« 再び東京へ | トップページ | 443.懲りずにまたまた凸の聖地巡礼2016/12/15 »

2016年12月16日 (金)

阪堺電軌天王寺駅前の新ターミナルを見る

 地域の再開発と道路の拡幅に伴い、線路と停留場の移設工事が行われていた阪堺電軌の天王寺駅前の停留場が12月3日に移転した。ちょうど大阪へ仕事で行く機会があり、さらにその仕事は夕方からという絶好の条件だったので、迷わずその前に移設された天王寺駅前を見に行くことにした。

_5d30121
 これが天王寺駅前の歩道橋から見た旧停留場(左)と新停留場。すでに停留場部分の軌道は撤去されている。新しい停留場には、歩道橋と地下から行くことができる。

_5d30129
 新しい停留場に停車中の堺トラム。エレベータもついてバリアフリーに対応した停留場になった。

_5d30157
 新しい軌道はコンクリート道床で、一部は芝生軌道となっている。架線柱はセンターポールで、軌道と道路の境はコンクリートの低い壁が設けられている。右側が旧線で、すでに架線は撤去されている。タイミング良く、残り少ない160形がやってきた。

_5d30257
 阿倍野ハルカスをバックに天王寺駅前を出発する。芝生軌道になったので、景観的にも向上している。

_5d30273
 天王寺駅前に到着する堺トラム。奥に旧線が見える。

_5d30224
 天王寺方面のみ停留場が完成した阿倍野。浜寺方面の路線は、線路の切り替えに備えて複雑な配線となっている。

 今後、旧線を道路化する工事が行われるが、軌道を撤去してすっきりするのはいつ頃になるのだろうか?また、その頃に見に行くことになるだろうが、道路化してしまうと、3枚目のような線路脇からの写真は撮れなくなってしまうだろうなぁ。(駅長)

|

« 再び東京へ | トップページ | 443.懲りずにまたまた凸の聖地巡礼2016/12/15 »

コメント

数年前に阪堺電車の天王寺界隈を訪れたときは道路が工事中で雑然としていましたが、こういうことだったのですね。整備が終わった頃に再訪すれば「いまむかし」の比較ができて面白そうです。
最後の画像に写る住吉方面の仮設ホームが、なんともいえません。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2016年12月18日 (日) 20時01分

天王寺駅前も様変わりしました。残工事が終わると景観的にも改善されるので、落ち着いた頃に行ってみたいと思います。阪堺の新たな撮影名所になりそうですね。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2016年12月19日 (月) 17時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/64634481

この記事へのトラックバック一覧です: 阪堺電軌天王寺駅前の新ターミナルを見る:

« 再び東京へ | トップページ | 443.懲りずにまたまた凸の聖地巡礼2016/12/15 »