« 443.懲りずにまたまた凸の聖地巡礼2016/12/15 | トップページ | 444.1981年冬 北陸3県の私鉄めぐり 1号車 【富山地方鉄道 市内軌道線】 1981/2/28 »

2016年12月18日 (日)

ラスト か?

     「おっ、またコンビを組んだのか」

残り2両となった愛知機関区DD51の原色機が12月15日から重連コンビを組み、冬の関西線を走行しました。その活躍ぶりは電車運転士様の記事に表されているとおりですが、自分もこのたび運よくカメラに収める機会に恵まれました。
16日に関西線を上ってくる5282レ運用の昼間時に都合がつきそうだったので、さて、何処で撮ればサマになるのだろうと考えて足を運んだ先は、庄内川右岸の伏屋アウトカーブです。

5282 通過10分前まで雲に覆われていた撮影地周辺は、いざ本番時では太陽が顔を出してくれました。カーブの向こうから姿を現した列車は警笛一声、7~8名集まった我々カメラマンの前を軽快に通過して行きました。
本来なら翌日も原色コンビが続くはずだったのに、まさかこの運用でコンビが解消されてしまうとは思いもしない出来事。その原因は853号機の不調にあるようですが、一方、11月で落ちるのではと噂されてきた1805号機は今度こそ最終期の活躍との話もあり、ひょっとしてこのまま2両とも落ちてしまうのか?なんてことは考えられないでしょうけども・・・。そんなわけでDD51原色コンビは16日の5282レがラストシーンとなってしまいそうな予感です。(出札掛)

|

« 443.懲りずにまたまた凸の聖地巡礼2016/12/15 | トップページ | 444.1981年冬 北陸3県の私鉄めぐり 1号車 【富山地方鉄道 市内軌道線】 1981/2/28 »

「出札掛」カテゴリの記事

コメント

 その20分くらいあとに、現地を近鉄で通過し、撮影された場所に何人かの同業者が居ることを確認しています。
この日は、大阪出張の帰りでしたが、車内でネットで凸原色重連が走っていることを確認、ただ、残念ながら撮影には間に合いませんでした。(>_<)大阪から急行ではなく、特急で帰ってきていれば間に合ったのですが、時既に遅しでした。残念です。(駅長)

投稿: 駅長 | 2016年12月18日 (日) 16時20分

16日の5282列車は平日ということで身動きが取れないため、17日の5271列車に照準を定めていましたが、残念な結果になってしまいました。853は故障の程度によってはこのまま運用離脱の心配もあり、1805ともども今後の動向が気になります。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2016年12月19日 (月) 17時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/64640244

この記事へのトラックバック一覧です: ラスト か?:

« 443.懲りずにまたまた凸の聖地巡礼2016/12/15 | トップページ | 444.1981年冬 北陸3県の私鉄めぐり 1号車 【富山地方鉄道 市内軌道線】 1981/2/28 »