して単6280レの出発準備に入りました。乗務員がタブレットを肩にかけて乗り込みます(これも分かり辛いですね)。

007 重連機関車の入換作業が始まりました。せっかくなので原色機同士が肩を並べたシーンが撮れないものかとうろうろしましたが、辛うじてこれが精一杯です。

008 たとえ貨車はつながっていなくとも、重連機関車が移動する姿は迫力があります。光線状態もさらによくなってきました。画面右後方に見える信号機は間もなく本稼働なのでしょうか。

009 79レを四日市まで牽引してきたDD重連が塩浜まで回され、午後の出荷便72レとして仕立てられます。その組成作業に橋の上からカメラを向けました。乗務員もキャブから身を乗り出して安全確認。

010 転線後、72レの出発準備が整たっところで操車掛がタブレットを持ってきました。このタイミングで行われるとは全く思っていなかったので、おかげで何をしているのか説明しないとわからないシーンになってしまいました。機関車を横から撮れる場所を見つけておいたので、次の機会(←あるのかな?)に活かしたく思います。

撮影中にお会いしました資材担当様、電車運転士様、まさかの原色機2両の登場に、訪れた甲斐がありましたね!この日はセメント貨物が終日ウヤ。おかげで石油貨物に集中できたという結論です。(出札掛)

|

« 442..再度の凸めぐり+尾西線の銀杏 2016/12/3 | トップページ | 矢田川 Sun Rise »

「出札掛」カテゴリの記事

コメント

この日の朝の塩浜は国鉄色が2両とも顔を合わせ、構内の移動が忙しかったことと思いますが、収穫は大きかったのではないでしょうか。タブレットの授受はイメージどおりにいかないことが多くて苦労しますが、回数を重ねるしかないといった感じです。自分は1805単機の6280列車の走りを撮ろうとして場所を移動したため、853の入換風景をパスしてしまい、国鉄色同士の並びが撮れませんでした。ちょっともったいなかったですかね…。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2016年12月 5日 (月) 18時19分

 塩浜駅では、いまもタブレットの受け渡しが行われているのですね。貨物線とはいえ、ちょっとびっくりです。いつまで続くのかわかりませんが、絵になるシーンだけに、一度は撮影しておきたいところです。(駅長)

投稿: 駅長 | 2016年12月14日 (水) 09時36分

自分にはセンスがないので、なかなかこのような情景をまとめることができません。特にタブレット授受はその昔、SL時代から鉄道写真を撮る人間なら大抵はチャレンジするので、何度か写した覚えはありますが、結果を見るたびに「コマの無駄」と思うものばかりで、以来自分では無理と思っています。というわけで、皆さんのものを見せて頂くだけにしておきます。(検査掛)

投稿: 検査掛 | 2016年12月15日 (木) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/64582600

この記事へのトラックバック一覧です: 塩 浜:

« 442..再度の凸めぐり+尾西線の銀杏 2016/12/3 | トップページ | 矢田川 Sun Rise »