« 1972年 飯山線蒸機最後の春(その2)+α | トップページ | 442..再度の凸めぐり+尾西線の銀杏 2016/12/3 »

2016年12月 2日 (金)

タブーだった荷物車 マニ30

RMマガジンのライブラリーの新刊は「タブーだった現金輸送車=マニ34・マニ30」です。マニ30の概要そのものについてはライブラリーやWikに譲るとして、この機を逃すと、私が撮ったこのミステリアス?な車の写真を披露する機会もないと思い、スキャンした中から拾ってみました。

Img4611980年6月27日 日本車両豊川蕨製作所
なんとなく現金輸送車があることは知ってはいましたが、実際には見た覚えはありませんでした。
ところがこの日、大垣区の153系の廃車回送を追ってここへたどり着いたら、廃車となった客車が倉庫代わりに使われていました。後になって、これが現金輸送車のなれの果てであることを知りました。二代目のマニ30が1978年~79年にかけて製造されたようなので、数年前までは現役だったのでしょう。ダルマさんではなかったので、撮影したものと思います。妻面はメクラとありますが、一方はこのように貫通路があったようですね。反対側はご覧のような状況で撮影していませんし、全く記憶にもありません。

Img4621980年7月3日 豊橋 荷38レ
日車でマニ30 2006を撮影した一週間後、今度は日車からの113系新製回送を撮影に行き、行きがけの駄賃で荷38レを撮影したところ、機次位に二代目マニ30が連結されていました。ライブラリーに寄れば、機次位に連結されているのは現金輸送中とのことでした。この後、荷物列車が廃止される国鉄分割民営化まで数多くの荷物列車を撮影しましたが、機次位に連結されたマニ30を撮ったのはこれ一度限りです。

Img1141981年3月26日 高槻 レ番号不明
これは川重で新製された185系の試運転を撮りに行ったときのもので、偶然来合わせた荷物列車の最後尾に連結されていました。

Img7611986年9月9日 熱田
この頃は結構1両毎の形式写真を撮っていて、荷物車の写真を撮るために熱田でこの列車(荷38レ)を待ち構えていたのだと思いますが、偶然最後尾にマニ30 2010が連結されていました。最後尾なので、恐らく回送だったのでしょう。

Img7681992年9月15日 豊川 9774レ DE10 1520+マニ30 2010+マニ30 2007+・・・
JRになってからはほとんど見ることはありませんでしたが、WikによればJR貨物に移管され、高速コンテナ列車に連結されていたとのことです。
すっかりその存在を忘れていたのですが、この日飯田線に撮影に出かけた帰り、豊川に入る直前にこの列車が停まっている発見、一緒に行動していた資材担当様と急いで下車し、小走りで専用線まで行って興奮しながら二人でシャッターを切ったのを覚えています。
この頃の9774レは豊川発が19時台で、走行するところは撮影できませんでした。また、写真ではよくわからないと思いますが、タキ2両の後ろに連結されているのは、当時新しいシステムとしてもてはやされたピギーパック用のクム1000形です。
しかし、いつ何のために日車に入場したのか、この頃は課報は熱心にチェックしていたのに、全くわかりません。

Img0141995年3月5日 尾張一宮 レ番不明 EF65 64+マニ30 2009+マニ30 2008+タキ・・・
この日は東急車両から南海電鉄の2000系の甲種車両輸送があり、岡崎方面から追っかけて来て、稲沢を通過したところ、この列車を見つけました。もともとここで甲種を撮るつもりだったので、+αの美味しい列車でした。

Img2972000年9月10日 岡崎 1060レ EF66 102+マニ30 2008+・・・
実はこの前年にJR西日本から譲渡されて間もないEF66 41(もちろん国鉄色)の牽引するコンテナ列車でこの組み合わせを撮り損ねる失態があり(https://www.youtube.com/watch?v=vDBAAQCPyIYに画像あり)、なんとか機会を伺っていて、ようやく高速コンテナに連結されている様子をゲットできました。これがマニ30を線路上で見た最後となりました。

まだRMのライブラリーは見ていないのですが、長いこと同じような写真を撮っていると、意図して撮ってこなかったものも、こうやって振り返ってまとめてみるとなかなか面白いと思いました。(検査掛)




|

« 1972年 飯山線蒸機最後の春(その2)+α | トップページ | 442..再度の凸めぐり+尾西線の銀杏 2016/12/3 »

「検査掛」カテゴリの記事

コメント

荷物列車系はほとんどスルーして撮影していないので(反省)、現金輸送車があることすら知りませんでした。じっくりと眺めると、たしかに特異な意匠ですね。車両の性格上、公けにアピールできないものだけに、偶然に撮影した何気ない1枚に写っているとクジでも当たったかのような気分になります。自分の過去の画像を振り返る時があれば、注視してみます。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2016年12月 2日 (金) 18時27分

鉄道での現金輸送が終了して、その存在が公になったマニ30ですが、ひょっとしたら自分の撮った写真の中に写っていないか探してみましたが、残念ながらそれらしいものは見当たりませんでした。小樽市総合博物館に2012が保存されており、間近で観察ができるようです。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2016年12月 5日 (月) 18時09分

 マニ30は、20系時代の銀河に連結された写真を撮影しています。マニ30が良く連結された列車らしいですね。当時は(今も?)客車にはあまり関心がなかったので、じっくり撮影していないのが残念です。コンテナに連結した姿は珍編成として撮りたかったですね。運用がわからないだけに、これだけはどれだけ沿線でカメラを構えていたかによるでしょうね。(駅長)

投稿: 駅長 | 2016年12月14日 (水) 09時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/64572223

この記事へのトラックバック一覧です: タブーだった荷物車 マニ30:

« 1972年 飯山線蒸機最後の春(その2)+α | トップページ | 442..再度の凸めぐり+尾西線の銀杏 2016/12/3 »